TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの3号】日本ダービー・目黒記念の最終結論
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの3号】日本ダービー・目黒記念の最終結論

馬キュレ
3号です!

本日は日本ダービーと目黒記念の最終結論を公開させていただきます。
なお、日本ダービーは7号さんと20万円馬券対決のレースですので、金額に関しても掲載いたします。

では早速最終結論に入っていきます。

■目黒記念
東京芝2500m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京芝2500m】

週中公開したデータで残った推奨馬は
ヴァーゲンザイル・ダービーフィズ・ニューダイナスティ・レコンダイトの4頭。

【本命分析】
まず、危険馬項目の中で、前日時点では判断きかないのが

7、当日4キロ以上の馬体重

データ解析を参考にしていただいている方は、是非最後の決断は馬体重発表後に決めることを念頭においていただければと思います。

では上記項目を除いた形で本命分析に。

芝2500mという非常にマイナーなコースが舞台となる目黒記念。(近年は目黒記念とAR共和国杯のみ)

種牡馬成績(近5年)を見てみるとゼンノロブロイ産駒が最も出走しているものの、成績はあまり良くなく勝率9.5%程度。次点がマヤノトップガンで勝率は28.6%となります。

目黒記念(近10年)のみに焦点を当てると、2勝を挙げてるのはマヤノトップガン・エリシオ・オペラハウスの産駒。ただ、エリシオに関してはポップロックの2勝であり、該当馬は1頭ということエリシオとオペラハウスの産駒が入っていることで、ノーザンダンサー系の馬を上位に…というのは早合点の様子。やはり好成績を収めているのはSS産駒系。

今回推奨馬に残っている4頭の種牡馬は

ネオユニヴァース
ジャングルポケット
ディープインパクト
ハーツクライ

その中で本命としたのが…

◎ダービーフィズ

推奨馬として残った4頭の中で、唯一の非SS系のジャングルポケットを父にもつダービーフィズ。
ジャンポケ産駒の目黒記念での成績はいまいちも、東京2500mの成績で見ると上位に食い込む同馬の産駒。
母父はSSというのも、データ的に最上位に位置する配合であり、目黒記念やAR共和国杯のデータにピタリとはまる血統。同馬から入ります。

最終結論

◎ダービーフィズ
○レコンダイト
▲ニューダイナスティ
☆ヴァーゲンザイル
△ステラウインド
△アドマイヤスピカ
注ムスカテール
注トウシンモンステラ
注ファタモルガーナ

買い方
≪本線≫
馬連
◎-○▲☆△△

単複


≪少額≫
3連単フォーメーション
1着 ◎○▲
2着 ◎○▲☆△△
3着 ◎○▲☆△△注注注

■日本ダービー
芝2400m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京芝2400m】

そして週中公開したデータ分析において残った推奨馬は

キタサンブラック
サトノラーゼン
タンタアレグリア
ドゥラメンテ
リアルスティール

というのを前提に、最終結論に入りたいと思います。

【本命分析】

過去10年の種牡馬成績を見るとSSを含むSS系が8勝という成績。
中でもディープインパクト産駒が2勝を挙げており、やはりこの場でも中心はディープというデータに見えます。
残りの2勝はオペラハウス産駒(ノーザンダンサー系)とキングズベスト産駒(ミスプロ系)

ただし、勝利を飾った数はディープインパクトが一歩リードも、出走頭数自体が17頭と最も多く、勝率だけでみれば11.8%と突き抜けた数値ではありません。
過去10年で見たときに、日本ダービーに産駒を送り出しているTOP5は

①ディープインパクト ⇒ 17頭 (2.0.1.14)
②アグネスタキオン  ⇒ 12頭 (1.0.1.10)
③キングカメハメハ  ⇒ 12頭 (0.1.1.10)
④サンデーサイレンス ⇒ 11頭 (1.1.1. 8)
⑤フジキセキ     ⇒  9頭 (0.1.1. 7)
⑤マンハッタンカフェ ⇒  9頭 (0.0.1. 8)

ちなみに8頭送りだしているステイゴールド産駒は勝率12.5%で連対率25%。数は3頭しかおりませんが、ハーツクライに関しては、(1.1.0.1)という結果を残しています。

ステップに関しては、週中公開の通り皐月賞組が圧倒的。続いてが青葉賞組。

その皐月賞。

あのレースで最も順調な競馬運びができたのがリアルスティール。
本来であれば、完全な勝ちパターンで進んだ1戦だったにも関わらず、ただそれでもドゥラメンテとコンマ2秒ついている結果。
無論、能力が高いのは承知であり、皐月賞の時以上の追い切りに見えますが、若干評価を下げます。

一方勝利を飾ったドゥラメンテに関しては、若干余裕残しのように見えたほどの追い切り内容の中、圧倒的なパフォーマンスで勝利。確かに距離不安があるのはいなめず、今週の追い切りでは若干掛かる素振りを見せたのは気になるところ。しかし、皐月賞時の追い切りを見ると、当初から目標はここだったはず。しかし、その陣営の思いを良い意味で裏切る能力を出して皐月賞をとったと見ます。

ということで本命としたのが…

◎ドゥラメンテ

血統的な面で言えば、キングカメハメハ産駒でダービー勝利をした馬はおらず、ディープインパクト産駒から選定するのが良いのかも知れませんが、これは皐月賞でも同じ。全体的な頭数で考えれば、東京2400mのこの舞台では、そこまで圧倒的と言えるデータではなく、むしろ他の馬に差を詰められていることを考えれば、ディープ産駒が圧倒的とは言えない舞台と判断。

そして対抗としたのが

○サトノクラウン

皐月賞にてもっともチグハグな競馬になってしまったのがこの馬だったのでは。
スタートで出遅れて、直線で不利。あれで6着はむしろ好走と見ます。先ほども記載しましたが、ドゥラメンテ以上の仕上げに見えた皐月賞。しかしそれがアダになったように見えた皐月賞当日。馬体重はマイナス8キロ。かなり汗をかいていましたし、レース前にかなり消耗していた様子。
今回は追い切りを見直して、仕上げすぎるハードなものではなく、ソフトな調教に終始するわざとお釣りを残すような仕上げ。

ということで

最終結論
◎ドゥラメンテ
○サトノクラウン
▲レーヴミストラル
☆キタサンブラック
△タンタアレグリア
△リアルスティール
△サトノラーゼン
△ポルトドートウィユ
△ミュゼエイリアン

≪買い方≫
馬単
◎→○ 5万円
○→◎ 3万8000円

3連複2頭軸
◎○-▲☆△△△△△
各1万円=7万円

3連単F
1着◎○
2着◎○▲☆
3着◎○▲☆△△△△△
各1000円=4万2000円

以上3号でした!


3号vs7号の20万円馬券対決
対決の経緯→「覆面馬主の真実」【第7話】~リアルタイム進行型・競馬狂小説~
7号さんのコラム→こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】日本ダービー予想

各覆面馬主さんたちの予想はこちら↓
血統の1号⇒コラム
妄想の2号⇒コラム
未勝利の4号⇒コラム
イケメンの5号⇒コラム
砂の6号⇒コラム

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line