TOP > 競走馬 > 「リアルスティール」走れる雰囲気!雨も気にしない【天皇賞・秋】
競走馬

「リアルスティール」走れる雰囲気!雨も気にしない【天皇賞・秋】

前走の毎日王冠で復活の白星を飾ったリアルスティールが天皇賞(秋)に出走する。2016年のドバイターフではムーア騎手の好騎乗もあり世界の強豪相手に金星を挙げたが、その後は勝利の女神から見放されていた。それでも前走の毎日王冠では直線で末脚が弾け、1年半ぶりの勝利を飾った。勢いそのままに国内GⅠ初制覇を狙う。そんなリアルスティールについてまとめてみた。
リアルスティール

【2016年ドバイターフ】名手ムーアに導かれGⅠ初制覇!

スタートは今一つだったが、ライアン・ムーア騎手は先行策をとる。4コーナーでの手応えはあまり良くなかったが、直線に入るとムーア騎手のアクションに応えて脚を伸ばす。残り200mを前に早めに先頭に立つと、後続の追い上げを退け悲願のGⅠ初勝利を成し遂げた。
動画を見る
inyofu 1着 リアルスティール(矢作芳人調教師) 「とても嬉しいです。言葉になりません。馬と周りの方々に恵まれ、支えられました。海外では敗戦が続き悔しい思いもしましたが、挑戦を続ければいつか勝てると思っていました。今後はできる限り日本の競馬に出走させたいと思っていますので応援よろしくお願いします」
inyofu 1着 リアルスティール(矢作芳人調教師) 「とても嬉しいです。言葉になりません。馬と周りの方々に恵まれ、支えられました。海外では敗戦が続き悔しい思いもしましたが、挑戦を続ければいつか勝てると思っていました。今後はできる限り日本の競馬に出走させたいと思っていますので応援よろしくお願いします」

【2016年天皇賞(秋)】休み明け初戦も実力証明の2着!

毎日王冠を回避したことで、この天皇賞(秋)が休み明け初戦の舞台となった。悪くないスタートを切ると、道中は中団で折り合いをつける。コーナーでは外を回って直線へ。直線の最初の方で一瞬前の馬が壁になる不利を受けるも、外に持ち出して再び追い出しを開始すると、強烈な末脚で追い込み2着を確保した。この着順と、上がり3ハロン1位は実力の証明だろう。
動画を見る
inyofu 2着 リアルスティール(M.デムーロ騎手) 「スタートで少し掛かって行って、一番いいところを走れませんでした。今日はモーリスが強かったです。この馬もすごく頑張ってくれました。この馬の強さにもビックリしました」

【毎日王冠】半年の休養を経て復活!

8番枠からまずまずのスタートを切ると、折り合いも付き中団グループからレースを進める。直線では溜まっていた末脚が弾け残り100mで先頭に躍り出ると、外から脚を伸ばしたサトノアラジンとの追い比べを制し、約1年半ぶりの白星を飾った。
動画を見る
inyofu 1着 リアルスティール(M.デムーロ騎手) 「今日は馬の状態がとても良かったです。道中、掛かってしまうところがある馬でしたが、今日はペースが流れてくれたので問題ありませんでした。このまま無事に行ってほしいです」
inyofu (矢作芳人調教師) 「とにかく状態が良かったので自信がありました。春はいま一つのところがありましたが、ようやく本調子に戻ったという感じです。今後については、馬の状態を見て、天皇賞かブリーダーズカップマイルのどちらかにします」

【天皇賞(秋)】直前情報!力強い走りで本格化の兆し!

inyofu 毎日王冠を勝ったリアルスティール(牡5、矢作)は栗東坂路で併せ馬を行った。力のある脚さばきで、僚馬に余裕をもって先着。
inyofu 矢作師は「息づかいが大幅に良化していると思う。ここに来てようやく本格化してきた」と国内初G1制覇に意気込んだ。

天皇賞(秋)の傾向!直近の東京実績がカギ!

inyofu 過去10年の出走馬について、過去3走以内における東京芝コースでの最高着順別に成績を調べると、「1着」組と「2着」組が勝率で10%を超え、連対率や3着内率でも上位になっている。過去3走で東京・芝コースに不出走だった馬が3着以内に9頭入っている点は見逃せないが、過去3走以内に東京・芝コースで連対した実績を持つ馬に注目したい。
inyofu 過去10年の出走馬について、直近の芝1600~2000mのレースでの着順別に成績を調べると、3着内率で上位となっているのは「1着」~「3着」に「5着」を加えた4組となっている。「6着以下」だった馬も5頭が連対しているが、好走率では着順が上位だった馬がリードしている。直近の芝1600~2000mのレースでの着順には今年も目を光らせたい。

既にGⅠを制していながら、矢作調教師がこの馬の本格化をコメントしており、さらにレベルアップした走りが期待できそうだ。昨年初来日を果たしハイレベルな騎乗センスを披露したV.シュミノー騎手とのコンビにも注目だ。復活を遂げた逸材が今度は日本でのGⅠ獲りに燃える。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line