TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】ユニコーンステークス
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】ユニコーンステークス

馬キュレ
8号です!

では、まずユニコーンSデータを公開します!


-------------------------------

ユニコーンステークス(GⅢ)
3歳 ダート1600m
※過去10年の傾向です。

攻略のカギ

●傾向

1、人気と配当
①人気は(6.2.0.2)で連対率80%。①~④人気で(10.9.3.18)と、連対馬20頭中19頭を独占している。⑤人気以下の連対は06年2着のヤマタケゴールデンのみ。馬連平均配当は2001円、3連単平均配当は38228円と堅く、①人気が連対した8回の馬連はすべて10倍以下で収まっている。

2、ステップ
端午S組(11年はいぶき賞)が(3.5.1.14)、兵庫チャンピオンシップ組が(2.3.2.6)で率はほぼ互角。ただし、ともに前走連対馬だけが馬券圏内で、前走3着以下に敗れている馬は全滅。また御三家の一角だった昇竜S組は従来の5月京都から3月中京に移行したため、直行組の出走は今後も激減するだろう。

3、人気(①人気の取捨は前走で見分けられる!?)
①人気で惨敗の06年アエローザ、14年アジアエクスプレスには「前走芝で馬券圏外」という共通項があった。連対した他の8頭は「前走ダートで1着」だった。
★断然の①人気が予想されるゴールデンバローズは前走3着だが、海外遠征でUAEダービー。むしろ健闘の部類で、ここでは力の違いを見せつける!?

4、ローテーション(主流となりつつある「芝飛び降り組」)
近年勢いがあるのが2走前に芝GⅠ・GⅡ出走の「芝飛び降り組」。前走ダート戦で連対した「芝飛び降り組」は過去5年で1、1、(1、11)、2、2着と毎年連対。
★このパターンには該当しないが、イーデンホールは3走前に芝で結果が出ず、次走の2走前にダートで2着。前走はダートで掲示板すら外したが、転厩初戦を叩いての変わり身に注意。

5、性別(近年絶好調の牝馬から目が離せない)
※過去4年で牝馬が1勝2着2回と牡馬相手に互角以上の結果を残している。ただし、連対した3頭は前走がダートオープン特別で連対。他のパターンの好走例はない。
★ブチコは未勝利→500万とダートで連勝も、芝のチューリップ賞でリズムを崩したのか、前走はダートでも6着。巻き返しを期待するのは酷!?

●これが危険

6、前走芝出走馬
①人気で仕分けられた前走芝出走馬だが、全体でも(0.1.1.39)と、08年の2~3着馬以外は全滅。しかも、唯一の連対馬であるシルクビッグタイムは前走が初芝。芝路線を歩んできた馬は苦戦必至。
★オープン勝ちがあるマイネルサクセサーは今回が初ダート。2勝目を挙げて以降は頭打ちの成績で、苦し紛れのダート参戦という感が否めず…。

データ総合の結果
推奨馬は2頭!!

1頭目=イーデンホール
2頭目=ゴールデンバローズ


続いて、函館SSおデータです
↓↓↓↓↓↓
クリック

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line