TOP > コラム > 覆面7号【不定期連載】「小鳥の7号襲名」
コラム

覆面7号【不定期連載】「小鳥の7号襲名」

馬キュレ
ダービー終了後に仕事で予定の入っていた俺は目黒記念を見ずに競馬場を後にした。
帰りの道中、ドゥラメンテの強烈な勝ち方を思い出しながらじわじわと感動をし、いつかはああいった馬を見出すんだ!来年こそは俺の馬もあの場に立たせるんだ!と心に誓い、ダービーが終わったことをしみじみと感じていた。

競馬関係者はダービーからダービーへ!

という標語通り、ダービーが年度末のような思いを持っている人が多い。

騎手の中には、ダービーが終わるまで2歳馬には跨らない。

という騎手も居る。

GIレース自体は、今週末の安田記念、2週あけて宝塚記念と2つ残っているが、心機一転来年のダービーを目指した活動が今日から始まっている。

ダービーの日の仕事はなぜだか、重々しい雰囲気になってしまう。
毎年ダービー後に仕事があるわけではないのだが、ダービー当日に仕事が入ってしまった時は、概ね「あれ?7号社長今日体調でも悪いんですか?」と言われる。

感慨に耽って、しみじみしたいだけなのだが、普段からガミガミうるさい俺が静かにしているのは体調が悪いからだろう・・・という、しょうもない想像力しか持ち合わせていないのだろう。

俺だってセンチメンタルになる時くらいはあるのだ。

そんな仕事が終わり、家路に着いた。
やっと一人でしみじみできる時間だ。

ノーザンファーム1強時代とはいえ、その1強状態を作り上げた関係者に敬意を表し、ドゥラメンテの強さを思い出しながら、無口な女を家に呼び、あぶったイカを用意させ、ぼんやり灯りをともした部屋で、ぬるめの燗でしみじみしていたその時・・・

ブブブ、ブブブ、ブブブ・・・

メールだ。

1号の兄貴からだ。

マジでこんな遅い時間になんだよ・・・
と思いながらもメールをあけてみる。

「7号、お疲れ。お前、小鳥と靴下と法螺吹きと使いっぱ、どれがいい?」

とだけ、書いてある。

なんなんだよ・・・
こんな時間に、小鳥と靴下と法螺吹きと使いっぱ???
どれがいい?って聞かれても、意味ワカラネーよ。

んんん?
さては!!!!

1号のアニキ新手な風俗でもはじめたんか!?

靴下か・・・結構マニアックな感じなところ攻めるな~
使いっぱ・・・も悪くねーなぁ!これはM系ってことだろうな。

でも、小鳥ってのと、法螺吹きってのは想像つかねーな・・・

法螺吹きってのは法螺貝でも使って何かを吹かせる新技か?
きっと、アニキの事だから今までに無いマニアックなプレーとかを発案しやがったんだな!

さすが、一号のアニキ!
どれ選ぶ?
って聞かれたら想像のつかない法螺吹きかな・・・

しかし、小鳥ってのだけは全然意味が分からないな・・・

まさかな・・・
バター犬ならぬ、バター小鳥!の育成にでも成功したんかな?
もしそうだとしたらすげーぞ!
世の中からインコが居なくなるぞ!
ある意味平和だ!
1号のアニキはノーベル平和賞でも狙ってるんかね?
俺は船橋の平和賞で十分だけど・・・

って、そう考えて、よくよく見てみると、インコって響きも卑猥に感じてくるな・・・
1号のアニキ、そこまで、計算づくか???

つーか、何なんだよ・・・
選べねーよ・・・

折角しみじみしてたのに、このメールで台無しじゃねーか・・・。

ってことで、返信した。

「あ、アニキお疲れ様です。さっきのメールなんですか?なんか新しい事業のコンサルでも始めたんですか?」

とね。

すると、こう帰ってきた。

「はぁ?まだ見てないならコレ読め→http://umacure.net/archives/30317

とURLが貼り付けられたメールだけが帰ってきた。

やっぱりそうか!
新たな風俗店のコンサルかプロデュースあたりの仕事受けたんだな!
さすが、仕事が速い!
もう既に、店のHPも作ってあったのか~
それで、さっそく、俺に意見を求めたくてメールくれたのか!

と思って、リンクに飛んでみると・・・

うまキュレ・・・

はぁ?
なんだこれ?

と思ったその時に・・・
思い出した・・・

そういや、俺、今日馬券対決負けたな・・・
3号と1号のアニキ飯食いに行くって言ってたよな・・・

読み終えた俺は・・・

なんじゃこりゃ・・・と思いきや大爆笑!

おもしれー!

新手の風俗じゃなかった事と、バター小鳥は見てみたかったなぁ~・・・っていう残念感は漂ったものの、なんだよ、呼び名をこうするだけで良いなんて、罰ゲームにもならねージャン!

なんて言ったって、ブログ時代の読者から「かまってちゃんの超絶M男君」と名づけられてた俺にしてみりゃ、どれもこれも、ある意味スタイリッシュなネーミングなわけだ!

小鳥の7号!
法螺吹きの7号!
使いっぱの7号!
靴下の7号!

法螺吹き!なんてなんだか山伏みてーで逆にカッコいいし、小鳥って言えばリラックマのキイロイトリみてーでかわいいしな!俺のブログのアイコン白いゴリラだけど、リラックマに変えるかな(笑)使いっぱの7号なら、ガキの使いやあらへんで!っぽくて芸人スタイルっぽいし、靴下の7号なんてのは、サンタさんの画像でも貼って、良い子の競馬ファンに情報のプレゼントを配り歩く素敵な紳士!ってな感じで、競馬コラム界のカーネルサンダース!でも目指しちまうか!って事になるよな!

なるほどなぁ~
1号のアニキ、おもしれーなー(笑)

3号にとってみりゃ、これで「してやったり!」と思ってるのかもしれねーが、これは俺には完全に逆効果だ!おそらく、1号のアニキはそれを分かってて、俺にこのネーミングを与えたんだわ(笑)

アニキの小説の文章の中で、3号に対し「コイツ図に乗ってるな・・・」っていうフレーズ出てたろ!そういった表現を1号のアニキが使う時は、実は1号のアニキ・・・結構キレる寸前だったりするからな(笑)

まぁ、そりゃそうだろうな。
3号が俺の事を「追放しましょうよ」と1号のアニキに提案した時も、「いやいや、7号は読者からも人気あるから追放は駄目だろ」って言ってるしな。

どちらかと言えば、この企画・・・

3号の目を覚まさせるための企画と見た!
1号のアニキもそれならそうと、俺に言ってくれりゃ良かったのにな。

え?なぜそう思うかって?
読者さんにはワカラネーかな・・・。

ぶっちゃけよ、うまキュレでの週間ページビューランキング見りゃわかるだろ。
俺がコラムに参加してから、週間ページビューランキングの1位は俺か、1号のアニキしかなってねーんだわ(笑)

俺よりページビュー集められない小童に、たまたま刹那的に1レースだけ回収率を上回られちまっただけで、悔しいなんていう思いを俺がするわけねージャンな!

って事で、俺は思いついた!

殊勝な態度をとったフリして、メールを返そう!ってな(笑)

もう、八代亜紀のしみじみ舟歌モードは吹っ飛んでたわ!
性格の悪さ全開で返したメールがコレ↓

「あ・・・、1号のアニキ、すみません。そうでしたね。馬券対決負けたんで、なんらかしらの罰ゲームを受けなくちゃいけないんでしたね・・・。自分も少々生意気だったので、甘んじて受けさせていただきます。小鳥か靴下か法螺吹きか使いっぱのどれかから選べとのことですが、一つずつ月替わりで使用させていただきます。うまキュレに貢献させていただくためにも、小鳥で4週分、靴下で4週分、法螺吹きで4週分、使いっぱで4週分、それぞれのネーミングでページビューランキングで1位を取ります。すべてのネーミングで4週分1位を取ったら、元に戻すか、別のキャッチフレーズにしても良いですよね?」

と返した。

そしたらこう返ってきた。

「お!全部やるの!面白いじゃん!3号も納得してるぞ!あとは、どのネーミングから行くのか編集長と話しといてな!7号お疲れ(笑)」

よし!予想通りの返信だ!

何が予想通りかって?

簡単に解説する。
俺がコラムを書く。
うまキュレには毎週ページビューランキングが掲載される。
そのページビューランキングの1位にはほぼ俺か1号のアニキが居座っている。

となるとだよ!2号、3号、4号、5号、6号はさ、靴下の7号や小鳥の7号や法螺吹きの7号、しまいには、使いっぱの7号にランキングで負けるわけよ!

ふははははは!
不様で笑えるだろ(笑)

小鳥のページビューに負ける3号の面をニヤニヤしながら拝めるって寸法よ!

1号のアニキの返信メールの最後に(笑)って入ってるだろ?
あれが、あの人の癖な!簡単に言えば「Good Job!」って感じの意味合いで使うことが多い。
それ見て、1号のアニキは「3号にも同時に色々仕掛けたな!」と確信したわ。

さーて、こうなったら、大好きな夏競馬だし、コラムの更新がんばって、小鳥や靴下や使いっぱや法螺吹きのページビューランキングに負けちゃう覆面馬主軍団でもじっくり拝見させてもらっちゃおうかね!

ブログ時代からの俺の読者諸氏!協力してくれな!
俺のコラム更新したら、ツイッターとかフェイスブックで拡散してくれよ!

ま、1号のアニキにはたまにページビュー負けちまうけど、それはそれで良いわ!
3号だけじゃなく、傍観してる2・4・5・6号にも同じ目見させてやるぜ!

おーい!
2号、3号、4号、5号、6号!
それがイヤなら頑張ってページビュー集めろよ!

いやぁ、楽しい、結末だ!


しみじみ舟歌モードは一瞬で終わっちまったが、いい感じでハートに火がついたわ。
ダービーからダービーへ。
心機一転コラム書いちゃおうかね~!

あ・・・でも、一つだけやっぱり残念。

バター小鳥は見たかった・・・

ということで、今週末からは「小鳥の7号!」で行くぜ!

じゃーな!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line