TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】5月31日(日)東京5R・東京11R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】5月31日(日)東京5R・東京11R予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

いよいよ明日は競馬の祭典、第82回東京優駿(GI)が行われますね。6号にとってのダービーは来週に備えている地方競馬のダービーウィークだったりしますが。。その気になる日程は、、
 5/31(日)九州ダービー
 6/1(月)岩手ダービー
 6/2(火)北海優駿(北海道ダービー)
 6/3(水)東京ダービー
 6/4(木)兵庫ダービー
 6/5(金)東海ダービー

1週間のあいだに6頭のダービー馬が誕生する、まさにダービーウィーク!
私6号はそのうち東京ダービーの予想を公開する予定ですので、観戦予定の方は是非ご一読くださいませ。

さて、本日の予想レース東京11R『欅S』は◎レッドアルヴィスが快勝したものの、2着のアンズチャン、3着のキョウエイアシュラともに印を打っておらず不的中という結果に。。
前が残る展開を予想して後方待機組を軽視したのですが、前半3ハロン34秒5と流れました。
好位から楽に抜け出したレッドアルヴィスは貫禄勝ちでしたが、残りの先行組は全滅。このレースは展開を読み違えたのが敗因でした。参考にしたみなさま、すみません。。

おまけの京都5R『3歳500万下』のほうは『○→◎』の順で決まり『馬単930円を的中』となりましたが、3着に入った人気薄のメイショウクオンを拾えず、こちらも馬券としてはマイナス計上。。
後出し情報で大変恐縮ですが、京都ダート1800mの幸騎手の成績は(24-32-50-289/395、複回収値107)というもの。3着馬を探しているときにはマークしたいジョッキーですので、是非とも覚えておきたいですね。


さて、気を取り直して明日日曜日のターゲットは、本日と同じダート1400mで行われる東京11R『富嶽賞』(4歳上1000万下)。
例年、ダービーと目黒記念に挟まれて行われる定番の競走です。
先週と似たくだりになりますが、ダービーでやられた人は、ぜひこのレースでリベンジしてくださいw

では、恒例となった簡単なコースの説明から ※昨日と同じ内容になります。。
東京1400mのスタート地点は、向こう正面の直線入り口付近。最初のコーナーまでは約442mあり、下りからのスタートとなるのが最大の特徴。
当然、最初の3ハロンは速くなる傾向にあり、その分上がりがかかるレースになることが多い。
なお、最初のコーナーまで距離があるため、枠番による有利不利は気にする必要はない。また、1600mほどではないが、逃げ切ることは難しいコース。
脚質は先行、差し馬が優勢だが、ペース次第では先行馬同士、差し馬同士の決着となることも多い。


このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★東京ダート1400m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:ミスプロ系サウスヴィグラス(16勝)
・勝率 :サンデー系スペシャルウィーク(約16%)勝ち数10位
・連対率:サンデー系スペシャルウィーク(約22%)
・単回収:ヌレイエフ系ファスリエフ(回収値369)
・複回収:ヌレイエフ系ファスリエフ(回収値100)

やはり1400mという距離だけあって、1300mの上位種牡馬と1600mの上位種牡馬をミックスさせたような顔ぶれ。
勝ち数1位のサウスヴィグラスと単回収1位のファスリエフは1300mでも優秀だが、1600mでは共に圏外。狙うなら1300~1400mが良い種牡馬だ。 いっぽう、東京1600mで優秀なシンボリクリスエス(3位)、ネオユニヴァース(4位)、キングカメハメハ(6位)といった馬達は、1400mだと勝ち数10位以下になる。距離短縮で出走してくる場合には注意が必要だ。


★☆日曜東京11R・『富嶽賞』の予想☆★

参考にするレースは、今回と同じ条件で行われた過去5年の富嶽賞。
2013年のみ『ワカタカC』として施行されている。

①傾向
過去5年の平均配当は6,270円。新しい順に18,510円、1750円、2,780円、21700円、6,100円。
3桁配当が1度もなく波乱傾向。

②馬齢
連対馬10頭中の馬齢は、4歳~6歳。5歳馬が4勝、6連対と優勢。

③人気
1~3番人気が4連対。1番人気(2-1-0-2/5)、2番人気(0-1-1-3/5)、3番人気(0-0-1-4/5)。

過去の連対馬の人気  ※カッコ内は左が1着
2014(5→11人気)
2013(5→1人気)
2012(1→5人気)
2011(4→2人気)
2010(1→7人気)

5番人気が3年連続で連対中。

④位置取り
過去の連対馬の4角位置  ※カッコ内は左が1着
2014(9→4番手)
2013(10→3番手)
2012(6→8番手)
2011(3→3番手)
2010(4→6番手)

展開によって、先行馬同士や差し馬同士などさまざま。逃げ馬は3着以内がなく苦戦。
なお、過去5年で最速の上がりを使った馬の成績は(4-1-1-1/7 ※同タイムがいたため7頭)で、現在4連勝中。
ただし、最速の上がりを計時した馬は道中3~10番手で、極端に後ろから行く馬では届かない。

⑤所属
関東馬が9連対と圧倒的。複勝圏内に広げても関東馬11頭と優勢。

・種牡馬
アフリート産駒が1勝、3着1回。※今年は該当馬なし

⑥騎手
相性の良い騎手は、横山典騎手が1着1回、2着1回。北村、岩田騎手が1着1回、3着1回。蛯名騎手が2着1回、3着1回。

⑦コース実績
東京1400mでの連対実績があった馬が8頭。残りのうち1頭は3着の実績まで、もう1頭はこのコース未経験。

さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
連対馬10頭すべてが、3月以降に前走を使われていた。休養明けは割引き。

⑨前走レース ※カッコ内は着順
前走特別レース組が4連対(12、3、2、10)
前走1000万下組が5連対(5、3、2、8、3)※5番人気以下かつ5着以下の馬の連対はなし
前走500万下組が1連対(1)

⑩前走距離
前走距離は1200~1700と様々。最多は前走1400mが4連対。

⑪前走着順
前走で掲示板を確保していた馬は7頭。

⑫前走人気
前走人気は、5番人気以内が6頭。
前走5番人気以下でかつ5着以下だった馬の連対は、2010年ギンザナイト(8番人気10着)の1頭だけ。

データは以上。波乱傾向のレースらしく、これという足きりデータがない状態。。
そこで、軸馬を選ぶべく各項目をチェックしていくと以下の馬が候補から外れる。
・7歳以上>レッドジョーカー
・前走が2月以前>レッドロンメル、ガッサンプレイ
・東京1400mを経験済みで3着以内がない>アキノアッパー、セクシーボーイ、カワキタシャウト
・前走1000万下で5番人気以下かつ5着以下だった馬>グリサージュ、ボーンレジェンド、トランザムスター、ラブリースター

残ったのは6頭。ここからは仕方なくレアケースと思われる条件に当てはまる馬を外していく。
・このコース未経験(過去1頭のみ該当)>ヒラボクダッシュ、ジェネシスロック
・前走500万下(過去1頭のみ該当)>ノッキングオン
・前走1000万下で10着以下(前例無し)>コスタアレグレ
・前走福島1150mの馬(前例無し)>サノイチ

☆結論☆
◎フミノファルコン
○サノイチ
▲コスタアレグレ
△ジェネシスロック
△ガッサンプレイ
△レッドジョーカー
△ボーンレジェンド

今回本命に推したいのは◎フミノファルコン
軸馬選びに苦戦したわりに、たどり着いた馬は1番人気になりそうなフミノファルコン。。
ただし、過去5年の成績をみると信頼できそうなのは3連対の1番人気と5番人気。人気は当日まで判らないが、データからは1番人気と5番人気は狙ってみても損はない。
フミノファルコンの前走は早めに押し切りを狙う強気の競馬で、2着と踏ん張ったものの、やや強引に行き過ぎた感のあるレース振りであった。
前走を見る限り、テン乗りだったルメール騎手から乗りなれた福永騎手に手が戻るのはマイナスになるとは思えず、素直に現級勝ちのある実力を評価したい。
また、来週以降には500万下に降級できる4歳馬よりは、過去5年で4勝(5年連続連対中)している5歳馬の方を狙ってみたい。

○は、次点評価となったサノイチ。
前走福島1150mというステップが前例になかったため少し評価を落とす形となったが、近5走でも左回りに限れば(4→2→3着)と崩れていない。
鞍上の内田騎手(27-26-23-126/202、勝ち数3位、連対率26%)、サウスヴィグラス産駒(16-12-16-128/172、勝ち数1位、連対率16%)ともに東京1400mは得意で、逆転候補の筆頭に指名したい。

▲は、こちらも前例なしで評価を落としたコスタアレグレ。
昨年の4月にはこのコースで行われた1600万下で2着に入っており、このメンバーの中でも屈指の実績を持つ馬。
シニスターミニスター産駒のこのコースの成績(3-8-3-19/33、連対率33%、複勝率42%)も数は少ないが魅力十分。配当次第ではこの馬の複勝を買ってみても面白そうだ。

△は、以下の4頭。
距離適正に不安はあるが、前走2番人気で2着した実績を評価したいジェネシスロック。
休む前より状態が良いという評判のガッサンプレイ。
前走人気薄ながら掲示板を確保したレッドジョーカー。
過去5年の富嶽賞で1着1回、3着2回と健闘している牝馬からボーンレジェンド。

馬券の本線は馬単
 ◎ ⇔ ○▲△へ

少額で1頭軸の3連単マルチ
 ◎ → ○▲△へ

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の東京ダート1400mが対象


-----------------------
★☆おまけ、の日曜東京5R『3歳500万円以下』の予想☆★

おまけは、東京ダート1600mで行われる3歳500万下をピックアップ。
ダービーの資金稼ぎはこちらのレースでどうぞ。

本日のおまけ予想と同じく、この時期の3歳500万下はここで勝ちを逃すと、次週からは降級馬を含む古馬混合の500万下戦になるためハードルが高くなる。
ここで勝っておきたい馬が揃って出走しており、なかなかのメンバー構成。

その中でも人気を集めそうなのが、前走が圧巻だったモーニン。
当初は松山騎手で京都5Rに出走予定だったが、登録頭数の少なかったこちらへ急遽移動した模様。
これには松山騎手が大層くやしがったwという話も聞こえてきており、ここは人気でも連勝が濃厚だろう。

○は、エンパイアメーカー産駒のパワーポケット。
何度か紹介しているが、エンパイアメーカー産駒このコースの成績(13-6-1-11/31、勝ち数10位、連対率61%)は強烈だ。
パワーポケットも2走前のように前につけられれば、ここでも十分に通用する力がありそう。

▲は、このコースで勝利実績があるルールソヴァール。
フレンチデピュティ産駒のこのコースの成績(14-14-10-75/113、勝ち数8位、連対率25%)は優秀だ。

☆結論☆
 ◎モーニン
 ○パワーポケット
 ▲ルールソヴァール
 △タマモワカサマ
 △キングノヨアケ
 △ラテラス
 △ナムラカモン

△は、このコースで相性のよい種牡馬、騎手のデータからピックアップ。
カネヒキリ産駒はこのコース(3-0-0-4/7)で、将来的にはこのコース得意な種牡馬になりそうだ。

馬券の本線は馬単
 ◎ ⇔ ○▲△へ

少額で1頭軸の3連単マルチ
 ◎ → ○▲△へ

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の東京ダート1600mが対象

以上、ダービーはキングマンボの近親に是非とも勝って種牡馬入りして欲しいと思っている6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line