TOP > 地方競馬 > 注目の地方馬はこれだ!
地方競馬

注目の地方馬はこれだ!

地方馬が中央のGIに殴り込みともなれば競馬ファンはワクワクするものである。その可能性を感じさせてくれる、各地で奮闘中の地方馬をまとめてみた。
馬キュレ

コスモバルクの再来!?クラシックに果敢に挑む地方の雄

動画を見る
マイネル・コスモ軍団の総帥・岡田繁幸氏に「ダービーを獲れる逸材」と言わしめたプレイアンドリアル。地方でデビュー2連勝を果たした後は中央の重賞に挑戦し話題を集めた。実力も折り紙つきで中央3戦目の京成杯で中央重賞初制覇。今後は前哨戦を挟み日本ダービーを目指す。

昨年度、地方馬唯一の交流GⅠ制覇!南関制圧に東上

動画を見る
2歳馬にして昨年の地方年度代表馬に選出されたホープである。今年からは大井競馬に籍を移し南関三冠を目指す。今年も中央馬をなぎ倒すのか、注目の存在であるハッピースプリント。

各地で活躍するご当地エースたち

高知競馬のエース・エプソムアーロンは、元々中央のOPクラスで走っていた馬だが、高知競馬に移籍し才能が開花。交流重賞でも上位争いを演じるほどの充実ぶりに10歳馬ながら今後も楽しみである。
動画を見る
南関東の生え抜きエース・セイントメモリー。昨年は破竹の5連勝で交流重賞初制覇。今年の更なる飛躍が期待される。

会いに行く競走馬!?

動画を見る
北は門別競馬場、西は佐賀競馬場と全国を転々とするトウホクビジン。名前の通り岩手の盛岡競馬場でデビュー。その後は笠松競馬に所属を移した。大きな怪我もなく、毎月のようにレースに出走することから「笠松のタフネスガール」として競馬ファンから愛されている。
昨今、門別競馬場デビューの競走馬のレベルの高さには驚かされる。これは2012年より新設された「屋内坂路」の影響が大きいといわれている。天候が不安定な冬季に調教が積めるということが最大のメリットだである。前述したプレイアンドリアル・ハッピースプリント共に門別デビューである。メイセイオペラのように地方馬での中央GⅠ制覇が見られるのも遠くないかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line