TOP > 予想/馬券 > 【2015年函館スプリントS】北の大地で人気薄が台頭!? 穴馬候補はこの馬だ!
予想/馬券

【2015年函館スプリントS】北の大地で人気薄が台頭!? 穴馬候補はこの馬だ!

過去10年で1番人気は5連対、2番人気も3勝と上位人気馬が強いレースである函館スプリントS。しかし、ここ2年は上位人気が総崩れしており、今年も波乱の決着の可能性も十分期待できる。果たして高配当をもたらしてくれるのはどの馬か?穴馬候補をチェックだ!
馬キュレ

牝馬が優勢!

牡馬&セン馬の成績が(4,7,6,91)に対して、牝馬の成績は(6,3,4,24)と母数を考慮に入れると牝馬が圧倒的な成績を収めている。ここ3年は牡馬が勝利しているが、一昨年、昨年の2着馬は牝馬であり、牝馬が優勢の傾向が続くと考えたい。
3歳牝馬のクールホタルビ。ここ最近の着順は振るわないが、何と言っても斤量50キロはかなり魅力的だ。昨年は同じ3歳牝馬のクリスマスが斤量50キロで3着に好走しており、この馬にもマークが必要だ。

1枠が断然強い!

1枠の馬が勝率、連対率、複勝率のすべてでトップ。開幕週ということもあり、やはりセオリー通り内枠有利だ。1枠に入った馬は積極的に狙いたい。

1200m&重賞実績が大事!

過去10年の連対馬20頭中17頭が1200mのレースで勝利実績があった。さらに、20頭中19頭は過去に重賞で3着以内またはオープン特別勝利の実績があった。見逃せないデータである。
メイショウイザヨイは今回が約半年ぶりの復帰戦。昨年の北九州記念では13番人気ながら2着に好走した。このレースでは、後に重賞を2勝するアンバルブライベンと同じ52キロの斤量だったが、先着している。恐らく人気は全くないだろうが、大穴候補として期待したい。

洋芝経験が無くても好走可能!

函館競馬場で行われた過去9回の連対馬18頭中、9頭は洋芝コースは初の馬であった。過去に洋芝で好走している馬にはもちろんマークは必要だが、そこまで洋芝適正にこだわる必要はなさそう。
エーシントップは初めての函館でのレース。ダートで勝ち鞍を挙げたり、不良馬場の高松宮記念で4着に好走したりするなど力のいる馬場は得意と言える。近走は不振だが、重賞3勝馬が北の大地で復活しても驚けない。

昨年は人気のストレイトガール、スマートオリオンが直線で行き場を失くし力を出し切れず、人気馬総崩れで3連単の配当は80万円オーバーと波乱の結果だった。今年はコパノリチャードやアンバルブライベンなど先行馬が揃ったこともあり、ハイペースでのレースが予想されるが結果は如何に?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line