TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの3号】安田記念
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの3号】安田記念

馬キュレ
安田記念(GⅠ)
3歳以上 芝1600m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京芝1600m】

※過去10年の傾向です。

攻略のカギ

●傾向
1、人気と配当
①人気(3.0.0.7)、②人気(3.1.0.6)。トータル6勝は人気に応えているといえるが、2着は1回のみで明らかにムラがある。2着数は③⑤⑩人気が全人気中トップタイの2回。2桁人気の方が①②人気よりも2着数が多いところに当レースの難解さがうかがえる。馬連平均配当は8638円。過去10年中5年で万馬券が出現していて荒れ模様。それもこれも07年のダイワメジャー以外に春秋マイルGⅠを制覇した馬がおらず、同路線におけるメンバーの力関係が例年接近していることも無縁ではなかろう。また、3連単となるとさらに荒れていて、10年中7回が10万以上。①②人気が6勝でこの有り様は、ヒモが大きく狂いやすいことの証明。このあたりは十分に注意を払いたい。

2、ステップ
(2.2.1.41)と連対数がトップの京王杯SC組だが、出走頭数と比べれば信頼度は物足りない。京王杯組の取捨基準は着順よりも着差。負けた馬は0秒5差以内が本番通用のライン。一方、(2.1.0.1)と信頼度が高いのはドバイDF組(※今年は該当馬なし)。日本の中距離界のトップに立つ馬ばかりが該当し、例年メンバーが実力伯仲といってもさすがに結果を出す。ヴィクトリアマイル組も2勝だが、いずれもウオッカ。GⅠ5勝のアパパネも惨敗しており、牡馬混合GⅠでも好走するような女傑でないと厳しい。他なら大阪杯組が(0.2.1.2)と勝ち星こそないが安定している。(0.2.5.30)と出走頭数の多いマイラーズC組は3着数がトップ。3連単購入の際は覚えておきたい。

3、重賞実績(GⅡ勝ち以上。東京の重賞ならさらに良し)
過去10年の3着以内の重賞実績を見てみると、GⅠ勝ち馬=14頭、GⅡ勝ち馬=11頭、GⅢ勝ち馬=3頭、GⅠ・GⅡ連対=2頭。賞金的に重賞勝ちぐらいないと出走すら厳しいだけにこういった傾向になるが、線引きすれば30頭中25頭が該当するGⅡ勝ち以上。また、そのGⅡ勝ち以上の重賞内容も見てみると、GⅠは天皇賞(秋)、NHKマイルCの勝ち馬が3頭とトップで、GⅡは京王杯SC勝ち馬が4頭でトップ。つまり、東京のGⅡ以上で実績があると、好走に繋がりやすいともいえる。
★モーリスは前走、桁違いの末脚で初重賞制覇とはいえ、あくまでもGⅢ。東京は過去に1回走った京王杯2歳Sで6着。過信禁物。

4、距離実績(スタミナ勝負は過去の話!?高速馬場への対応がカギ)
香港馬を除く3着以内26頭中11頭に芝2000m以上の勝利実績があり、残る15頭中9頭に芝1800mの勝利実績があった。タフといわれる東京の芝マイル戦はスタミナの裏付けが必要だとずっといわれているが、例外(マイルまでしか勝ち鞍のない馬)の6頭中5頭が過去に集中し、さらに芝2000m以上の優勝実績があった馬も過去5年でたったの3頭だけ。実際、走破時計も14年は不良だったが、10、12、13年が良馬場で1分31秒台の決着。馬場整備力の向上もあって、スピードがより試される舞台に変貌しているのかもしれない。今後は、距離実績はもとより、持ち時計など高速決着に対応できるスピード力の有無もしっかりと認識しておきたい。
★ヴァンセンヌは東京新聞杯勝ちがあるものの、稍重で1分35秒7と平凡な勝ち時計。他のコースでも速い時計がないだけに…?

●波乱の主役

5、前走重賞組に交じって前走オープン特別組が大激走
時に前走オープン特別組が穴を出すので注意したい。記憶に新しいところだと、10年⑧人気1着のショウワモダンが前走メイS、05年⑩人気2着のスイープトウショウは前走都大路S。古くは01年⑮人気2着のブレイクタイムが前走オアシスS、さらに94年⑩人気2着のトーワダーリンが陽春S。さすがに前走オープン特別だと実績馬でも人気の盲点になりやすい。大穴はこうした組にも埋もれている。
★ワンパンチ足りないサトノギャラントも、前走58キロを背負って谷川岳Sを快勝。良血馬の一発に要注意。

●これが危険

6、④人気
ダンスインザムード、スズカフェニックス、アパパネ、カレンブラックヒル…いずれも④人気で散った国内GⅠ馬である。まるでオカルトだが、安田記念の④人気は(00010)と上位人気では唯一馬券に絡んでいない。14年もグランデッツァが11着に惨敗。3年連続で④人気は見せ場すらなく2桁着順で負けている。

7、GⅠ連対実績がなく前走2着以下
前走2着以下で連対した馬は12頭いるが、10頭はマイルGⅠで連対実績があった。例外の2頭のうち、05年2着スイープトウショウは秋華賞1着馬。13年2着ショウナンマイティは宝塚記念3着とGⅠ連対実績がなかったが、前走の大阪杯がオルフェーヴルに0秒1差の2着ならば勝ちに等しい内容と考えていいだろう。
★前5走3着以内と堅実なサンライズメジャーもGⅠは出走すらしたことがなく…。

データ総合の結果
推奨馬は4頭!
1頭目=サクラゴスペル
2頭目=サトノギャラント
3頭目=フィエロ
4頭目=ミッキーアイル

3号でした!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line