TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】5月24日(日)京都10R・東京12R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】5月24日(日)京都10R・東京12R予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

本日の予想レース、東京10R『是政特別』は『◎→△→△』の順で決まり『馬単4450円、三馬単24960円を見事的中!』。
さすがはこのコラムと好相性のルメール騎手w。これで3回本命に指名して3回ともしっかり馬券に絡んでくれました。
それにしても対抗に指名したヴェルデホが4角手前で故障を発生。。競走を中止しています。
このレースの1つ前、京都10Rでも故障馬が出ており、馬主の立場を思うと素直に喜べない心境でもあります。

いっぽう、おまけの京都11R『平安S』は、◎ドコフクカゼが7着に終わり不的中という結果に。。
最後の直線では大外からわずかに“風”を起こしましたが、微風のまま終わってしまいましたw
それでも大幅なメンバー強化、前が止まらないペースを考えたら、昇級初戦ながらよく頑張ってくれたと思います。
層の厚いダート路線ですが、そのうちチャンスが巡ってきそうな内容でしたね。

さて、日曜日のターゲットは、ダート1800mで行われる京都10R『鳳雛S』(3歳限定オープン)。WIN5指定の第1レースでもあります。
このレースは過去さまざまな名称で行われてきた春の京都1800mで行われる3歳ダートOP競走。
歴代の優勝馬を見てみるとカゼノコ、クリソライト、ハタノヴァンクール、グレープブランデーと4年連続で同年のJpnIジャパンダートダービーの勝ち馬を輩出しているレースなんですね。
その他にも2012年にはホッコータルマエも(当時の端午Sに)出走しており、まさに出世レースと呼ぶに相応しい。
今年の優勝馬にも、未来のダートチャンピオン候補として要注目です。

では、恒例となった簡単なコースの説明から。
京都1800mのスタート地点は、直線のゴール板手前。最初のコーナーまでは約286m。日本レコードが出るような高速馬場のため、基本は前に行った馬が止まらない。
どのクラスでも基本的には逃げ、先行組みが連対率70%ほどを占めているように前が有利。前につけることができ、かつ速い上がりに対応できる馬に注目。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★京都ダート1800m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:ミスプロ系キングカメハメハ(50勝)
・勝率 :ミスプロ系キングカメハメハ(約14%)
・連対率:ミスプロ系キングカメハメハ(約25%)
・単回収:ミスプ系アグネスデジタル(回収値232)※アグネスデジタルは勝率でも2位(約12.6%)
・複回収:サンデー系ネオユニヴァース(回収値118)

キングカメハメハ強し!勝ち星では2位のクロフネに13勝差をつけており、この条件は得意。


★☆日曜京都10R・『鳳雛S』の予想☆★

参考にするレースは、過去5年に京都1800mで4月、5月に行われた3歳オープン競走6レース。
(2014年_鳳雛S、13年_昇竜S、12年_端午S、11年_いぶき賞、10年_端午S、昇竜S)

①傾向
過去6レースの平均配当は2010円。新しい順に1060円、470円、1450円、860円、4540円、3650円。
基本的には平穏な決着が多いレース。

②人気
1~3番人気が8連対と半分を占める。1番人気(3-0-0-3/6)、2番人気(1-0-0-5/6)、3番人気(0-4-1-1/6)。
1番人気は勝つか飛ぶかの成績。2番人気の信頼度は低く、3番人気は2着が多い。

過去の連対馬の人気  ※カッコ内は左が1着
2014鳳 (2→4人気)
2013昇 (1→3人気)
2012端 (1→5人気)
2011い (1→3人気)
2010端 (6→3人気)
2010昇 (4→3人気)

③位置取り
4角を5番手以内で回った馬が7連対と好成績。

過去の連対馬の4角位置  ※カッコ内は左が1着
2014鳳 (8→1番手)
2013昇 (5→3番手)
2012端 (4→1番手)
2011い (2→7番手)
2010端 (4→9番手)
2010昇 (7→9番手)

なお、過去6レースで最速の上がりを使った馬の成績は(3-2-2-1/8 ※同タイムがいたため8頭)で、近3年で3連勝中。
中団から速い上がりが使える馬には要注目。

④所属
過去6レースの連対馬はすべて関西馬。

⑤種牡馬
相性の良い種牡馬は、クロフネ産駒が1着2回、3着1回。
その他では、キングカメハメハ産駒とアグネスデジタル産駒が共に1着1回、2着1回、3着1回。

⑥騎手
相性の良い騎手は、北村友騎手が2勝。岩田騎手が2着2回。幸騎手が3着3回。

⑦コース実績
過去6レースの連対馬は、京都1800mに連対実績のあった馬が9頭。未経験の馬が2頭。


さらに、連対馬12頭に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
過去6レースの連対馬12頭中11頭が、3月以降に前走を使われていた。

⑨前走クラス
前走500万クラスのレースで1着だった馬が5頭で、前走での人気は1~3番人気。
残りは前走OP競走組だが、芝レースも含めて使われたレースは様々。着順も1~12着で気にする必要はない。

⑩前走距離
連対馬すべてが、前走1800m以上の距離を使われていた。(芝レースを含む)
内訳は、9頭がダート1800m。2頭が芝2200m。1頭が芝1800m。

⑪その他
過去6レースで、芝の重賞レースに出走経験のある馬が、3着以内に必ず1頭入っていた。

データは以上。信頼度が高そうなのは③、④と前走データ⑧~⑩。

まずデータから軸馬候補を絞る条件は、前走500万の馬からは・距離1800m、・3番人気以内、の2項目。
OP組からは・前走距離1800m以上、の項目。
この条件で残る馬は、前走500万組からは3番人気以内の条件が厳しく該当馬なし。
OP組からはリアファルとペプチドウォヘッドの2頭。

さらに、速い上がりの条件を満たす馬を探すため、前走の上がりタイムをチェックすると、リアファルは上がり3番目。ペプチドウォヘッドは3番目以下。

☆結論☆
◎リアファル
○ペプチドウォヘッド
▲ライドオンウインド
△スマートボムシェル
△ラインルーフ
△モズライジン
△シンゼンガンプ

今回本命に推したいのは◎リアファル。
データ的には、⑥鞍上の北村友騎手のレース相性の良さなども注目に値する。
ゼンノロブロイ産駒のこのコースでの成績は(9-14-10-124/157、連対率15%)とマズマズ。
2着が多いのが若干気なるが、血統的には2013年の昇竜S勝ち馬クリソライトの半弟なだけに、まず心配はいらないだろう。
戦績的にも他馬を一歩リードしていることは明らかで、人気を集めることは間違いないが、素直に相手探しの一戦と割り切るのが賢明だ。

○は、本命の相手候補筆頭としてペプチドウォヘッド。
近3走こそ凡走しているが、もともと今回と同じ京都1800mでデビューから2連勝を飾った素質馬。
得意のコースに替わっての一変は十分にありえる。
キングカメハメハ産駒のこのコースでの活躍ぶりは、前述のとおり。
データ⑪から芝の重賞を経験している馬が毎年好走しているということもあり、相手候補の1番手に指名したい。

▲は、ライドオンウインド。
この馬の魅力は、アグネスデジタル産駒であること。前述の種牡馬データのとおり、アグネスデジタル産駒はこのコースで人気の割りに好走するため回収率が高い。
データ⑤から過去のレースとの相性も良好で、今回人気薄の馬からはライドオンウインドをピックアップしたい。

△は、以下の4頭。
鞍上の幸騎手とこのレースの相性の良さが魅力のスマートボムシェル。
ダートで2戦2勝と未知の魅力あるラインルーフ。
このレースと相性の良いクロフネ産駒モズライジン。
持ち時計No1のシンゼンガンプ。

馬券の本線は馬単
 ◎ ⇔ ○▲△へ

少額で3連単フォーメーション
 ◎を1着固定 → ○▲△へ
 ◎を2着固定 → ○▲△へ

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の京都ダート1800mが対象

-----------------------
★☆おまけ、の日曜東京12R『丹沢S』の予想☆★

おまけは東京ダート2100mで行われる12R『丹沢S』をピックアップ。
オークスでやられた人は、ぜひこのレースでリベンジしてくださいw

今年の丹沢Sは、5月2日に行われた春光Sの再戦を思わせるメンバー構成。

ハンデ戦ながらも斤量差が変わらない以上、春光S2着キャニオンバレー>3着アドマイヤランディという序列はそのまま評価。
当日の雨量によっては馬場が締まり、先行有利の傾向がより一層強まる可能性もあるだけに、やはり先手を取れるキャニオンバレーの方を優位に取りたい。

問題なのは実績最上位のハンデ頭ミッキースマホの扱い。
東京コース未経験で、サンプルの少ないアサクサデンエン産駒である以上、データ的にはお手上げの状態。
鞍上のデムーロ騎手もこのコースでの実績(0-2-0-3/5)が少なく、これという決め手がない以上は実績を認めつつも2番手評価まで。

☆結論☆

 ◎キャニオンバレー
 ○ミッキースマホ
 ▲アドマイヤランディ
 △ドラゴンピース
 △マルケサス
 △トーセンハルカゼ
 △ベルウッドテラス

△は、このコースで相性のよい種牡馬、騎手のデータからピックアップ。
特に、このコースで平均人気7.6人気→平均着順6.6と、良い意味で人気を裏切るアグネスデジタル産駒には要注意。

馬券の本線は馬単
 ◎ ⇔ ○▲△へ

少額で1頭軸の3連単マルチ
 ◎ → ○▲△へ

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の東京ダート2100mが対象

以上、オークスがダート変更になった場合を妄想している6号でした。
え?その場合は母が米GI5勝のアノ馬で決まりでしょうw

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line