TOP > 競走馬 > 【2015年マーメイドS】距離はバッチリ! 実力はここでも通用! リラヴァティ
競走馬

【2015年マーメイドS】距離はバッチリ! 実力はここでも通用! リラヴァティ

格上挑戦となった前走の福島牝馬Sで2着に頑張り、賞金加算に成功したリラヴァティ。しかし降級によりオープンクラスではなく準オープンクラスに戻ってしまったが、得意のこの条件で再び賞金を加算し、秋のGⅠレースを目指したいだろう。まとめてみた。
馬キュレ

兄弟もオープンで活躍! リラヴァティの血統

母がシンハリーズ、父がゼンノロブロイという血統で、半兄にラジオNIKKEI杯2歳Sの覇者アダムスピーク、全弟に今年の若駒S覇者アダムスブリッジがおり、2000mを最も得意とする血統である。
リラヴァティの血統詳細はこちら↓

前々で粘りこみ、秋華賞への出走権を獲得! 【2014年ローズS】

チューリップ賞、桜花賞と挑み、休養を挟んだ後に自己条件を圧勝し、続く小倉の1000万特別では4着と敗れ、叩き3走目で迎えたローズS。近走とは戦法を変え、チューリップ賞と同じく積極的にハナを主張した競馬を選択した。結局、最後まで粘りに粘って3着に入り秋華賞への出走権を手にした。

GⅠではきつかったか・・・ 【2014年秋華賞】

先行有利で知られる京都内回りコースに代わり、リラヴァティにとって条件はより良くなった。しかし、大外枠やハイペースの流れに巻き込まれたことが影響したのか、持ち味の粘りを出せず8着に敗れてしまった。

3勝目を挙げる! 【2015年四国新聞杯】

今回のマーメイドSと同じ条件で行われた1000万特別の四国新聞杯。以前好走した時と同じくハナを奪い、かなりゆったりとしたペースでレースを進めると、最後までバテることなく押し切って勝利。見事3勝目を挙げた。

再び重賞で好走! 【2015年福島牝馬S】

格下の身で参戦した小回りの福島牝馬S。9番人気と低評価ではあったが、最後の最後まで見せ場を作り、ゴール前でスイートサルサの強襲にあうも2着に好走して賞金加算に成功した。
inyofu リラヴァティ(丸山騎手) 「逃げ馬を見る形でレースを進めて行きましたが、抜け出してソラを使いました。惜しかったです」

阪神とは好相性! 【マーメイドS】情報

前走後は放牧に出され、リフレッシュをしたそうだ。陣営は、リラヴァティがここへきて充実期を迎えたと考えている。また、阪神コースは昨年の2度のトライアルで好走しているように、相性は抜群である。
inyofu 「(丸山)ジョッキーが持ち味をうまく引き出してくれたことが大きいけど、この馬自身も力をつけているね」と桑村助手。5着ミナレットが続くヴィクトリアマイルで3着と、レースのレベルも低くはなかった。

先週3日の坂路は雨のため4F55秒8とタイムは平凡だが、しっかりした脚取りで先着。「中間は放牧でリフレッシュ。引き続き、いい雰囲気を維持している」と仕上がりは文句ない。阪神芝は【2・0・2・2】の実績で、重賞で連続好走の可能性は十分だ。

リラヴァティのハンデは53キロ。負担重量が53キロだった馬が過去9年で5勝と、データ的には最高である。マーメイドSは実績よりも勢いのある馬が勝つレースであり、この馬にとって条件的には申し分ない。いかに道中で楽なペースで先行し、最後まで余力を残せるかが鍵になるだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line