TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】安田記念予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】安田記念予想

馬キュレ
7号だ。

安田記念はまさに混戦のレースだな。
どういった切り口から入るかで全く予想の中身も変わってくるレースになる。
展開重視か格や血統重視か出来重視か。

58キロの斤量を未経験の馬も多い。
その上で、1分32秒前半の時計で走破出来るだけのスピードを持続させるだけのパワーも必要だ。

1人気のモーリスは58キロを初めて背負う上に東京は未勝利で左回りも2歳時の京王杯以来2戦目。
2人気のフィエロは左回り[3:0:1:2]も3勝は下級条件時の中京のみ。その中京でも500万下で11着、東京では1000万下で3着とポカに近い取りこぼしも見られる。
3人気のヴァンセンヌは58キロこそ背負っているが、マイルの持ち時計が1分35秒3が最高。
4人気ミッキーアイルも古馬になってからはマイルベストとも言えず、1400m以下の方が好成績を上げている。

スピード能力の高いディープ産駒で勝ったのは3歳時に54キロの斤量で勝ったリアルインパクトのみ。 今年もダノンシャーク、ミッキーアイル、リアルインパクト、フィエロ、ヴァンセンヌ、エキストラエンドと6頭を送り込んでいるがどの馬にも一長一短ある。

とまぁ、こんな感じで迷っている風ではあるのだが、軸馬は当の昔に決めている。
軸馬を決めたのは4月26日のマイラーズCの日。

1人気で3着に敗れたフィエロ。
あの当時で出来は7分程度だった。

以前から能力はGI級と言われながら無冠に終わっている馬。
昨年の安田記念は最悪の馬場で出負けしのめりっ放しでコンマ8秒の8着だったが、ある意味能力を証明した一戦でもあると思っている。
マイルCSでしっかり2着を確保し、あとはいつ戴冠するかを待つだけとなった。

そんなフィエロの海外帰り後の初戦がマイラーズC。
7分の出来でも勝てると思っていたが、痛恨のイン詰まり。
ま、戸崎も乗りミスは認めているし、テン乗りだったからといういいわけも聞いてあげたいと思う。ただし、手が合うのか?という意味では少々不安も残る。特に、今週の追い切り。元気が良すぎてガツンと掛かりそうな雰囲気がムンムンしていた。ミルコやルメールだったら、はいこのメンバーなら頭鉄板ですよ!と豪語している所なのだが、大ポカをやらかす事も多い戸崎となれば、若干割り引かざるを得ない。ヴィクトリアマイルのストレイトガール、有馬記念のジェンティルドンナの様に、能力は有りながら人気を下げていて気楽に乗れるという馬でアッと言わせることは出来ても、上位人気でのGIにはまだ不安が残る。

とはいえ、マイラーズCは7分の出来。
ここ最近は、皐月賞でサトノクラウンが仕上げ過ぎ、ダービーではリアルスティールが仕上げ過ぎ、と若干オーバーワーク気味の馬が人気を背負って敗退しているが、この馬は元々叩き良化型のタイプでその点も心配ないだろう。折り合い面に関しては難しいところもあるが、前走後も栗東まで調教を乗りに行っている鞍上にここでは期待したい。陣営も、ストレイトガールのヴィクトリアマイルの時よりも自信がみなぎった表情をしている。

ちなみに、戸崎騎手だが、モーリスとフィエロの2者択一でフィエロを選んだのではなく、モーリスがダービー卿CTを勝つ前にフィエロに乗ることが決まっていたのでフィエロに乗るという形であることは付け加えておく。

◎10フィエロ
〇2ダノンシャーク
▲13ヴァンセンヌ
☆6モーリス
△1サンライズメジャー
△16カレンブラックヒル
△8レッドアリオン
穴14サトノギャラント

さて、フィエロ以外の話。
ダノンシャークはマイルGIの常連でマイルCSの勝ち馬。その割には人気が無いし、リピーターが多い安田記念では忘れちちゃならない存在で、内枠の岩田。昨年の4着馬でありここでも上位に評価する。▲ヴァンセンヌは時計面の裏付けが無いことだけが不安でこの評価まで。☆モーリスも左回りはやってみないと分からないし、ゲート不安もあるし、折り合い面もテン乗りでこなせるか微妙。能力あるがここは☆までの評価。△サンライズメジャーは内にモタれる馬で、ラチを頼れるこの最内枠は絶好の枠。この枠で好位で折り合えると、馬券圏内に食い込むこともある。△カレンブラックヒルはマイラーだと思っているのに、1800m以上を使われている。適距離じゃないのによくやっていると見れば、ベストのマイルなら一発有っても不思議ない。△レッドアリオンはよほど川須との手が合うんだろう。走りが一変している。穴サトノギャラントのお婆ちゃんはスティンガー。今回は前がけん制し合ってそれほど速いペースにはならない可能性も有るとみているが、何か1頭がかかって暴走するとハイペースもあり得る。その際に浮上する余地はある馬なので押さえる。過去の大穴馬もOP特別組に多かった。

切った馬に関しては、ダイワマッジョーレは57キロまでの馬なんじゃないか?と思っている。馬格も小さいし58キロでは厳しいておみている。ミッキーアイルは1400mまでの馬かと。リアルインパクトの海外競馬も含めたここ3戦は確かに凄いのだが、一度もう終わった馬と見立てた以上ここでは切る。ケイアイエレガントはヴィクトリアマイルよりも更に調子を上げている模様。体調の良さで言えば三重丸を付けてもいいくらいだろうが、牡馬相手に斤量が1キロ増えて前走と同じような楽な競馬が出来るか?となると厳しいと見る。

見解は以上。

買い方は
◎10フィエロからの馬連を印に7点と、

戸崎ポカでフィエロが3着だった場合の3連単3着固定流しを押さえる。

1着 1・2・6・8・13・14・16
2着 1・2・6・8・13・14・16
3着 10

この42点を押さえて買う。

7号の安田記念は以上だ。

じゃーな!

↓他の覆面馬主の見解は以下で↓
血統の1号⇒コラム
1点勝負の2号⇒コラム
データの3号⇒コラム
未勝利の4号⇒コラム
イケメンの5号⇒コラム
砂の6号⇒コラム

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line