TOP > 予想/馬券 > 【第22回函館スプリントステークス】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第22回函館スプリントステークス】最終追い切り情報&タイムまとめ

6月21日(日)に行われる函館競馬場のメーンレース【第22回函館スプリントステークス】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 2枠3番 アンバルブライベン

inyofu 前走高松宮記念での15着から反撃したいアンバルブライベンは日曜追いで終いをしっかり伸ばされており、木曜日の最終追いは函館芝コースで流す程度の内容に留まった。鞍上田中健騎手との折り合いは抜群で、ラストは軽快そのものの足取りで1ハロン12秒2(馬なり)をマーク。3カ月ぶりだが函館入りする前に栗東でもしっかり乗り込まれており久々を感じさせない、いい状態にある。

4枠7番 コパノリチャード

inyofu 前走高松宮記念では5着だったコパノリチャードは藤岡康騎手(レースは武豊騎手)を背に函館ウッドで併せ馬。1秒以上先に行かせた3歳未勝利馬を悠々追いつめ、インに潜り込んだ直線であっさり抜き去り2馬身の先着フィニッシュを決めている。最終追いでこれだけしっかりやれたのは長距離輸送をなんなくクリアできた証。前走後短期放牧を挟み、5月中旬からの乗り込みは入念そのものなだけに、ほぼ万全のデキで出走できそうだ。

3枠6番 ローブティサージュ

inyofu ローブティサージュが函館芝コースでシャープな動きを見せた。 昨年の2着馬ローブティサージュはラインハート(4歳1000万)とともに芝コースへ。3馬身先行させて、徐々に距離を縮めながら直線外に持ち出す。鞍上の三浦が仕掛けると一気に加速して先着。ゴール板を過ぎてからさらに差をつけ、力の違いをみせつけた。三浦は「動きは抜群。洋芝は去年のこのレースで2着にきているので全く心配していない」と歯切れのいいコメント。

5枠9番 ティーハーフ

inyofu 2連勝と勢いに乗って重賞に挑むティーハーフは、函館Wコースで5ハロン68秒6、3ハロン39秒4-12秒4を馬なりでマーク。ゴール前でダイナミックにストライドを伸ばし、迫力満点の動きだった。「ちょうどいい感じで理想的。予定通りの内容です。状態はいいですよ」と深川助手。

7枠14番 スギノエンデバー

inyofu 前走鞍馬Sで久々の勝利を飾ったスギノエンデバーは、岩田騎手を背に函館ウッドコースで追い切られた。序盤はゆったり進み、ラストでは鞍上が振るった見せムチに鋭く反応。自らハミを取って鋭い伸びを披露し、ラスト1ハロンは11秒9(馬なり)をマークしている。栗東経由の函館入厩だが、疲れはなく前走時からの好調をしっかり維持できているようだ。

6枠12番 マジンプロスパー

inyofu あと3戦で引退が決まっているマジンプロスパーは、函館Wコースで5ハロン65秒1をマーク。ラスト1ハロンは13秒2を要したが、パワフルな走りを見せた。気合乗りは抜群で、上昇気配にある。 「ヤル気は十分あります。この時期は代謝もよくなりますし、体調がいい。いまは512キロぐらい。走れる体になりました」と中尾調教師。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆エーシントップ・田中助手 「気分よさそうに走っていました。洋芝は合いそうですし、スムーズに先行できれば」

◆クールホタルビ・水口騎手 「滞在効果で、テンションは緩和されていると思います。50キロですし、重賞を勝ったときのような競馬ができれば」

◆スギノエンデバー・岩田騎手 「上がりだけやりました。難しい馬ではありませんし、状態もすごくいい」

◆セイコーライコウ・竹内師 「日曜にやっている(坂路55秒7)し、きょうもいい負荷になったと思う。前走はスムーズさを欠いた。函館の開幕週で簡単には差せないけど、状態はいい」

◆フギン・日高助手 「テンションを上げないように調整。毛ヅヤもよくなりました」
inyofu ◆メイショウイザヨイ・南井師 「先週、栗東で強いところを追って体はできています。牝馬ですし、函館では強い追い切りは予定していません」

◆レンイングランド・菱田騎手 「すごく乗りやすい馬です。しっかり動けていました。前向きですし、洋芝も合いそう」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アースソニック 牡6 56 *丸田恭介 18日函W良:70.5-55.3-39.9-13.8:馬也
アンバルブライベン 牝6 56 田中健 18日函芝良:53.5-39.1-12.2:馬也
エーシントップ 牡5 56 川須栄彦 17日函芝良:65.5-50.5-37.0-11.8:強め
クールホタルビ 牝3 50 *水口優也 17日函W良:57.0-42.5-13.0:馬也
コパノリチャード 牡5 58 武豊 18日函W良:68.6-53.1-38.7-12.5:一杯
サトノデプロマット 牡5 56 *和田竜二 18日函W良:70.2-53.0-39.1-12.5:馬也
スギノエンデバー 牡7 57 *岩田康誠 17日函W良:52.7-37.9-12.4:馬也
セイコーライコウ 牡8 57 *柴田善臣 17日美坂稍:57.9-43.1-13.0:強め
タガノアザガル 牡3 52 松田大作 18日函W良:60.7-44.5-13.9:馬也
ティーハーフ 牡5 56 国分優作 17日函W良:68.6-54.0-39.4-12.4:馬也
ヒラボクプリンス 牡5 56 *藤岡康太 18日函W良:72.9-56.5-40.7-12.5:一杯
フギン 牝5 54 藤田伸二 17日函W良:   66.7-52.2-38.6-13.0:馬也
マジンプロスパー 牡8 58 北村友一 17日函W良:65.1-51.3-38.0-13.2:強め
メイショウイザヨイ 牝6 54 太宰啓介 11日栗坂稍:53.5-38.8-12.2:強め
レンイングランド 牡3 52 *菱田裕二 17日函W良:67.5-52.1-38.3-12.7:強め
ローブティサージュ 牝5 54 *三浦皇成 17日函芝良:49.1-36.1-11.7:馬也

うまキュレ班のおススメ好調教馬は、ティーハーフ、サトノデプロマット、スギノエンデバー、ローブティサージュ、コパノリチャード。特にティーハーフは、2週続けて好時計を出しており、今週は馬也で12秒4と前走に引き続き良い状態で出走できそうだ。連勝中で久しぶりの重賞でも好走を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line