TOP > 競走馬 > 「ティーハーフ」シャープな動き!道悪でも問題ない【函館スプリントS】
競走馬

「ティーハーフ」シャープな動き!道悪でも問題ない【函館スプリントS】

昨年の函館スプリントSの覇者であるティーハーフが今年も出走する。昨年のこのレースではスタートで出遅れ最後方からの競馬を強いられたが、切れのある末脚で大外一気を決めて優勝した。続くキーンランドCでも3着に入っており洋芝の適性は保証済みである。その後は精彩を欠くレースが続いているが、昨年活躍した夏競馬で復活を果たしたい。そんなティーハーフについてまとめてみた。
ティーハーフ
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【2015年函館SS】3連勝で重賞制覇!

スタートで行き脚がつかず最後方からの展開。4コーナーで大外を一気に捲り上げて先行集団に並びかけると、並ぶ間もなくかわし去り、そのまま突き抜けた。
動画を見る
以下はレース後の国分優作騎手のコメント
inyofu 1着 ティーハーフ(国分優作騎手) 「ゲートを出て、思ったよりもダッシュがつきませんでした。脚がたまるまで内でジッとしていましたが、最後外へ出してからは破格の脚でした。子どもを相手にしているような感じでした。人気の馬で重賞を勝てて嬉しいです」

【キーンランドC】スタートは上手く決めるも、前走の再現ならず3着

スタートで立ち遅れた前走とは違い、上手く流れに乗ったティーハーフ。捲りを決めたウキヨノカゼ、外から伸びてきたトーホウアマポーラには及ばなかったが、まずまずの走りは見せた。
動画を見る
inyofu 3着 ティーハーフ(国分優作騎手) 「今日はうまくゲートを出ました。レースの流れが速くないので、ある程度の位置につけて様子を見ました。脚は使っていますが、結果的に前走のように外からひとまくりする競馬の方がよかったのかもしれません」

【高松宮記念】経済コースでの競馬も不利に泣き6着・・・

9番枠スタートだったが、すんなりと内ラチ沿いを確保し後方でじっくり脚を溜める。直線に入り内からスルスルと追い込むも6着と惜しくも掲示板を逃した。失速する先行馬に進路をふさがれる不利が大きく響いた。
動画を見る
inyofu 6着 ティーハーフ(池添騎手) 「先週と比較して馬場は大きく変わっていましたね。それにしても馬の状態が良かったのですが、前の馬がブレーキを掛けてロスがありました。そこからまた伸びて、馬は頑張っています。やはりこの馬は1200mがいいですね」

【函館スプリントS】直前情報!堂々の追い込み宣言!

inyofu 8日に栗東坂路で4F52秒8の1週前追いを済ませてから、10日に函館入り。「もともと輸送に強いタイプではないので着いた当初は疲れがありましたが、今は元気。いい状態で使えます」と仕上げ人は胸を張る。
inyofu 連覇に向けて、順調に調整は進んでいる。あとはレースで自慢の末脚をさく裂させるだけだ。「道中、脚をためて直線勝負。この馬の作戦は決まっていますから」。迷いはない。今年も栗毛の馬体が函館のターフで躍動する。

【種牡馬】函館1200mで好成績!ストーミングホーム

ティーハーフの父はストーミングホーム。彼自身は芝中距離戦線で活躍したが、産駒はスピードタイプが多い。代表産駒にはサドンストーム、ティーハーフ兄弟のほかにマコトブリジャール(福島牝馬S)、ストーミングスター(NZT3着)などがいる。そんなストーミングホーム産駒は過去5年、函館芝1200mで(3・3・3・16)、複勝率36%、複勝回収率124%と好成績を収めている。2戦1勝3着1回のティーハーフ、1戦1勝サドンストームのほかに、(1・0・1・2)のジェットコルサ、3戦全て2着のユメノマイホームが活躍している。
inyofu 父ストーミングホームは現役時代、芝中距離を得意とし、英チャンピオンS(G1・芝10f)など3つのG1を制覇しました。Mr.Prospector 2×3、Halo≒Sir Ivor 3×4、2代母 It’s in the Air は米2歳牝馬チャンピオン、という配合構成の影響か、産駒はスピードタイプが目立ちます。サドンストームとティーハーフの兄弟のほかには、ストーミングスター(ニュージーランドT-3着)、マコトプリジャール(京都牝馬S-4着)などが出ています。
動画を見る

昨年のスプリンターズS、スワンS、そして前走の安土城Sは彼にとって苦手な外枠でのレースなので度外視できるだろう。陣営も追い込み宣言ともとれる発言をしており、勝利への炎が燃えている。目の覚めるような末脚で連覇を目指す。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line