TOP > 競走馬 > 【2015年マーメイドS】2000mで長くもち脚を使える! アースライズ
競走馬

【2015年マーメイドS】2000mで長くもち脚を使える! アースライズ

1勝馬ながら牝馬クラシックで上位をにぎわしてきたアースライズ。桜花賞8着、オークス4着の実績は古馬相手でも決して見劣りはしないだろう。軽ハンデの49キロはかなり有利と見て間違いはない。このレースで重賞初制覇となるか?アースライズについてまとめてみた。
馬キュレ

3戦目で勝ち上がる!勝負根性発揮!

デビュー3戦目となった阪神芝1800mでのレース。アースライズは2番手に付ける積極的な競馬を試みる。直線では断然人気のウェスタールンドに一旦は交わされたかに見えたが、驚異の二枚腰で差し返し、先頭でゴールした。

【フラワーC】アルビアーノには及ばぬも… 激戦の2着争いを制する!

未勝利勝ちから間隔をあけて挑んだ初の重賞レース・フラワーC。最後の直線では後にNHKマイルカップで2着に好走したアルビアーノには突き放されたが、ディアマイダーリン、ロッカフラベイビーといった人気上位馬との激しい2着争い。ハナ+アタマ差の接戦に競り勝ち、12番人気の低評価を覆す勝利。春のGⅠへ向けて賞金加算に成功した。
以下は騎乗した三浦騎手のコメント
inyofu 「直線は強引に手前を変えさせて、そこからしっかり走ってくれた。能力があるし、距離が伸びても良さそうです」

【桜花賞】8着に終わるも… 2着馬とはコンマ2秒差

勢いに乗り挑んだGⅠ桜花賞。前走同様に前目のポジションに付けたアースライズは最後の直線で一瞬伸びかける面を見せたが、前との差を詰められない。クイーンズリングのM・デムーロ騎手のステッキに驚いてしまい、ヨレたことも影響し8着に敗れたが、2着のクルミナルとはコンマ2秒差での入線。そこまで悲観する必要はないレースだった。
inyofu 8着アースライズ(幸)いい感じで4コーナーを回ったけど、手前を替え切れず内にもたれた。

【オークス】一度は果敢に先頭に立つ! 強豪相手に4着と健闘!

桜花賞8着の後は、オークスに出走したアースライズ。13番人気と低評価だったが、直線に向くと逃げたノットフォーマルを自ら捕まえに行き先頭に立つ強気な競馬。上がり3Fは勝ったミッキークイーンに次ぐ34秒3の脚。4着に敗れはしたが、実績上位馬相手に見せ場たっぷりのレースであった。
inyofu 4着アースライズ(三浦)期待通り。リズムよく運べたし、これぐらいは走れると思っていた。

【マーメイドS】馬の気配は良好!チャンスは十分!

担当の渋田助手のコメントは以下の通り
inyofu  G1を走った後にもかかわらず、5日は栗東の坂路で自己ベストタイの53秒4をマーク。さらに上昇カーブを描いている。
inyofu 「前走は桜花賞から状態を下げないのが精いっぱい。今回は疲れが取れるのが思ったより早く、上積みを感じる。カイバを食べ、前走より雰囲気はいい」
オークスから中2週となるが、調子落ちはなさそう。坂路でも自己ベストタイのタイムをマークしており、態勢は整っている。

春のクラシックで掲示板に載った馬がマーメイドSに出走するのはアースライズが初となる。この時期の3歳馬は完成度の面で古馬に劣っているのは否めないが、49キロの斤量でレースに臨めるのはかなり魅力的だ。普通は秋に向けて休養に入るのがクラシックを戦ってきた3歳馬の常識だが、あえてこのレースに使ってくるからには陣営にそれなりの勝算があるのだろう。アースライズが若さと勢いを武器に古馬に挑戦する。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line