TOP > コラム > 夏競りまでに資金10倍を目指せ! 2歳単勝勝負プロジェクト! 【6月20日版】
コラム

夏競りまでに資金10倍を目指せ! 2歳単勝勝負プロジェクト! 【6月20日版】

馬キュレ
7号だ。
今週の2歳単勝プロジェクトは俺が担当する。

先週から1号のアニキがはじめた新馬単勝プロジェクト。確かに、将来の未勝利馬もGI馬も一緒に走るという意味では能力格差もでかいし、能力比較という点ではわかりやすいのが新馬戦ではあるんだが、それが即馬券に直結するかというと・・・そこは所詮2歳馬・・・、という感じだったりする訳で、その部分の曖昧さというか、不安定さがどうしても新馬戦にはあるわけだ。俺のスタイルは新馬は単系の馬券では出来る限り買わない・・・というものだったが、上手く乗せられちまった。ま、バクチ打ちとしてはこういった感じの伸るか反るかの勝負も嫌いじゃねーし、自分の金だけじゃねーから気楽に単勝にドカン!といってみようと思う。

先週は・・・

6月13日(土)
◎クラウンドジャック 50万 2着

6月14日(日)
阪神5R
◎ルミナスエレメント 50万 2着
〇タガノヴィアーレ 10万 1着 配当380円

東京5R
◎プランスシャルマン 50万 2着
〇クリノカルカソンヌ 10万 4着

ただいま、投資金170万円に対し、払戻金38万円

差し引き、132万円のマイナス。
残金・・・568万円

3レース購入して、◎に指名した馬が全て2着というズレズレの実を食っちまったかの状況だ。

ズレズレの実を知らないヤツには説明しておくが、漫画ワンピースの世界だけじゃなく、現実世界にも悪魔の実は存在する。ワンピースの中には出てこない悪魔の実だがズレズレの実を食っちまうと、指名した◎の馬が悲劇的な状況になる。単勝なら2着が連発し、馬連なら3着、ワイドなら4着が連発する。そして、厚めに買ったところがハズレ、薄めに買ったところが当たるという、もの凄い能力を身に着けちまうわけだ。

恐らく、1号のアニキはいつの間にかズレズレの実を食っちまったに違いない。
そう思った俺は、今週は俺に任せろ!と啖呵を切ったわけだ。
もちろん、狙っている馬が居たからに他ならないが、一応1号のアニキにも相談してみた。


7号「あ、アニキお疲れ!土曜日の新馬の件なんだけどよ、3頭狙いたい馬が居るんだが全部買っちまっていいかな?」
1号「ちなみにどの馬だ?」
7号「函館は昆厩舎&四位騎手・辻牧場生産・安原オーナーの最近おなじみのチームのウェルノーテッド。1番人気は勝浦のアルマククナだと思うが、あの馬小さいし、函館の洋芝合うのかわからんし、函館の1000mで最内枠で四位ならこっちの方が面白いんじゃないか?とね」
1号「なるほど、他は?」
7号「東京はトレンティーノとプロディガルサンで迷ったんだが、やはりリアルスティールの下で前評判どおりトモもしっかりしてるプロディガルサンで断然だろ。」
1号「ま、確かにな。ここでは力が抜けてそうだよな。で阪神は?」
7号「阪神はゴールドファームね。」
1号「え?ゼンノサーベイヤーじゃなくて、ゴールドファーム狙うのか?」
7号「そうそう、きっと藤岡佑がへグるんじゃねーか?とな!」
1号「藤岡佑って新馬での成績どうなんだ?」
7号「さすがアニキ良い質問だ!デビューから先週までの間に、藤岡佑介が新馬で1・2人気に乗った時の勝率は、24.1%だわ。1人気に限れば33.3%だから3回に1回しか勝ってないわ。」
1号「なるほど、3回に1回か・・・良い確率だな(笑)」
7号「だろ!それに、ゴールドファームのオーナーは藤田伸二が馬主に誘ったといっても過言じゃないお方で、この馬がオーナーとしての初出走だからな。最近では調教にも乗らなくなった藤田が育成にまで乗りに行ったって言ってたしな。毎年、函館開催が始まれば初日から函館入りするのが恒例の藤田が、日曜に函館入りを伸ばしてまで阪神に乗りに行くわけだからね。気合入ってる証拠だろ。しかも、牧場は俺らにもなじみが深い本間牧場だわ」
1号「え?本間牧場?そうなのか?じゃー見たこと有るな、俺も」
7号「あるある。一緒に門別入ったときに、これ良い馬だな!って言ったら、牧場主がこれもう売れちゃってるんですよね・・・って言ってたゴールドアリュールの男馬覚えてないか?」
1号「ああああ!あの馬か!なるほど、あれなら新馬向きっぽいし、上位には持ってこれるよな!」
7号「だろ?坂路でも動いてるし、藤田としても、オーナーにはいきなり良い所見せたいんじゃねーかな?」
1号「ま、人間が気張ったところで走るのは馬だけど、確かに狙うには良い条件かもな」
7号「ま、こんな3頭なんだが、東京だけ買うのどうしようか迷うんだわ・・・」
1号「確かに、配当は安そうだもんな・・・ガツンと行って2着・・・とかじゃ目も当てられねーもんな」
7号「そうなんだよ。能力だけならここの中では断然なんだけど、新馬戦に照準を絞ってるわけじゃねーし、仕上がりもぶっちゃけ7分程度だと思うしね。それでも勝てると思うんだが、リスク有るわりに配当安いだろ・・・それなら新馬向きの感じがするトレンティーノも面白いのかな?とね。上のロンバルティアも新馬勝ちしてるしさ。」
1号「確かにな・・・でも、プロディガルサンの担当厩務員は前にアパパネやってた人で、相当な腕利きジャン。ぶっちゃけ、ここで負けるような仕上げで1億8000万の馬を使ってくるか?」
7号「確かにそうなんだよな。ま、150円付いてくれれば100万行ってもいいかな?とは思ってるんだが、それ以下になっちまったらなんだか賭ける気が失せるんだわ・・・」
1号「そうだな。じゃあ発走10分前の時点まで待って、その時点で150円以上付いてたら買うって事でどうだ?」
7号「了解!ちなみに、良馬場条件でいいよな?」
1号「だな。新馬の道悪とか気持ち悪くて100万は突っ込めないわな」
7号「よし、わかった。良馬場で発走10分前に150円以上付いてたら100万円ぶち込む!これでいいな!」
1号「了解!」


ということで6月20日(土)の新馬戦。
かけ金と俺なりのコメントを書いておく。

函館5R
◎①ウェルノーテッド 18万
外に張る癖があるみたいなのでこの枠は絶好!昨年の昆厩舎の北海道成績は栗東に残した組より悪い。ちなみに、調教師は夏は北海道メインで滞在しているので、そうとうバツが悪かったはずで、今年の夏は北海道遠征組の勝ち星のほうが上になるように星勘定が出来る馬ばかりを連れて行っている。その中の1頭がこの馬。ゲートさえしっかり出さえすれば好枠を利してハナに立ち、外に膨れないように勝浦の人気馬にふたをしてもらって、直線は開幕馬場を利用して押し切るという競馬が出来るはず。出遅れたらジエンドだが出っぱを決めりゃ押し切れると見た!おまけに、ドリームジャーニー産駒がどんな動きをするのか楽しみ。

阪神5R
◎⑤ゴールドファーム 50万
1歳の頃に見たことのある馬だが、仕上がりは早そうなイメージだった。新井オーナーは藤田騎手が馬主になることを進めた縁で森調教師を紹介し、その森調教師に選ばれた馬がゴールドファーム。ここ数年はめったなことでは調教に乗らない藤田騎手が淡路の育成に居る時にわざわざ乗りに行った馬。フレンチの肌にゴールドアリュール。血統的にもダートはどんぴしゃ。砂をかぶったことが無い新馬で藤田騎手が取る作戦は恐らく逃げ。藤岡佑の乗るゼンノサーベイヤーもスピードはありそうだが、藤田騎手にハナを主張されて、藤岡騎手がツッパるとも思えない。森調教師もそのあたりのことは重々承知のことだと思う。通常、7分程度までにしか仕上げない事が多い新馬だが、坂路での時計の出し方を見ると、ここは出たとこ勝ちを狙って9分程度の仕上げをしてきていると思う。ハナを主張するだけに頭かズブズブどちらかだとは思うが、逃げの藤田に久しぶりに期待したい!

東京5R
◎⑭プロディガルサン 100万
リアルスティールの全弟。それだけで説明は不要だろう。血統だけではなく、動きも一流のそれ。攻め馬にまたがっている戸崎騎手もトモもしっかりしてるし、ゲートも普通以上だし期待できると明言。あとは新馬だけに不利は怖いが、まともなら負けられない1戦。もちろん、落ち着きが無かったり、馬場悪化、そういったもろもろクリアしなければならない面もあるが、全て10分前の時点までに判断したい。

6月20日の新馬単勝プロジェクトは以上!

2号、4号、5号、6号、8号、これで行くから、応援よろしく!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line