TOP > 予想/馬券 > 各馬仕上がり問題なし!!【第82回 日本ダービー】全18頭最終追い切り映像&情報まとめ
予想/馬券

各馬仕上がり問題なし!!【第82回 日本ダービー】全18頭最終追い切り映像&情報まとめ

【第82回日本ダービー(東京優駿)】が5月31日(日)東京競馬場で行われる。今回は全18頭の最終追い切り映像と記事をまとめてみた。(携帯では映像が見れない可能性があります)
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 サトノラーゼン

inyofu 京都新聞杯を制したサトノラーゼンはCWコースで4ハロン53秒5-12秒8。馬なりでオーシャンブルー(OP)と併入した。中2週のため軽めだったが、動きに硬さはない。騎乗した岩田騎手は「素直で乗りやすい。反応もいいし、自在性を生かしたい」と楽しみな様子。
サトノラーゼンまとめはこちら↓
【日本ダービー】出走レース3着以内は外さない! 疾走するサトノラーゼン

1枠2番 タンタアレグリア

inyofu 青葉賞2着でダービーへの切符をつかんだタンタアレグリアが、美浦Wコースで気合走を見せた。僚馬2頭を追走する形で直線を向き、残り1Fでも前との差は2馬身ほど。しかし、蛯名騎手のGOサインに応えて持ち前の末脚を繰り出すと、中サトノバセロンに1馬身、外マイネルマークに半馬身先着した。思惑どおりの仕上がりだ。「すこぶる順調だね。まだ子供っぽいが、少しずつ良くなっている。リラックスして走れるので長距離適性はある」とジョッキー。
タンタアレグリアまとめはこちら↓
【日本ダービー】左回りは連対率100%! コース適性はある! タンタアレグリア

2枠3番 コメート

inyofu コメートは嘉藤を鞍上に坂路で単走。馬なりで真一文字に駆け上がった。嘉藤は「何の不安もなくここまで来れて順調そのもの。2400メートルの長いコースも大丈夫」と充実ぶりをアピール。
コメートまとめはこちら↓
【日本ダービー】道悪歓迎!? 順調な仕上がりで一発ある? コメート

2枠4番 グァンチャーレ

inyofu グァンチャーレは初コンビとなる松岡が駆け付け、坂路で4F53秒2~1F12秒1。課題の折り合いもつきラストは抜群の伸びを見せた。 感触を確かめた松岡は「いい馬でビックリした。背中もいい。調教では乗りやすかったし、ラストは追えば11秒台が出ただろう。後ろから脚をためて一発狙いたい」
グァンチャーレまとめはこちら↓
【日本ダービー】追い切りでは好時計で順調! グァンチャーレ

3枠5番 ダノンメジャー

inyofu ダノンメジャーは攻め駆けするシャイニーホーク(7歳オープン)を相手に坂路で3馬身の先着だ。小牧はラスト12秒6に「反応が良かった」と満足感を漂わせた。
ダノンメジャーまとめはこちら↓
【日本ダービー】2歳からダービーを意識してきたダノンメジャー ひと刺しを狙う!

3枠6番 ポルトドートウィユ

inyofu 栗東坂路でラディウスを追いかけた。14秒4-13秒3-12秒7とスムーズに加速し、ラスト1Fでは1馬身ほどリードしていたが、ラディウスがジワジワと詰め寄り、馬体を合わせてフィニッシュした。ゴール前でやや差し返されたが、脚勢は鈍っていなかった。「自分のペースで行っただけで相手は意識していない。ダービーの追い切りとしては満足いくもの。先週も予想以上に攻めていたし、状態面に関してはまったく問題ない」とユタカ。
ポルトドートウィユまとめはこちら↓
【日本ダービー】雰囲気よし! 気性よし! 天才×超良血で世代の頂点へ ポルトドートウィユ!

4枠7番 レーヴミストラル

inyofu レーヴミストラルは、CWコースで3馬身先のアドマイヤカーリン(1000万下)を追走し、4コーナーで内へ。ゴール前で軽く仕掛けられ、ラスト1ハロン11秒8としっかり伸びて半馬身先着した(6ハロン85秒8)。「順調。一戦ごとにトモ(後肢)が良くなっている」と松田博調教師。騎乗した川田騎手は「先週より今週の方がよかったですね。来年2月で(70歳で)定年される松田先生と厩舎の方のためにも頑張りたいです」と力を込めた。
レーヴミストラルまとめはこちら↓
【日本ダービー】能力は確か! 余力も十分で挑む青葉賞組レーヴミストラル

4枠8番 ベルラップ

inyofu ベルラップは坂路でセイウンチカラ(5歳1000万)と併せて先着を果たしたが4F54秒5の時計は少々物足りない。 須貝師のトーンも珍しく低め。「皐月賞と比べると今回の方が全然状態はいいと思うけど、さすがに相手が相手だから。もっと切れ味が出てきてくれないと」
ベルラップまとめはこちら↓
【日本ダービー】皐月賞よりイイ! 距離延長で前に行けるか? ベルラップ

5枠9番 コスモナインボール

inyofu コスモナインボールはWコースを馬なりで駆け抜けた。5ハロン74秒2-15秒0と軽めの調整で大一番に臨む。和田雄調教師は「日曜(24日)に結構やっている(Wコース5ハロン65秒3)ので、疲れを残さない感じの調整をした」と説明。
コスモナインボールまとめはこちら↓
【日本ダービー】雨が降った方が好都合!? コスモナインボール

5枠10番 ミュゼエイリアン

inyofu ミュゼエイリアンはWコースでパートナーのタンジブル(3歳OP)を問題にせず、ゴール前軽く仕掛けられると2馬身先着。5ハロン69秒5、3ハロン39秒0-12秒8と軽めの内容も、黒岩調教師は「先週ビッシリ追ったので、予定どおり。少しずつ成長しており、皐月賞の時よりいい状態で臨める」と胸を張った。
ミュゼエイリアンまとめはこちら↓
【日本ダービー】筋肉も増え 立ち回りも上達! ミュゼエイリアン

6枠11番 サトノクラウン

inyofu 美浦Wコースで3頭併せ。ステラスターライトを1馬身追走し、サトノの1馬身後方にスプリングアースが続く形でスタートした。3~4コーナーの中間で馬体が合ったが、勢いの差は歴然。抑え切れない手応えで前に出ると、外ステラに2馬身、内スプリングに半馬身先着した。気合を全面に出していた前走時から比べれば落ち着いた走りで、馬体もボリューム感にあふれている。「軽い追い切りだったが、リラックスしていて、ストライドもスムーズだった。状態は完璧。とてもうれしいよ」と、手綱を取ったルメール騎手は白い歯をこぼした。
サトノクラウンまとめはこちら↓
【日本ダービー】前走は度外視! 落ち着きがあって操縦性がある! サトノクラウン

6枠12番 アダムスブリッジ

inyofu アダムスブリッジは一頓挫あった影響を全く感じさせない動き。最終追い切りは和田を背に坂路へ。併せたニューダイナスティ(目黒記念出走)に半馬身先着。 和田は「促さないと走らない感じだったけど今は行きっぷりが違う。大きい舞台でやれる馬だと信じている」と前向きだった。
アダムスブリッジまとめはこちら↓
【日本ダービー】理想の時計を出して好感触! 大舞台で素質開花!? アダムスブリッジ

7枠13番 リアルスティール

inyofu 皐月賞2着馬のリアルスティールが27日、栗東の坂路で追い切り、絶好の動きを見せた。トニーポケット(6歳1000万)を追走し、54秒6―12秒4と力強く伸びて先着。最高の仕上がりをアピールした。 福永騎手「タイムも動きもいい。反応がよかったし、皐月賞より動ける感じになっている。いい状態で臨めそう」
リアルスティールまとめはこちら↓
【日本ダービー】人馬一体、究極の仕上げで挑む! リアルスティール

7枠14番 ドゥラメンテ

inyofu 皐月賞馬ドゥラメンテは木曜日、古馬条件馬2頭をそれぞれ前と後ろに置き、美浦ウッドで最終追い。途中行きたがる面を見せながらも鞍上M.デムーロ騎手が懸命になだめて直線へ。2騎の真ん中に挟まれる形での攻防は、最後にグイッとひと伸びしてこれを制し、GI馬の貫禄を見せつけた。闘志が満ち溢れており、気合乗りは十分すぎるほど。気性が気性なだけに当日のイレ込み具合は確認したいところだが、体調に関しては絶好調だろう。息遣いを間近で感じたミルコは「すごい良かった。テンションも良いです。バッチリです」と話し、相棒のデキに太鼓判を捺した。
ドゥラメンテまとめはこちら↓
【日本ダービー】荒々しく! 母父の狂気の血が騒ぐ!ドゥラメンテ

7枠15番 ミュゼスルタン

inyofu ミュゼスルタンが主戦・柴田善を背に“ダービー仕様”の追い切りを行った。3馬身先行したミュゼゴースト(3歳オープン)の外に進路を向けると、馬なりのまま半馬身かわしてゴール板を通過。その後も手綱を緩めず、向正面入り口まで軽快にストライドを伸ばした。「2400メートルにも対応できるように調教を工夫してみた」と笑顔で引き揚げてくる柴田善。「ゴール前の走りは迫力満点。中2週のローテーションはきついが、疲れはほぼ取れている」。大江原師も満足顔
ミュゼスルタンまとめはこちら↓
【日本ダービー】気合十分! 迫力満点の仕上がり!! ミュゼスルタン

8枠16番 スピリッツミノル

inyofu スピリッツミノルは、栗東CWコースで併せ馬。先週は追わずに馬体回復に専念してきたこともあって、最終チェックは目一杯の内容だ。最後まで走ることに集中して、メイショウカシュウに半馬身先着した。 「前走ほどの硬さはなかったし、気持ちも前を向いていた。直線で併走馬が(前に)出たときにやめるところもなく、逆に脚を伸ばしてきた。いいんじゃないですか」と酒井騎手は評価。
スピリッツミノルまとめはこちら↓
【日本ダービー】スタミナと折り合いは他には負けない! 逃げる!?スピリッツミノル

8枠17番 キタサンブラック

inyofu キタサンブラックは、黒岩(レースは北村宏)を背にCWコース入り。ラガーギアチェンジ(4歳500万)との併せ馬は残り2Fで馬体を接すると、闘争心をむき出しに自らハミを取り、ラスト1Fは馬なりのまま12秒3。雄大な馬体を器用にしならせ、はずむようなフットワークで駆け抜け1馬身突き放した。清水久師は満足そうに振り返る。「時計の指示は出さず乗り手の感触で追い切ってもらった。最後は手が動いていなかったので、反応が良かったんじゃないかな。いい状態を維持できている」
キタサンブラックまとめはこちら↓
【日本ダービー】勝って祭! 短期放牧で馬体も回復! キタサンブラック

8枠18番 タガノエスプレッソ

inyofu タガノエスプレッソは、菱田騎手を背にCWコースで3頭併せを行った。2番手から直線では真ん中に進路を取って6ハロン79秒5、3ハロン38秒4-13秒1。内に2馬身、外には1秒9も先着した。 鞍上は「しまいの時計はかかったけど、全体の時計は悪くなかったと思う。後ろからつつかれても掛かるところがなくて、折り合いは問題なかった」
タガノエスプレッソまとめはこちら↓
【日本ダービー】不完全燃焼の前走の無念を晴らす! タガノエスプレッソ

最終追い切り映像

最終追い切りタイム一覧

inyofu レーヴミストラル 5/27 栗東 CW 良 - 86.4 69.6 53.6 38.9 - 12.0
グァンチャーレ 5/27 栗東 坂路 良 - - - 53.2 38.0 24.5 12.1
ベルラップ 5/27 栗東 坂路 良 - - - 54.5 39.2 25.0 12.2
キタサンブラック 5/27 栗東 CW 良 - 84.9 68.4 53.2 39.3 - 12.3
スピリッツミノル 5/27 栗東 CW 良 - 81.3 65.2 50.8 37.4 - 12.4
リアルスティール 5/27 栗東 坂路 良 - - - 54.6 39.8 25.7 12.4
サトノクラウン 5/27 美浦 南W 良 - - - 54.6 39.6 - 12.5
タンタアレグリア 5/27 美浦 南W 良 - - 69.1 53.8 39.1 - 12.5
ドゥラメンテ 5/27 美浦 南W 良 - - - 53.1 38.6 - 12.5
アダムスブリッジ 5/27 栗東 坂路 良 - - - 53.4 38.9 25.1 12.6
ダノンメジャー 5/27 栗東 坂路 良 - - - 54.0 38.9 24.8 12.6
ポルトドートウィユ 5/27 栗東 坂路 良 - - - 53.2 38.8 25.5 12.8
ミュゼエイリアン 5/27 美浦 南W 良 - - 69.3 52.9 38.5 - 12.8
ミュゼスルタン 5/27 美浦 南W 良 - 82.8 67.2 53.0 38.6 - 12.8
コメート 5/27 美浦 坂路 良 - - - 54.2 39.1 25.8 12.9
サトノラーゼン 5/27 栗東 CW 良 - - - 53.7 40.6 - 13.1
タガノエスプレッソ 5/27 栗東 CW 良 94.3 79.6 65.2 51.5 38.8 - 13.1
コスモナインボール 5/27 美浦 南W 良 - - 74.6 58.4 43.7 - 15.2

うまキュレ班のおススメ好調教馬は、リアルスティール、サトノクラウン、タンタアレグリア、ドゥラメンテ、ミュゼスルタン。特にリアルスティールは、1週前追い切りで一杯の好時計。今週は調整として理想的な稽古を消化し、時計も良くデキは万全。本番に向け準備万端だ。


side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line