TOP > 競走馬 > 「ミッキークイーン」脚元も安定!瞬発力もあり勝負根性もある【有馬記念】
競走馬

「ミッキークイーン」脚元も安定!瞬発力もあり勝負根性もある【有馬記念】

切れ味鋭い末脚を持つ5歳牝馬ミッキークイーンが有馬記念に出走する。2015年に牝馬2冠を達成して常に上位人気に支持されながらも、その後のG1では勝利に見放されている。それでも昨年のこのレースで5着、今年の宝塚記念で3着と牡馬相手に健闘を見せている。前走のエリザベス女王杯では大外から上がり最速で追い込み3着を確保。昨年よりさらに上の着順を目指す。そんなミッキークイーンについてまとめてみた。
ミッキークイーン

【2016年有馬記念】牡馬相手でも堂々の走りで5着

8番枠から好スタートを決めると、縦長の隊列の中団に控える。2周目向正面で馬群の外に持ち出しポジションを少し上げると、4コーナーでは再び馬群に潜り込みスパートのタイミングを計る。そして直線では先に抜け出した各馬を懸命に追いかけたが、差は詰まらず5着でゴールした。
動画を見る
inyofu 5着 ミッキークイーン(浜中騎手) 「男馬の中で十分に頑張ってくれていますし、よく走ったと思います」

【宝塚記念】外からしぶとく伸び3着

まずまずのスタートを切ると、後方に控えて末脚を溜める。4コーナーで外から追い出していくと、最後の直線では外からしぶとく伸びてサトノクラウンと0秒3差の3着に入った。
動画を見る
inyofu 3着 ミッキークイーン(浜中騎手) 「前走は残念でしたが、今日は力を示してくれました。力はやはりあると思います」

【エリザベス女王杯】切れ味のある末脚で3着

10番枠からまずまずのスタートを切り、手綱を引いて中団よりやや後ろからレースを進める。前半1000m62秒0のスローペースで流れる中、じっくりと脚を溜めて行き、最後の直線では大外からメンバー最速の末脚で差し切りを図ったが、モズカッチャンとはタイム差なしの3着でゴールした。
動画を見る
inyofu 3着ミッキークイーン(浜中俊騎手) 「いつも通り一生懸命走ってくれて最後もこの馬らしい脚を使ってくれました。それだけに勝ちたかったレースです。悔しいです。馬は本当によく頑張ってくれました」

【有馬記念】直前情報!5歳でも衰え無し!

池江泰寿調教師のコメント
inyofu 「毛づやがいい。ホルモンバランスの関係で、(5歳の冬は)母親になるための準備をしていく馬が多く、冬毛が出たり、ちょっとお腹が出てきたり、そういうところはありません。春には牝馬はフケ(発情)が出る馬がいます。お母さんになっていくからフケが出るんですよ。でも、この馬はそういうところがありません。まだまだ勝ち気な性格で、勝負根性もある。そういう気持ちがあるうちは、アスリートとして頑張ってくれます」

有馬記念の傾向!直近のGⅡ好走馬に注目

inyofu 過去10年の出走馬について、直近で出走していたGⅡでの着順に着目すると、連対馬20頭中18頭が直近のGⅡで3着以内に入っていた。「1着」「2着」「3着」組はそれぞれ25%を超える3着内率をマークして、好走率でも上位を占めている。一年の競馬を締めくくる大一番でもあり、直近のGⅡで上位を争っていた実績が欲しいところだろう。

秋華賞以降は今年の阪神牝馬Sの1勝止まりだが、敗れたレースを見ても牝馬の中ではトップクラスの能力を持っているのは確かだ。右回りであれば牡馬に引けを取らない走りを見せているだけに、浜中俊騎手の手綱さばきも優勝に向けて大きなカギとなりそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line