TOP > 競走馬 > 「アドマイヤデウス」2000mはこなせる!仕掛けて鋭く伸びる【天皇賞(秋)】
競走馬

「アドマイヤデウス」2000mはこなせる!仕掛けて鋭く伸びる【天皇賞(秋)】

前哨戦の京都大賞典でいい走りを見せたアドマイヤデウスが天皇賞秋に出走する。内枠を引いたときのパフォーマンスに優れており、オープン級で好走したレースはいずれも半分より内の枠からのスタートだった。今年は未だに勝ち星を挙げていないが、前走の京都大賞典では得意の内枠を生かした走りでキタサンブラックとクビ差の2着と好走。枠次第ではGⅠの舞台でも通用することは間違いないだろう。そんなアドマイヤデウスについてまとめてみた。
アドマイヤデウス
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【阪神大賞典】勝負処で追い出しが遅れ3着・・・

好スタートを決めて3番手でレースを進める。直線で逃げたカレンミロティックの内を突こうとしたものの、進路が開かず追い出しが遅れてしまい勝ち馬とは大きく離された3着に終わった。
動画を見る
inyofu 3着 アドマイヤデウス(岩田康誠騎手)
「一度詰まるところがありましたが、3着までよく伸びてくれました。1周目の3~4コーナー以降はスムーズに運べました。しかし、2周目の4コーナーが綺麗にいきませんでした」

【天皇賞春】距離が響き9着・・・

得意の6番枠から埒沿いを確保し、隊列の前目でレースを進める。しかし、最後の直線で先行馬が壁となり外に進路を切り替える形でのスパートになると、残り100mでは脚色が鈍り9着。展開以前に距離が向かなかったようだ。
動画を見る
inyofu ▼9着アドマイヤデウス(村井助手)ジョッキー(岩田)は距離が長いかなと…。2000~2200メートルが現状良さそう。

【京都大賞典】強敵揃いも内枠を生かして2着!

得意の3番枠から単騎2番手のキタサンブラックを見るような格好で、外のラブリーデイと併走しながらレースを進める。最後の直線でロスなく逃げ馬をパスすると、先に抜け出したキタサンブラックをクビ差まで追い詰め2着。好枠を生かした走りで6番人気ながらラブリーデイやサウンズオブアースに先着した。
動画を見る
inyofu 2着 アドマイヤデウス(橋田満調教師) 「馬の状態がとても良くて、頑張ってくれましたが、ペースが遅く、強い馬が楽な競馬をしていました。

【天皇賞(秋)】直前情報 今が充実期!距離短縮もプラス!

inyofu アドマイヤデウスは岩田騎手を背に栗東CWコースで単走。外ラチ一杯を意欲的に追われ、ラスト1F12秒0と上々の伸びを見せた。京都大賞典はキタサンブラックのクビ差2着。2000メートルも【3・1・0・2】と実績十分だ。

天皇賞秋の傾向!外枠は引きたくない!

アドマイヤデウスは外枠を苦手としているが、過去10年の天皇賞秋の馬番別成績を見ると、15番より外の枠に入った馬は2着以内に1回も入っていない。枠番別成績を見ても1~4枠が6勝2着6回3着6回と内枠のほうが優勢だ。特に成績が良いのは4枠で、(2・3・2・13)、複勝率35%。昨年のラブリーデイ、3年前のジャスタウェイがこの枠から優勝している。
inyofu 2002年に東京競馬場のコース改修工事が行われ、新コースとなった初年度の2003年は、8枠18番からスタートしたシンボリクリスエスが優勝した。しかし、それを最後に15番から外の馬番に入った馬は2着以内に入っていない。過去10年の馬番別成績を調べてみても、全体的に外寄りの馬番は苦戦している。好成績となっているのは「7、8番」で、7頭が3着以内に入っている。

昨年の天皇賞秋は休み明けの上に大外枠を引いてしまい11着。それでも上がり最速の末脚を繰り出し、能力の高さはアピールしていた。これまでGⅠレースに7度挑戦して掲示板確保にもありつけていないが、内枠を引き当てれば逆転も夢ではない。中央の重賞制覇から遠ざかっている岩田騎手とともに逆襲の走りを見せる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line