TOP > 予想/馬券 > 左回りと58kgの実績が必要!?【第65回安田記念】予想まとめ
予想/馬券

左回りと58kgの実績が必要!?【第65回安田記念】予想まとめ

6月7日(日)東京競馬場で行われるメーンレース【第65回農林水産省賞典 安田記念】今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu 前走の着順と格に注目

過去10年の優勝馬10頭中、2012年のストロングリターンを除く9頭は、前走の着順が「3着以内」だった。前走で上位の着順に入っていた馬が強いレースと言えるだろう。
inyofu 前走での位置取りがポイント

過去10年の出走馬の中で、前走がJRAのレースだった馬のうち、そのレースの4コーナーを「3番手以内」で通過していた馬は、3着内率8.3%と苦戦している。ちなみに、該当馬延べ36頭のうち、単勝2番人気以内の支持を集めていた馬は5頭いたが、いずれも4着以下に敗れている。先行タイプの馬は過信禁物と見るべきだろう。
inyofu 近年は左回りのGI に実績のある馬が好成績

過去4年の3着以内馬12頭中8頭は、JRAの左回りの競馬場で行われた牝馬限定を除くGI・JpnI で3着以内に入った経験がある馬だった。一方、その経験がなかった馬は優勝例がなく、3着内率も9.5%にとどまっている。近年の傾向を重視するなら、今回と同じ左回りの競馬場で行われた牡牝混合のGI で、上位に入った経験がある馬を高く評価したい。〔表6〕
inyofu ×7歳以上で単勝オッズ30倍以上
(0-0-0-20)
×関東馬&関東所属騎手騎乗で単勝オッズ30倍以上
(0-0-0-24)
△関西馬&関西所属騎手騎乗で単勝オッズ20倍以上
(0-0-2-29)
×前走10着以下
(0-0-0-19)※海外除く
×前走1秒以上負け
(0-0-0-18)※海外除く
×前走10番人気以下
(0-0-0-12)
×前走6番人気以下且つ4着以下
(0-0-0-16)※前走G1除く

東京芝の騎手&種牡馬別成績(2010年以降)

inyofu 横山典弘(35-24-13-135) 16.9% 28.5% 34.8%
蛯名正義(34-21-19-172) 13.8% 22.4% 30.1%
戸崎圭太(23-10-10-107) 15.3% 22.0% 28.7%
内田博幸(16-18-21-130) 8.6% 18.4% 29.7%
田辺裕信(11-14-19-129) 6.4% 14.5% 25.4%

福永祐一(11-10-12-66) 11.1% 21.2% 33.3%
岩田康誠(10-8-10-51)  12.7% 22.8% 35.4%
吉田豊 (10-6-13-173)  5.0% 7.9% 14.4%
武豊  (5-7-4-60)   6.6% 15.8% 21.1%
M.デム(5-2-3-19)   17.2% 24.1% 34.5%

ルメール(3-1-4-20)   10.7% 14.3% 28.6%
池添謙一(3-1-1-22)   11.1% 14.8% 18.5%
柴山雄一(2-6-7-78)   2.2% 8.6% 16.1%
浜中俊 (2-3-4-35)   4.5% 11.4% 20.5%
川田将雅(1-3-1-21)   3.8% 15.4% 19.2%

川須栄彦(1-1-0-11)   7.7% 15.4% 15.4%
武幸四郎(0-1-0-6)    0.0% 14.3% 14.3%
inyofu ディープインパクト(43-36-23-204) 14.1% 25.8% 33.3%
キングカメハメハ (23-22-22-177) 9.4% 18.4% 27.5%
シンボリクリスエス(20-16-16-128) 11.1% 20.0% 28.9%
ダイワメジャー  (20-10-14-123) 12.0% 18.0% 26.3%
アグネスタキオン (9-9-10-99)   7.1% 14.2% 22.0%

ダンスインザダーク(6-6-7-92)   5.4% 10.8% 17.1%
サクラプレジデント(3-3-2-60)   4.4% 8.8% 11.8%
スズカマンボ   (1-1-3-20)   4.0% 8.0% 20.0%
スクリーンヒーロー(0-1-3-17)   0.0% 4.8% 19.0%

良馬場でやれれば フィエロ

inyofu 休み明け緒戦のマイラーズCは単なる “ ひと叩き ” 次につながるレースはできている。 昨年の安田記念は馬場に泣き8着、マイルCSはハナ差の2着。 良馬場でやれればチャンスは十分にある。
昨年のマイルチCSで勝ち馬のダノンシャークとハナ差の2着に好走したフィエロ。前走の読売マイラーズCでは前が壁になって3着。重賞タイトルこそまだ獲得していないが、能力はここでも引けを取らない。

勝ち馬の条件を満たせている ミッキーアイル

inyofu 正直ここしかないかな、と考えています。 スタートよく、二の脚は最速。それでいてペース作りもできるまで 馬が成長しました。さらに決め手も持っている上、馬場が悪くても 対応できます。 混戦ですが、ハナ差リードしている印象ですね。 また、データからも近4年の勝ち馬パターンに乗っていて 唯一勝ち馬の条件を満たせているのもこの馬です。
前走の高松宮記念で、初経験の1200mにもすんなりと対応し、稍重馬場をものともせず、見せ場十分の3着に好走。近走は好位からの競馬でも勝ち負けを演じている。脚質に幅が出てきたことで、安定感がグンとアップしてきた。

実力は本物 ダノンシャーク

inyofu 安田記念の好走馬は58kgを背負って連帯実績のある馬が多いのでそこから今年は攻めたい。 やはり信頼できそうなのはダノンシャークか昨年念願のG1制覇をマイルCSで、この安田記念においても3着、4着と走破時計も優秀であり、良の高速馬場ならなおさらよいと思うが昨年のような不良であっても崩れていない。暫定のような形でマイル王の一角に繰り上げられた感はあるが実力は本物。ここで新マイル王の称号を決定つけそうだ。
昨年のマイルチャンピオンシップを優勝。前走の阪急杯は、約3か月の休み明けに加えて、デビュー以来最も重い馬体重での出走。力を要する不良馬場に切れ味を削がれ、直線で伸び脚を欠いて5着。勝ち切る競馬少ないだけに、マイル王として確固たる地位を築けるか注目の一戦だ。

東京マイルは得意 クラレント

inyofu 重賞はたくさん勝つのだけれど、 GⅠではだめというふうに完全に印象ができあがっていて、 議論の俎上にも上がらない馬かもしれないけれど見直してみたい。 僕の中では、減点材料が最も少なかった馬なのですよね、、 東京マイルは得意で、重賞をいくつも勝っているし、マイルカップでも3着。 安田記念は10着になってしまっているが、あれは不良馬場だったので度外視してあげてもいいと思う。
近走は外枠続きで力出し切れないが、実績だけならメンバー中でも上位。近走の成績悪く人気は落ちそうだが左回りのマイル戦はベストなので、流れ次第では巻き返しの余地もありそうだ。

メンバー中唯一の距離短縮 カレンブラックヒル

inyofu ダイワメジャー×GrindstoneのS系。前走大阪杯組は(1-2-2-4)と好相性。昨年は激走後だったので、臨戦的には今年の方が上。またメンバー中唯一の短縮で異端性もある。問題は脚質の幅が無い点。武豊なら差しに回るはずで、そこで差して来られるかどうか。
2012年のNHKマイルC優勝馬。前々走の小倉大賞典で、トップハンデの58kgを背負いながら優勝。近走は中距離路線がメインで、今回は、昨年の安田記念(9着)以来1年ぶりに1600mへ出走するが、過去の実績から距離への不安はない。

前走の内容からここでも十分勝負 モーリス

inyofu 復帰後3連勝でG1初挑戦。デビュー当時から見せていた高い素質にようやく成績が追い付いてきた印象で、ゲートの甘さや末一手の脚質など粗削りな面はあるが、豪快な末脚で2着以下をちぎり捨てた前走の内容からここでも十分勝負になりそうだ。
新興勢力の筆頭格と言えるのがモーリス。3連勝で重賞初制覇を飾った前走のダービー卿CTでは、出走メンバー中最速となる上がり3ハロン33秒0の末脚で豪快に突き抜け、後続に3馬身1/2差をつけて快勝した。新たなスターホース誕生なるか、目が離せないがやや人気先行で買いづらいか。

堅実タイプでマイルは上手い ヴァンセンヌ

inyofu 4連勝で重賞を制し、前走の京王杯SCでも上がり最速で2着確保したディープインパクト産駒の新星。上昇度ならメンバー中1,2を争う存在で、末脚は確実なのであとは上手く捌いて来れるかどうか。ダービーではやや下手乗りの印象もあった福永騎手だが、基本的には堅実タイプでマイルは上手い。ここも上位争いになりそうだ。
約3か月半の休養明けとなった前走の京王杯SCでは、レースの前半スローペースの中、出走メンバー中最速の上がり3ハロン32秒7の末脚を繰り出し、勝ち馬のサクラゴスベルとアタマ差の2着に好走。今回は、休み明けを1度使われた上積みが見込める上、距離延長は歓迎だ。

みんなの予想は


うまキュレ班の本命は、2頭のNHKマイルカップ優勝馬に迷った後、ミッキーアイルを軸に決定。前走初の1200mの高松宮記念の3着はフロックでは出せない。9着のサクラゴスペル、13着のストレイトガールが、京王杯SC、ヴィクトリアマイルを優勝しているところから高松宮組のレベルは高いと判断。距離400m延長が気になるが、左回りと58kgの実績を重視する。今回も上記6頭&サクラゴスペル、ダイワマッジョーレ。パドックが良ければサンライズメジャーまで手を出して3連複を狙う。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line