TOP > 競走馬 > 「レッドアリオン」思い切った競馬で連覇を目指す!【関屋記念】
競走馬

「レッドアリオン」思い切った競馬で連覇を目指す!【関屋記念】

昨年の関屋記念を逃げ切り、重賞2勝目を飾ったレッドアリオンが今年も関屋記念に出走する。昨年は安田記念の後、中京記念を挟んだローテーションだったが、今年は安田記念からの直行となる。実績のある舞台で、このレース連覇を狙いたい。そんなレッドアリオンについてまとめてみた。
レッドアリオン
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【2015年関屋記念】逃げ切り重賞2勝目!

スタートはあまりよくなかったものの、外枠から先手を主張してマイペースに持ち込む。直線では一旦スマートオリオンに交わされるも、そこから盛り返しをみせると、そのまま押し切り重賞2勝目をゲットした。
動画を見る
以下はレース後の川須騎手のコメント
inyofu 1着 レッドアリオン(川須栄彦騎手) 「時計の速いレースが続いていましたし、このレースは少頭数で逃げ馬も不在でした。ゲートを出て、レッドアリオン本来の行きっぷりだったので、ケンカするよりはいいと思い、逃げる形になりました。逃げることも頭にありましたが、形を決めつけずに馬の気持ちを大事にしました。持ち時計のある馬で、少々のことでは止まらないと思っていました。最後は並ばれましたが、勝負根性を出して、もうひと伸びしてくれました。強いレースでした。重賞2勝目ですが、まだまだこれからの馬です。がんばってくれると思いますので、これからも応援して下さい」

【マイラーズC】直線早々馬群に沈む

昨年重賞初制覇を飾った思い出深いレース。連覇への期待はあったものの、近走の不振から人気は7番人気だった。速い流れの中、先団からレースを進め、直線コースに入ると馬群に沈んでしまい結果は14着。
動画を見る

【安田記念】後方からの競馬も見せ場作れず

世界のトップマイラーを相手にその強さを見せ付けてきたモーリスが出走することもあり注目の集まった安田記念。これまでの先行するスタイルとは違い、後方からレースを進めた。しかし、いいところを見せられず12着となった。
動画を見る

【関屋記念】直前情報 昨年のように思い切った競馬をしたい!

inyofu 橋口厩舎は連覇を狙うレッドアリオンも出走。「もまれるとよくない。昨年、逃げ切ったように思い切ったレースをしたい」と、トレーナーは意気込む。栗東坂路でサトノユニコーンを追いかけ、3F目からペースアップ。最後は手応えで劣りクビほど遅れたが、12秒5-12秒5と動き自体はしっかりしていた。  

連覇へ期待大!

7月~9月の暑い季節のレース成績では2・2・0・3と得意としていて、暑さに負けず力を発揮することができるレッドアリオン。さらに、左回りのマイルのGIIIは、1・0・1・2と好相性だ。昨年の再現が見られる可能性は十分にある。

昨年の関屋記念後からなかなか結果が出ていないが、このレースは昨年逃げ切り勝ちを決めた相性のいいレース。スムーズなレース運びができれば、今年も好走の可能性は十分だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line