TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】オークス予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【妄想の2号】オークス予想

馬キュレ
ついにやってきましたね!オークス!
妄想の2号です。

さて、今回のオークス。
ルージュバックvsその他・・・

という図式なのでしょうか?

牡馬を一蹴したきさらぎ賞で3連勝をど派手に飾って、一躍クラシックの主役に躍り出たルージュバックですが、桜花賞でよもやの惨敗。牡馬クラシックでも重要なステップレースであるきさらぎ賞ですが、今年のメンバーははっきり言って「手薄だった」といわざるを得ません。ここ最近のきさらぎ賞は、年々レベルが低くなってきていると感じるのはワタクシだけでしょうか?ワールドエースの皐月賞2着以降は皐月賞・ダービー・桜花賞・オークスで馬券に絡んだ馬はいません。百日草特別のレコード勝ちは立派ですが、2着のベルーフ、3着のミュゼエイリアンが皐月賞で惨敗ということを考えると、ルージュバック自体を牡馬GI級と同列に扱うのはそもそも危険なのだと感じますね。そこにきて、今回の入厩10日競馬。もちろん能力はあると思いますし、牧場でも乗り込んできてはいるのでしょう。しかし、個人的な見解を書かせてもらうのであれば、古くから各厩舎の調教パターンなどを研究し、勝負調教などのパターンを探り、調教欄の先には厩舎の本音が隠されているハズだ!と、日々妄想を掻き立てているワタクシとしては、このような状況で、2本しか時計が書かれていない調教欄をみても何もトキメかない訳です。しかも、今回のルージュバックが結果を出したとすると、今後もこのような育成牧場で仕上げて、入厩即の10日競馬が増えてくる可能性があります。となると、ワタクシの妄想は廃止の憂き目にさらされるわけです。つまり、外厩制度を暗に広めていくような結果になると、妄想の根拠の5割は調教のワタクシとしては、大問題なわけです。キャロットにて一口絡んでいる出資者の方々には大変申し訳ないのですが・・・

頼む!ルージュバック!今回だけは、絶対に負けてくれ!と、言いたい訳です。
先週ストレイトガールの勝利で勢いに乗っている戸崎騎手も、桜花賞の借りは返したいはずだとは思うのですが・・・

頼む!負けてくれ!と・・・(苦笑)

これは、なにも、ワタクシ個人の見解だけではなく、競馬関係者の中には、同じように思っている人も多いわけです。これで勝たれたら、大竹厩舎よりも、ノーザンファーム天栄の方が仕上げが上手い!ということになってしまうわけですから、厩舎って意味あるの?なんてことになりかねないわけです。ただでさえ、ノーザンファーム一人勝ちのような雰囲気に拍車をかけるとでもいいましょうか、平家に非ずんば人にあらず・・・ノーザンファームで非ずんば馬にあらず・・・とでも言われている気分になってきてしまうわけです。

しかも、ディープジュエリーを引っ込めた事にもなんだか1ファンとしては寂しさを感じるわけです。

だからこそ、もし今回もノーザンファームの馬が勝つにしてもルージュバック以外で頼む!と思ってしまうわけですし、できれば、ノーザンファーム以外の馬が勝ってくれ!という妄想を通り越した、願望がでてきてしまうわけです。

となると・・・狙うは・・・桜花賞で◎を献上し、23万馬券をぶち当てさせてくれたレッツゴードンキにするか!!!!と思いましたが、桜花賞の時にも書いたように、距離に不安があるから桜花賞でメイチ仕上げを施したわけで、あの時からオークスでは打っても△までだな・・・と思っていました。その考え方に変わりは無いです。

となると、◎は???

ズバリ!◎ココロノアイ!もしくは、◎クルミナル!

って、全然ズバリじゃないですね・・・(苦笑)
迷ってるんですよね・・・。
好枠を引いたココロノアイか、桜花賞では一番強い競馬を見せてくれたといっても過言ではないクルミナル。迷っています。

こういうときに頼りになるのが横山典騎手。
桜花賞では出遅れて参考外といってもいいレースになってしまいましたが、デキ自体もあまり良くなかったのかもしれません。桜花賞では輸送の後に飼い葉を食べなかったらしく、身体を減らしていましたしね。そういう意味では、今回のオークスは上積みしかないと考えます。阪神JF3着、重賞2勝の実績は無視できません。にもかかわらず、人気無いですよね。枠も良い所を引きましたし、折り合いには難しさがあることはわかってはいますが、狙いたいと思わせてくれる状況が整いました。

そして、忘れたころにGIで一発がある池添騎手。
パンパンの馬場ならもっと切れるのだろうなぁと思わせてくれた前走。まだ湿り気が残った阪神で上がり33秒4。同じような位置取りにいたルージュバックを突き放していますからね。桜花賞の2着はかなり評価できるのではないか?と感じています。追い切りを見る限り絶好の動きですし、初の関東遠征をこなしてくれればぜひとも狙いたい馬。桜花賞で一番強い競馬をしたといっても過言ではないのに、今の人気なら狙いたいですよね~!

という、この2頭のことで昨日から10時間ほど悩んでいます。

折り合いに難があるが好枠を引いたココロノアイか?
輸送、外枠という不利はあるが過去最高の出来で臨んでくるクルミナルか?

さあどっち!

結論

◎ココロノアイ
〇クルミナル
▲ミッキークイーン
☆ルージュバック
△キャットコイン
△アンドリエッテ
△クイーンズリング
△シングウィズジョイ
△レッツゴードンキ

買い方は、
◎=〇のワイド1点勝負

と、3連単フォーメーションで

1着 ◎〇▲
2着 ◎〇▲☆△△△△△
3着 ◎〇▲☆△△△△△

この168点買い!

基本的には、桜花賞で着順はともかくいい競馬をした馬か、全く参考外といえるレースだった実力馬を中心に組み立てました。別路線組のミッキークイーンは前走強かったので▲を。シングウィズジョイは展開面の有利さから△を。レッツゴードンキは、桜花賞の感謝のつもりで△を。ルージュバックに関しては、お茶を濁す意味で☆評価にしました。

馬券も当たってくれたらうれしいですが、折角のオークスです!
興奮させてくれるレースが見たいですね!

2号のオークスは以上となります。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line