TOP > エンタメ・雑学 > 競馬関係者のメディア出演まとめ
エンタメ・雑学

競馬関係者のメディア出演まとめ

過去に特集されてきた競馬関係者をまとめてみた。有名騎手以外にもあらゆるホースマンが注目されている。
馬キュレ

日本テレビ「未来シアター」

inyofu 大歓声のその先に、いつもその革新者がいた。
ジョッキー・武豊。
競馬を知らない人でも、武豊は知っている。

彗星の如く現れた天才ジョッキー。
記録と名の付くものはことごとく手に入れ、
その栄光は永遠に続くと、誰もが思っていた…。

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」

inyofu 僕にとってのプロフェッショナル・・・。頼まれた仕事をきちっとすること、できる人。それをできる人になりたいんだけれども。はい。藤澤和雄
やはりトップジョッキー武豊はメディア出演も多い。

TBS「バース・デイ」

inyofu かつて“命知らずの騎手”と呼ばれた伝説の男、田中剛

2013年、JRA主催の競馬は約3400レース行われた。
そのうち130レースだけ行われた通常の平地レースとは違ったレースがある。
それは“障害レース”。
当番組ではディープインパクトなどが取り上げられたこともあった。

落馬事故で障害を抱えた元騎手を追ったドキュメント

GIを制す活躍をするも落馬事故で引退。
競馬の主役は馬である。しかしそれを支え、取り巻く多くの人たちもいる。ある馬主の言葉にもこんな言葉がある。「人がいて、馬がいて、そしてまた人がいる。」この言葉のように、人のドラマも競馬の魅力の一つかもしれない。それゆえ競馬関係者を取り上げるこれらのメディアは、競馬を語る上で、必要不可欠な情報と言えるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line