TOP > 競走馬 > 【2015年POG】本物の輝きを放つ! サトノダイヤモンド
競走馬

【2015年POG】本物の輝きを放つ! サトノダイヤモンド

サトノアラジンやサトノラーゼンなどの活躍馬を出している、ディープ産駒×里見氏×池江厩舎のトリオから今年も活躍が期待できる2歳馬がデビュー予定だ。その馬の名はサトノダイヤモンド。馬名に違わぬ活躍をすることができるか?サトノダイヤモンドについてまとめてみた。
馬キュレ

サトノダイヤモンドのプロフィール!

性別:牡
毛色:鹿毛
誕生日:1月30日
馬体重:500キロ
厩舎:栗東・池江泰寿
馬主:里見治氏
育成地:苫小牧・ノーザンファーム空港
生産者:安平・ノーザンファーム

血統構成は抜群! セレクトセールでは2億3000万円で落札!

父は言わずと知れた絶対王者・ディープインパクト。母のマルペンサはヒルベルトレレナ大賞などGⅠ3勝を挙げた馬で、近親にも重賞ウィナーがずらりと並ぶ名牝だ。母の父はデインヒルと似た構成で、母が持つノーザンダンサー4×4の片方がダンジグを経ている。初仔にも関わらず、セレクトセールで2億3000万円で落札されたことからも期待の高さが伺える。

サトノダイヤモンドの血統表はこちら↓
近親にはGⅠ亜1000ギニーやGⅢ亜馬主サークル賞を制したLa Costa Azulがいる。サトノダイヤモンドはクラシックディスタンスでの活躍が期待できそうだ。

関係者の評価も高い!

管理する池江氏のコメント↓
inyofu 「馬体だけで言えば2歳馬でこの馬が一番好き。首さしがあり胴にもゆとりがある」
オーナーの里見治氏のコメント↓
inyofu 「この馬だけでも買えればいいなと思ってこのセリに来た」
池江調教師、里見オーナーのコメントからは、この馬には高評価を与えていることが分かる。今年の皐月賞で1番人気に支持され、日本ダービーでは3着に入ったサトノクラウンを手掛けたノーザンファーム空港の犬伏調教主任は「クラウン以上」と強気なコメントを出していることからも、クラシックでの活躍が楽しみな1頭である。

多少の不安はあるも、ファンも活躍を期待!


毎年のようにクラシックに活躍馬を送り出している池江厩舎だが、このサトノダイヤモンドは今年の2歳馬のエース格と言って差し支えないだろう。騎乗育成を始めてから一度も調子を落としたことがなく、高いレベルの調教をクリアし続けているこの馬。あくまで馬に合わせた調整メニューで進めていく方針で、現時点でデビューの時期は未定だが、順調にいけば王道の秋競馬デビューとなる見込みだ。気性面や体質に一抹の不安はあるものの、馬体の見栄えは今年の2歳馬でトップクラスと言ってよいだろう。今はまだ粗削りな”原石”かもしれないが無事にデビューできれば、来年のクラシックで1番の輝きを放つに違いない。そんなサトノダイヤモンドのデビューが今から待ちきれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line