TOP > 競走馬 > 「ヴァンセンヌ」馬場が柔らかくなれば勝機UP!?【2015年マイルチャンピオンシップ】
競走馬

「ヴァンセンヌ」馬場が柔らかくなれば勝機UP!?【2015年マイルチャンピオンシップ】

近走は毎日王冠、天皇賞(秋)と中距離路線を使ってきたが結果がでなかったヴァンセンヌ。今回は3勝をあげている得意のマイル戦。安田記念ではクビ差届かなかったモーリスなども出てくるがどこまで巻き返すことができるのか。ヴァンセンヌについてまとめてみた。
ヴァンセンヌ

ヴァンセンヌの血統!母の父は名マイラーのニホンピロウイナー!

inyofu 母の父ニホンピロウイナーは Abernant≒チャイナロック3×2。いずれも Hyperion と Rustom Pasha(その父 Son-in-Law)の組み合わせで成り立っています。
inyofu フラワーパークは、これらと似た組成(Hyperion と Son-in-Law の組み合わせ)を持つ Aureole が入ります。とくにチャイナロックと Aureole は構成がよく似ているので、チャイナロック≒Aureole 3×5といってもいいでしょう。
inyofu ディープインパクトは、その5代母 Hypericum が Aureole と4分の3同血です。なおかつ、チャイナロックと相似な血でもあります。

【東京新聞杯】連勝伸ばして重賞初制覇!

スタートはあまりよくなかったが、スローペースの中、中団を追走。直線コースでは、前が空くと伸びをみせて、残り200mでは早くも先頭に立つ。そのまま後続の追撃を振り切ってゴールを駆け抜けた。
動画を見る
以下はレース後の福永騎手と松永幹夫調教師のコメント
inyofu 1着 ヴァンセンヌ(福永騎手) 「スタートを上手に出ました。行きたがる面を見せて、3コーナーまで苦労しましたが、前に馬を置いて内で脚をためられました。直線では、あまりにスムースに前が空いたので早めに先頭に立ちすぎてしまいました。まだ行きたがる面があるし、速い時計へ対応出来るか、課題はありますが、この先、楽しみな馬です」
inyofu (松永幹夫調教師) 「渋った馬場に実績があるし、今日は雨が降っていたので楽しみが増しました。レースでは最後はヒヤヒヤしましたが、最後まで我慢してくれました。やはり力のある馬です。春の目標は安田記念です。脚元の様子を見ながら、その前に一戦使うつもりです」

【安田記念】直線詰まるも外に出されて一気の伸び

比較的いいスタートをきるも控えて後方からの展開。余裕のある手応えで直線コースを迎えると、内に進路をとる。しかし、そこから行き場を失い、残り200mあたりで外に持ち出されて一気の伸びをみせるも先に抜け出したモーリスをかわし切れずに2着に惜敗。
動画を見る
以下はレース後の福永騎手と松永幹夫調教師のコメント
inyofu 2着 ヴァンセンヌ(福永騎手) 「あそこまで行ったら勝ちたかったです。最後はいけると思ったのですが、もうひと伸びされてしまいました。この馬も頑張ってくれています」
inyofu (松永幹夫調教師) 「よく伸びてきましたね。直線で少し詰まりましたが、その分、脚がたまったとも言えますし、うまく立ち回っていると思います。この後はリフレッシュに出して秋に備えます。秋は、天皇賞も含めて路線を考えたいと思います」

【天皇賞(秋)】見せ場作れず大敗

横一線のスタートから控えて中団後ろからの展開。3角あたりからポジションをあげて先団へ。しかしそこから伸びがなく18着に惨敗。
動画を見る

【マイルチャンピオンシップ】前走大敗も問題なし!

inyofu 「前走は2コーナーでゴチャついた時に外に出したらそこから掛かってしまって…」と松永幹師は18着に大敗した天皇賞・秋を振り返る。「具合は今回の方がいいし、先週は初めてCWで追って跳びを大きくしました。あまりタイムの速い馬場だと厳しいですが、適度に時計がかかれば」。

前走天皇賞(秋)組が最多の5勝!

過去10年の結果を振り返ると前走で天皇賞(秋)を使った馬がトップの5勝をあげている。結果からみると2000mは合わなかったが、天皇賞(秋)を使ったことがプラスに働きそうだ。

前走は天皇賞(秋)に挑戦し大敗を喫するも、道中のアクシデントで前に壁をつくることができず折り合いを欠いてしまったことが敗因だった。直線では追われることなく流したことで疲れが残らず状態は良い。春の安田記念ではモーリスにクビ差まで迫ったレースぶりからも、やはりベストはこの距離。得意のマイル戦に戻って前進必至だ。




side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line