TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】6月13日(土)アハルテケS・安芸S
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】6月13日(土)アハルテケS・安芸S

馬キュレ
データの8号です。
6週連続のGⅠも終了し、今週、来週はGⅠ、GⅡがなし。
これから夏競馬が始まるにあたって、土曜日に重賞競走がないこともしばしば。

ということで、1号師匠をはじめ、覆面馬主軍団の皆さんに許可をとり、今週から東西のメインレースを中心に最終結論を公開していきたいと思います。

名前も変わり心機一転。
重賞のみならず、東西メインレースを中心に様々なデータを駆使して最終結論を公開していきたいと思います。

無論、ローカル開催が始まれば、そちらも最終結論を公開していく予定ですので、ご期待いただければと思います。

では早速…

■アハルテケS
東京ダート1600m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【東京ダ1600m】

早速傾向と対策を見ていくその前に、まずはアハルテケSの歴史を見ると

09年 1600万下 東京 芝1400m
10年 1600万下 東京 ダ1600m
11年 OP    東京 ダ1400m
12年 OP    東京 ダ1600m
13年 OP    東京 ダ1600m
14年 OP    東京 ダ1600m

現在の条件で行われるようになったのは12年からとなりますので、同競走の傾向と対策は近3年で見ていきます。

東京ダート1600mは芝スタートのコース。
内枠で約150m・外枠で約180m芝を走った後にダートとなります。
そのコース形態の理由もあり、スタート直後に加速をつけらる外枠が有利。
近3年で勝率1位は15番枠の9.9%。連対率も、複勝率共に1位となっております。
逆に、勝率・連対率・複勝率いずれも最下位なのが1番。
GⅠ2週連続勝利を飾った堀厩舎のサトノプライマシーにとっては嫌なデータ。
そしてこのダート1600mというのは、この東京にしかないこと、そして砂が軽い影響で全体的にスピードが要求されることも影響し、JRAの公式データにも出ているほど“適性の有無”が出やすいコース。

では次に種牡馬
今回アハルテケSへと出走する競走馬の父

●ネオユニヴァース 12勝
勝率 8.6% 連対率 13.6% 複勝率 20.7%

●フジキセキ 11勝
勝率 10.6% 連対率 19.2% 複勝率 28.8%

●キングカメハメハ 10勝
勝率 6.1% 連対率 17.0% 複勝率 23.6%

●ステイゴールド 3勝
勝率 5.5% 連対率 14.5% 複勝率 18.2%

●シンボリクリスエス 16勝
勝率 9.9% 連対率 15.5% 複勝率 22.4%

●ケイムホーム 7勝
勝率 13.5% 連対率 23.1% 複勝率 32.7%

●スウェプトオーヴァーボード 2勝
勝率 6.9% 連対率 13.8% 複勝率 13.8%

●アドマイヤムーン 0勝
勝率 0.0% 連対率 0.0% 複勝率 0.0%

●ファンタスティックライト 0勝
勝率 0.0% 連対率 3.8% 複勝率 11.5%

●フサイチコンコルド 1勝
勝率 4.8% 連対率 9.5% 複勝率 9.5%

●ハーツクライ 6勝
勝率 7.8% 連対率 16.9% 複勝率 23.4%

●フレンチデピュティ 6勝
勝率 10.2% 連対率 15.3% 複勝率 23.7%

フジキセキとフレンチデピュティが勝率10%越え。フジキセキに関しては複勝率も高く、30%近くまでになっております。
気になるデータが、今回上位に人気必至となるアドマイヤムーン産駒のジョバンニ。
これまで東京ダート1600mに出走したのが合計19頭。その中で1番人気に推されたのが2頭に3番人気が1頭という状況ですが、複勝率0%。4着2回という成績。

なお、先週砂の6号がこの東京ダート1600mのデータを公開しており、その際圧倒的成績を残していると伝えておりましたエンパイアメーカーの産駒は今回出走しておらず。

続いて騎手
※10鞍以上騎乗

1位 ルメール
2位 ムーア
3位 川田将雅
4位 横山典弘
5位 武豊
6位 戸崎圭太
7位 浜中俊
8位 C.デムーロ
9位 ビュイック
10位 ブノワ

圧倒的数値なのがルメール騎手。2位のムーアが勝率26.7%に対して47.1%と破格の数値。複勝率も70.6%と人気上位馬に騎乗している回数が多いとはいえ、平均人気3.1>平均着順2.9と安心して張れるデータ。
上記の種牡馬の項目ではジョバンニにとって厳しいデータだが、この騎手の項目は大威張りできる。
なお、今年のアハルテケSに騎乗する騎手の中で平均人気より平均着順が下。つまり人気以上の好走を果たしている騎手は以下の通り

石橋脩
津村明秀
吉田隼人
柴山雄一
柴田大知
ルメール
江田照男
吉田豊
大野拓弥

上位人気によく騎乗するジョッキーの場合、平均で人気以上好走するのは難しい。それでも平均を超えてきている騎手は注意が必要。

なお、アハルテケSにレースを絞ると、北村宏司騎手が2勝と相性が良い。戸崎騎手も2戦1勝2着1回だが、共に2人気。北村宏司騎手が騎乗した出走馬は
2人気⇒1着
12人気⇒14着
4人気⇒1着
であり、2勝は抜群の成績と言える。

前走に目を向けると、勝ち馬はいずれも前走重賞競走(中央・地方含む)
2着は3頭共にOPEN特別。

斤量に関しては57、57.5、58キロが勝利。
実績を重要視すべきだろう。
なお、2着も57.5、58.5、そして55キロ。軽ハンデ馬の一発は望み薄。

以上を踏まえ最終結論

◎⑯アドマイヤロイヤル
○⑮サウンドトゥルー
▲⑭ベルゲンクライ
☆②メイケイペガスター
△⑩ジョヴァンニ
△⑥ダノンカモン
△①サトノプライマシー

本命は⑯アドマイヤロイヤル。今回ダノンカモン同様TOPハンデとなる57.5キロではあるが、データでも出ているように注意すべきは実績。実績面で言えば断然の上位であり、この斤量も妥当なもの。フェブラリーSこそ12着に敗退も、2走前の根岸Sでは3着。東京ダート1600mの成績も(3.3.4.4)と好成績。

対抗に⑮サウンドトゥルー
斤量の項目こそデータ的にハマらぬものの、それ以外の項目はピタリとはまる同馬。父フレンチデピュティの成績も良く、鞍上の大野拓弥騎手も、ダート1600mで上位人気に推された際の成績は非常によく1人気には7回騎乗し(3.1.1.2)で、3着を外した2回も共に5着と掲示板は確保している。

買い方
≪本線≫
馬単(裏表)
⑯⇒⑮⑭②⑩⑥①
12点
※表を厚めに

3連複1頭軸
⑯⇒⑮⑭②⑩⑥①
15点

≪少額≫
3連単フォーメーション
1着 ⑯⑮
2着 ⑯⑮⑭②⑩⑥①
3着 ⑯⑮⑭②⑩⑥①
60点

■安芸S
阪神ダート1400m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神ダ1400m】

まず、安芸Sの過去データを検索…としたいところですが、阪神ダート1400m別定で行われているのは近2年のみ。 12年はハンデ戦である為、参考にならずと判断。

なお、近2年の成績を載せておくと…
14年
1着 キョウエイアシュラ 4人気 スウェプトオーヴァーボード
2着 グレイスフルリープ 1人気 ゴールドアリュール
3着 セイラ 6人気 スパイキュール
4着 ヤマノサファイア 11人気 ワイルドラッシュ
5着 ナリタシーズン 5人気 フレンチデピュティ

13年
1着 ナガラオリオン 1人気 アドマイヤマックス
2着 タイセイファントム 4人気 ファンタスティックライト
3着 キズマ 2人気 Discreet Cat
4着 キモンレッド 6人気 サウスヴィグラス
5着 アマノレインジャー 5人気 タイキシャトル

過去2年だけの話ですが、1、4人気が連対率100%。掲示板を確保した馬の父に関しては、良くダート戦の好走馬で出てくるような馬。
では検証データの範囲を広げていきます。

ここからは近3年の阪神ダート1400mのデータ

騎手成績 ※10鞍以上騎乗限定

勝ち星 川田将雅 18勝
勝率  戸崎圭太 30.0%
連対率 松岡正海 40.0%
複勝率 ウィリアムズ 56.3%

阪神ダート1400mにおける成績トップは上記。
単勝回収値では戸崎騎手が圧倒的であり1611。今回騎乗はしていないが、阪神遠征時のこの条件は積極的に狙いたい騎手。
なお今回騎乗する騎手の中では、全ての項目で川田将雅騎手が1位。

また阪神ダート1400mはアハルテケSが行われる東京ダート1600m同様に芝スタートのコース。当然外枠有利…かと思いきや、東京ダート1600mほどではない。複勝率などは確かに外有利だが、連対率となると1位は12番も2位5番、3位2番となっている。

脚質は逃げ・先行勢が成績良く、中団・後方勢の数値は低い。芝スタートを行かし、如何に先行集団に取り付けるかが重要となりそう。

上記項目以外にも馬体重や厩舎と騎手の組み合わせなどなど、様々なデータを検証してみましたが、大きな差が出るようなものはなし。

アハルテケS同様に、コース得意の馬の好走が目立つ点、そして6月に行われる準OPというだけに、降級馬の活躍が目立つという点。

ということで最終結論

◎⑩ニシケンモノノフ
○②サクセスフェイト
▲⑨ゴーインググレート
☆③ランドマーキュリー
△⑧メイショウオセアン
△⑯イースターパレード

本命はニシケンモノノフ。
OPで勝ち負けしてきた同馬。前走は4着と敗退しましたが、体調面が万全とはいえない中でのものであり、今回は準OPとなれば負けられません。この阪神1400mの実績も抜群で、3戦して1勝2着2回。あら探しをしたものの、同馬の実力を跳ね返すだけのデータはなく、となれば安心して大本命に出来ると判断。

対抗には追い切りで抜群の動きを見せていたサクセスフェイト。
阪神ダート1400mでの好走実績もあり、メンバーが揃ったここでも楽しみ。

買い方
≪本線≫
馬単
⑩⇒②⑨③⑧⑯
②⇒⑩

≪少額≫
3連単フォーメーション
1着 ⑩
2着 ②⑨③⑧⑯
3着 ②⑨③⑧⑯

以上8号でした!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line