TOP > コラム > 「覆面馬主の真実」【第7話】~リアルタイム進行型・競馬狂小説~
コラム

「覆面馬主の真実」【第7話】~リアルタイム進行型・競馬狂小説~

馬キュレ
オークスが終わり、ダービーウイークとなった火曜日、珍しく2号がみんなに招集をかけ、ダービーの前夜祭(っていってもまだまだ先だが)兼ダービー祝勝会(といってもまだ当たってもないが)をやることになった。とは言ってるが、簡単に言えば、楽しい飲み会だ。珍しく全員集合か、と思いきや、あれ?3号がいないぞ。
1号「あれ、あいつ来ないのか?」
2号「携帯出ないんで留守電いれといたんですけど。」
1号「そういえば7号、最近3号とよくつるんでるらしいじゃん。おまえ、知らないの?」
7号「知らねえよ。あんなの来なくていいんじゃないの。」
とか言ってると、3号が遅れてやってきた。
3号「すいませ~ん。ちょっとお土産買ってて。」
1号「ん?お土産?」
3号「皆さん。これですよ!」
と、3号が取り出したのが、冷凍のタラバガニ。デカいのが3つもある。
3号「暑い時期にタラバガニってのも粋かな、なんて、思いまして。皆さん、久しぶりでしょ!うっしっしっし。」
一同「?????」
1号「今どきカニ??おまえ、この暑さで頭やられちゃったんじゃないだろうな。」
3号「いえいえ、ここの板さんに調理してもらって、美味しく頂きましょうよ。ねえ、7号さん。」
7号「・・・・・」
3号「7号さん、タラバ大好きって聞きましたよ。うっしっしっし。」
7号「て、て、てめええええ!なめてんのか?この野郎、表出ろ!」
1号「おいおいおいおい、何だよ7号、どうしたんだよ。」
7号「てめえ、知っててわざとこんなクソガニ買ってきたな。ケンカ売ってんのか?」
3号「いえ、全然、何のことですか?」
7号「ちょっと師匠、こいつ酷い野郎ですよ。なめてんのか?ホント頭きたぞ。」
1号「どうしたんだよ?」
というわけで、7号が話し始めたのが、3日ほど前の話。オークス前夜、札幌でとんでもない目にあったという話だ。
覆面馬主・覆面の7号【不定期連載】「覆面7号vs老馬主(わんこタラバ編)」

そう、あきれるくらいタラバガニを喰わされて、その上、爺さんたちにタカられて、酷い目にあった札幌の夜、その一件を3号は札幌の老馬主に聞いてたらしい。
2号「まあまあ、7号さん、そもそも既に3号vs7号の対決が始まってるってことなんじゃないすか?怒ったら負けですよ(笑´∀`)
7号「ホント、大人になってこんな嫌がらせされたの初めてだな。」
怒りが収まらぬ7号を見て、ケラケラ笑ってる3号。その瞬間、他の覆面馬主たちはちょっぴり背筋を凍らせて、皆こう思ったに違いない。
・・・この3号ってオトコ、正直怖い奴だな、恨み買うと陰険な仕返しされそう、あんまりいじめないようにしなきゃ。きっとストーカータイプだな。

そんなこんなで宴会が始まり、ドゥラメンテとリアルスティールはどっちが強いんだろか?って話題でもちきり。「朝まで生競馬」って番組が収録できちゃうくらい熱い議論が始まった。
6号「あのドゥラメンテって手前の替え方が変ですよね?坂のとこで替えるんすか?」
2号「確かに、っていうか、あの馬、真剣に走ってないっぽいだろ。皐月賞だって、真面目に走ったの、最後の直線えらくふくれた後だけだし。」
4号「でも強いんじゃないすか?府中なら、更に炸裂するんじゃないすか?」
1号「って思うと、だまされる気がするな。オークスの教訓を忘れたのか?4号。」
4号「何か教訓生まれたんすか?」
2号「府中のディープ産駒は、5割増し!」
7号「おまえ、5割は言い過ぎだろ。3割くらいじゃねえか?」
とにかく、キズナ然り、ミッキークイーン然り、ディープインパクトの仔は、府中の2400m得意中の得意って話になったが、断固として引かないのが、4号、そこに3号も乗っかってきた。
3号「7号さんが、リアルスティールいくなら、俺はドゥラメンテ行きますよ。」
7号「ほお、いつもデータデータって、細かいことばっかり言ってて全然当たらない紙くず野郎のくせに!」
一同「紙くず野郎????解説プリーズ!」
7号「お金を紙くずにばっか替えてるってことよ。な、3号、すっからかんになったら、うちで家政婦として雇ってやるぞ、はっはっはっはっは。」
3号「くぅぅぅぅ。おい、ジジイ、ふざけた事ばっか言ってんなよ。ぶっ殺すぞ。」
その瞬間、またみんなの背筋が今度はかなり凍りつき、こいつマジでヤバいな。と確信。ストーカーでなくサイコパスの危険性まであるぞ。
1号「まあまあまあまあ、オレ達の予想コラムも人気出てきたみたいだし、仲良くやろうや。な。」
というわけで、楽しいはずのダービー前祝いの会が、3号vs7号の第一ラウンドになっちゃって、場は一触即発なムード。完全に仲違いしちゃってる二人に追い打ちをかけるように、タラバガニがど~んと出された。二人がほとんど手をつけなかったのは言うまでも無い。さあて、ダービー対決、どっちが当たるのかな?相当ヒートしてきたから、こりゃどう転んでも面白いな!


(続く)

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line