TOP > 競走馬 > 「ミッキークイーン」気合も乗っている!反応もよし!【宝塚記念】
競走馬

「ミッキークイーン」気合も乗っている!反応もよし!【宝塚記念】

2015年の牝馬二冠馬のミッキークイーンが宝塚記念に出走する。昨年は未勝利に終わるも、暮れのグランプリでは牡馬相手に5着に入り、本来の実力の高さを改めて示した。今年は馬場の渋った阪神牝馬Sを快勝し、堂々一番人気でヴィクトリアマイルへ。しかし、結果は7着とまたもや不本意な結果に終わり、今回はそこからの再起を期す競馬となる。そんなミッキークイーンについてまとめてみた。
ミッキークイーン

【有馬記念】牡馬相手でも堂々の走りで5着

8番枠から好スタートを決めると、縦長の隊列の中団に控える。2周目向正面で馬群の外に持ち出しポジションを少し上げると、4コーナーでは再び馬群に潜り込みスパートのタイミングを計る。そして直線では先に抜け出した各馬を懸命に追いかけたが、差は詰まらず5着でゴールした。
動画を見る
inyofu 5着 ミッキークイーン(浜中騎手) 「男馬の中で十分に頑張ってくれていますし、よく走ったと思います」

【阪神牝馬S】重馬場を克服し快勝!

まずまずのスタートからすんなりと中団につけて末脚を溜めていく。直線で外に進路を切り替えると、重馬場をものともしない力強い末脚で楽々とかわし去り、2着のアドマイヤリードに1馬身3/4差をつける快勝を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 ミッキークイーン(浜中俊騎手) 「強かったですね。スタートはこの馬なりに上手に出て、意識的に前めにつけて、スムーズに流れに乗って、この悪い馬場の中でもしっかり走ってくれました。エンジンが掛かってからは一瞬の脚でした。昨年は勝っていませんから、今年初戦を勝てて良かったです。ポテンシャルも高い馬なので、この馬ともう一度大きな舞台で勝ちたいですね」

【ヴィクトリアマイル】直線伸びを欠き7着に敗れる

前走の内容、実績から一番人気の支持を受ける。レースでは、まずまずのスタートを切ると、稍重の馬場で中団に控えての競馬を選択する。直線に入り、馬場の荒れていない外に持ち出して一気の差し切りを狙うが、思ったようには伸びず7着に沈んだ。
動画を見る
inyofu 7着 ミッキークイーン(浜中俊騎手) 「上手に出て、そのままの位置で競馬をしました。直線でいつも反応の鈍い馬ですが、今日は手前を3回くらい変えていて、外からデンコウアンジュが来ても抵抗できませんでした。ちょっと分かりません」

【宝塚記念】最終追い切り情報 好時計をマーク!

ミッキークイーンは21日、栗東CWコースで最終追い切りを行った。
inyofu 馬の行く気に任せて軽やかな脚取り。ミッキークイーンが弾むようにCWコースを駆け抜けた。最終追いは浜中が手綱を取り、ビートフォーセール(3歳未勝利)と併せ馬。序盤は僚馬を2馬身前に見る形で追走。半マイルから徐々にピッチを上げていき、直線手前でエンジン点火。並ぶ間もなく内から鋭く、馬なりのまま4F54秒7〜1F12秒1の好時計をマークした。引き揚げてきた鞍上は、納得の表情で手応えを振り返る。
inyofu 「2週続けて時計を出しているので、今朝はストレッチをするような感じで反応を確かめる程度。馬に気も入っていたし、いい動きでしたね」

阪神コースは6戦3勝(2着3回)と相性の良いミッキークイーン。得意の舞台に変わるだけに、前走の敗戦からの巻き返しにも十分に期待できるだろう。また、ペースもある程度は流れたほうがパフォーマンスの高い競馬をしており、ペースが流れやすい今回の舞台もこの馬にとってはプラスだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line