TOP > 競走馬 > 「レーヴミストラル」リフレッシュして体も締まりイイ感じ!【日経新春杯】
競走馬

「レーヴミストラル」リフレッシュして体も締まりイイ感じ!【日経新春杯】

昨年の覇者レーヴミストラルが連覇を狙い日経新春杯に出走する。昨年はこのレースを制したあと京都記念を挟んで天皇賞(春)に参戦したが、10着と惨敗。その後は疲労が出てしまい休養で2016年を終えた。2400m戦3勝の実績が示すように、ここはベストの舞台。連覇と共に悲願のGⅠ制覇を目指すレーヴミストラルについてまとめてみた。
レーヴミストラル

【2016年日経新春杯】爽快な走りで直線一気を決める!

道中は超スローペースのなかゆったり最後方を追走。直線では、大外に持ち出されると一頭だけ次元の違う末脚を発揮し、シュヴァルグランに2馬身差をつけ重賞2勝目を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 レーヴミストラル(川田将雅騎手) 「松田先生がいちばん好きな勝ち方でしたね。前半自分から進んでいくタイプではないので、馬のリズムを大事にして行きました。4コーナーからの手応えもよかったですし、弾けてくれるかなと思いましたが、その通りでした。松田先生の馬で重賞を勝てる最後のチャンスかもしれないとも思いましたからホッとしていますし、少しさびしい気持ちもあります。これからさらに成長していくと思います。今後が楽しみになりました」

【京都記念】馬場に苦しみまさかの惨敗…

スタートするといつも通り急がず最後方の定位置に。しかし重馬場のためか勝負所になっても馬群から離れ、追走でいっぱいいっぱいとなる。そのまま直線でも反応なく、12着の惨敗を喫した。
動画を見る
inyofu 12着 レーヴミストラル(川田将雅騎手) 「この馬場ではまったく無理でした。具合がよかっただけに残念です」

【天皇賞(春)】自慢の末脚も届かず...

18番枠のスタートから最後方に下げ、じっくりと脚を溜める。道中はポツンと1頭という感じであったが、2周目4コーナーから追い出されると、一気に加速。前を捕らえに行く勢いであったが、最後は他馬と同じ脚色になってしまった。
動画を見る
inyofu 10着レーヴミストラル(川田)自分のリズムで運べたし、3~4角の手応えも良かった。最後も伸びている。

【日経新春杯】追い切り情報 抜群の切れ味!

inyofu 栗東坂路で1本目4F73秒1のあと、2本目はアウステルリッツと併せた。道中は歩調を合わせるように進んだが、ラスト1Fで追い出されると脚勢の差は歴然。抜群の切れを見せてあっさり1馬身先着し、太め感はなく活気も十分だった。
inyofu 天皇賞のあと疲労感が出たので、じっくりと休ませた。帰厩後の乗り込み量は十分。しっかり仕上がっている」と高野調教師。

半年以上ぶりの実戦となるが、調教内容から切れ味の衰えは全くなく、むしろ成長しているくらいである。レーヴドスカーの一族悲願である古馬GI制覇に最も手に届きそうなところにいるレーヴミストラル。そして一族共通の最上級の末脚が爆発するのか。明け5歳となり最強4歳世代と言われる年下相手にどのような走りをするのか楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line