TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】6月7日(日)東京12R『三浦特別』 予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】6月7日(日)東京12R『三浦特別』 予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

本日の予想レース東京11R『ヴィクトリアRC』は◎スノーモンキーが全く伸びずに10着に沈み、残念ながら不的中という結果に。。
“馬ごみで揉まれないとダメ”という情報はありましたが、そこは勝手を知っている戸崎騎手なので心配をしてなかったのですが。
前走も行きっぷりが一息だったので、なにか体調に問題があるのかもしれませんね。しばらくは様子見でしょうか。

おまけの阪神8R『3歳上500万下』のほうは『△→◎→△』の順で決まり『馬単2,300円、三連単9,900円を的中!』となりました。
こちらは降級馬狙いが成功。◎ヒラボクレジェンドは休養明けのため単勝3.2倍というオッズでしたが、何とか2着は確保。
同じく降級馬のキーアシスト(単勝3.4倍)は4着だったので、前走の着順データ(前走上級3着馬=連対率55%、前走上級5着馬=連対率21%)が当てはまった感がありました。

さて、明日日曜日のターゲットは、ダート1600mで行われる東京12R『三浦特別』(3歳上1000万下)。
昨年の勝ち馬は、現在交流重賞で活躍中のトロワボヌール。そして2012年の同時期に開催された青梅特別の勝ち馬はホッコータルマエ。
出世レースの匂いが漂う注目の一戦です。

では、恒例となった簡単なコースの説明から ※昨日と同じ内容になります。。
東京ダート1600mは、GIフェブラリーSが行われるお馴染みのコース。スタート地点が芝なため、外枠に芝がダメな馬が入ると行き脚がつかない。
スタートからしばらく下りが続くためペースが早くなりやすく、最後の直線に待ち受ける坂と相まってスタミナが問われる。
初コースとなる馬を狙う場合には、距離短縮組の方が良い。また、クラスに関わらず逃げ切りが難しいコースとしても有名。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★東京ダート1600m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:Deputy Minister系 系クロフネ(32勝)
・勝率 :ミスプロ系エンパイアメーカー(約42%)、勝ち数は10位
・連対率:ミスプロ系エンパイアメーカー(約61%)
・単回収:ミスプロ系エンパイアメーカー(回収値239)
・複回収:ミスプロ系エンパイアメーカー(回収値121)

エンパイアメーカーが特定の産駒で荒稼ぎしているため、すごい数字に。。
一応、目安として各項目の2位の成績も挙げておきます。
・勝ち数2位 ゴールドアリュール(30勝)、・勝率2位 フレンチデピュティ(12%)、・連対率2位 フレンチデピュティ(25%)、
・回収値単2位 ゴールドアリュール(152)、・複2位 ネオユニヴァース(97)


★☆日曜東京12R・『三浦特別』の予想☆★

参考にするレースは、今回と同じ条件で行われた昨年の三浦特別と2012年の青梅特別。

①傾向
過去2回の配当は、2014年_1,110円、2012年_1,070円。

②馬齢
連対馬4頭中の馬齢は、3歳~4歳。3歳馬が3連対と優勢。
今年は3歳馬の出走はなく、4歳馬が中心か。

③人気
過去の連対馬の人気  ※カッコ内は左が1着
2014(3→1人気)
2012(1→4人気)

1番人気が2年連続で連対中。

④位置取り
過去の連対馬の4角位置  ※カッコ内は左が1着
2014(9→7番手)
2012(2→5番手)

⑤所属
関東馬が2連対、関西馬が2連対で互角。

・種牡馬
複数回連対している種牡馬なし

⑥騎手
相性の良い騎手は蛯名騎手で3着2回。

⑦コース実績
東京1600mでの勝利実績があった馬が2頭。残りはコース未経験の関西馬。


さらに、連対馬に関する前走データから目に付いた項目は以下のとおり。

⑧前走間隔
連対馬4頭すべてが、4月以降に前走を使われていた。

⑨前走レース ※カッコ内は着順
前走OPレース組が2連対(3、3)※いずれも3歳OP
前走1000万下組が1連対(1)
前走500万下組が1連対(1)

⑩前走距離
前走距離は1600~1800。前走条件戦の2頭は共に東京1600mで勝利していた。

データは以上。2回分のデータしかなく信頼性としては物足りない。
しかし、3歳馬のいない今年は、⑨、⑩のデータから東京1600mの条件戦で好成績を残している馬から狙うのがよさそうだ。

今年のメンバーで、前走東京1600mのレースで好成績を残している馬は4頭。(カッコ内は着順)

 メガオパールカフェ(1)
 ハコダテナイト(3)
 ヤンキーソヴリン(4)
 ニットウビクトリー(5)

この4頭はすべて5月16日に行われた1000万下のレースで直接対決していた馬。
この着順をそのまま評価するかが今回の予想のポイントになりそう。


☆結論☆
◎9メガオパールカフェ
○15サトノアルバトロス
▲1ジャッカスバーク
△3ヤンキーソヴリン
△4アクションバイオ
△7ハコダテナイト
△14オメガスパーキング

今回本命に推したいのは◎メガオパールカフェ。
前述のメンバーから逆転できそうな馬がいるかデータ的な観点から探してみたが、これという決め手がある馬がいなかった。
それならば、前走の着順をそのまま評価するのが良さそう。

メガオパールカフェは前走で最後は2着馬に詰め寄られるシーンがあったが、3着以下には完勝といえる内容で500万下→1000万下を連勝。
もともと勝ち味に遅かった馬が、ここにきて連勝をしているのは本格化の気配を感じさる。
勝って1000万下同条件なら、連勝をさらに伸ばせそうだ。

フジキセキ産駒のこのコースの成績は(16-18-15-149/198、勝ち数7位、連対率17%)と問題なし。
鞍上の武豊騎手のこのコースの成績は(5-12-7-51/75、連対率23%)と2着が多いのが気掛かりだが、連対率に関しては信頼できそうな数字。
さらに、このコースの武豊騎手X小島調教師コンビの成績は(2-5-3-6/16、連対率44%)で信頼度が大幅アップ。
複回収値も140と高く、オッズ次第だが複勝1点に賭けても良さそうな数値だ。

○は、降級馬のサトノアルバトロス。
ブライアンズタイム産駒のコース成績(勝ち数5位、21-20-21-131/193、連対率21%)は優秀。
鞍上の三浦騎手のコース成績は(25-24-22-240/311、連対率16%)と悪くはないのだが、三浦騎手X萩原調教師のコンビだと成績が(5-3-0-16/24、連対率33%)となり、こちらも信頼度がアップ。

▲は、昨年の2着馬ジャッカスバーク。
昨年のこのレースで勝ち馬トロワボヌールから0.1秒と差のない2着に入った実績を評価。ただし、休養明けのため少し割り引きが必要。

△は、以下の4頭。
前走でメガオパールカフェと差のない競馬をしているヤンキーソヴリンとハコダテナイト。
本来の先行策が取れれば見直せるアクションバイオ。距離延長も味方しそう。
このコース(8-3-4-11/26、連対率42%)という成績のルメール騎手が乗るオメガスパーキング。

馬券の本線は馬単
 ◎ ⇔ ○▲△へ

少額で1頭軸の3連単マルチ
 ◎ → ○▲△へ

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の東京ダート1600mが対象

-----------------------
★☆おまけ、の日曜阪神7R『3歳500万円以下』の予想☆★

おまけは、阪神ダート1800mで行われる3歳500万下をピックアップ。

本日に続き、明日も降級馬を狙い撃ちます。

まずは、降級馬のデータを本日も掲載し、降級馬の信頼度の高さを再認識しましょう。

☆過去5年、6月の東京、阪神競馬場で行われた500万~1600万のデータ☆

前走、同級1着(12-14-5-45/76、 勝率16%、連対率34%、回収値単81、複77)
前走、同級2着(15-14-12-68/109、勝率14%、連対率27%、回収値単105、複88)
前走、同級3着(14-9-7-77/107、 勝率13%、連対率22%、回収値単72、複64)
前走、同級4着(2-9-12-80/103、 勝率1.9%、連対率11%、回収値単20、複77)
前走、同級5着(4-13-8-97/122、 勝率3.3%、連対率14%、回収値単29、複84)

前走、上級2着(10-6-2-13/31、 勝率32%、連対率52%、回収値単240、複114)
前走、上級3着(11-5-1-12/29、 勝率38%、連対率55%、回収値単107、複84)
前走、上級4着(7-4-9-12/32、  勝率22%、連対率34%、回収値単66、複105)
前走、上級5着(0-4-5-10/19、  勝率16%、連対率21%、回収値単0、複99)


☆結論☆

 ◎3ネオジェネシス
 ○5オウケンゴールド
 ▲4ヴァンクウィッシュ
 △7トラヴィス
 △10オルナ
 △13ラルゴスパーダ
 △15マヤノパーチェム

◎は、ネオジェネシス。
前走上級2~4着馬は“黙って買い”ということで、今回該当するのはネオジェネシスとオウケンゴールドの2頭。
この2頭の中では、幸騎手のこのコースの成績(25-34-37-253/349、勝ち数5位、連対率17%)の良さに注目し、本命はネオジェネシス。

○は、対抗評価の降級馬オウケンゴールド。

▲と△は、このコースで相性のよい種牡馬、騎手のデータからピックアップ。

馬券の本線は馬単
 ◎ ⇔ ○▲△へ

少額で1頭軸の3連単マルチ
 ◎ → ○▲△へ

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の阪神ダート1800mが対象

以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line