TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【1点勝負の2号】エプソムカップ予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【1点勝負の2号】エプソムカップ予想

馬キュレ
覆面馬主・1点勝負の2号です!

今日の1点勝負はエプソムカップ。

平場の一点勝負だとオッズが多少変動することがわかったので、今日は重賞で一点勝負したいと思います。
中心は4頭ですね。

サトノアラジン
エイシンヒカリ
フルーキー
ディサイファ

この4頭の馬連BOXを買っておけば当たりそうな感じはしますが、それじゃドキドキ出来ないばかりか取りガミですもんね。
1点勝負の良いところは配当がそれほど高くなくてもそれなりにドキドキできるところ。

サトノアラジンはデビュー時から背腰に弱さがあって期待に応えられない時期が長かったわけですが、そのあたりの弱さもここにきて解消されてきました。もちろんここでも1人気でしょうが、本格化した今ならその人気にもこたえてくれると思います。中2週での再輸送になりますが、出来も安定していてここは通過点にしたいところ。距離的にも、マイル~1800mがベスト。今後のGI戦線を考えるとここは勝ち切りたいところでしょう。

その上で、サトノアラジン絡みの馬券では面白くない…1頭人気を背負う馬が居る場合には、2・3着狙いのワイドが面白い!というケースが往々にしてあります。

ズバリ結論

◎12 ディサイファ
〇6 エイシンヒカリ

この2頭のワイド1点!

エイシンヒカリがかなりのペースで飛ばすとすると、それなりに後続も脚を使わされることになりますよね。エイシンヒカリは自分の競馬に徹するだけ。調教でも気持ちよさそうに走っていて、体調も良さそう。アーデントも競りかけることは無いでしょうし、ノープレッシャーで逃げられそうなメンバー。東京での大外へ斜行した競馬を不安視する向きもありますが、馬の気分を害さず走らせただけですので今回も同じことがあるかと言えばほぼ心配いらないと考えます。勝てないまでも3頭以上に交わされることは無いと読みました。その上で、サトノアラジンは切れ味が身上の馬。時計がかかりつつある東京競馬場で、それなりに足を使わされてしまうと不発の可能性がゼロではないとみます。逆にこういう展開で一番しぶとさを発揮してきそうなのがディサイファ。切れるわけでも、長い脚が使えるわけでも無いのですが、しぶとく伸びる。GIでは通用しないことがわかっているだけに、GⅡ・GⅢに全力投球。四位騎手も手の内に入れていますし、出来も抜群。ワイドの軸としては最適とみて、自分で競馬が作れるエイシンヒカリとのワイド1点勝負に賭けます!

エイシンヒカリのような逃げ馬がGIに出走してほしいと思っている逃げ馬好きのワタクシとしては、思い入れも含めてここでしっかり重賞でも通用することを証明してほしいです。

2号の1点勝負予想は以上です!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line