TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【1点勝負の2号】6月21日(日)ユニコーンS・東京7R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【1点勝負の2号】6月21日(日)ユニコーンS・東京7R予想

馬キュレ
覆面馬主・1点勝負の2号です。

それにしても、本日の水無月S。
重賞ウイナーと断然の1人気の馬との組み合わせで510円は本当にびっくりするくらい美味しいレースでした!
1号師匠からも、お前やっぱり1点上手いな!とお褒めを頂きましたよ!

東京8Rは◎の2人気ハッピーべリンダが狙い通り頭で来てくれたのに、1人気のレイヨンヴェールが不甲斐ない負け方。勝てるとは思っていなかったですが、あそこまで負けるとも思わなかったですね。美味しい馬券を取り逃して残念です。

とはいえ、本線で紹介した2クラで2戦1勝。
読者の皆様も、1点勝負の美味しさが理解出来て来たんじゃないでしょうか!

阪神メインは、結局、迷うなら買うな…という事で、遊び程度でしか買いませんでしたが、エイシンはどうしちゃったんですかね?

さて、日曜日も引き続き、当てて行きたいと思います!

今日の1点勝負は2クラ。

ユニコーンSと東京7R。

まずは、ユニコーンS。
結論を言わなくてもバレバレかもしれないですね。

◎12 ゴールデンバローズ
〇10 ノンコノユメ

この2頭が能力仕上がり共に抜けていると判断します。

アルタイル・アキトクレッセントの先行力も怖いのですが、前走のノンコノユメの爆発力は尋常じゃなかったですよね。ダートの良馬場で上り34秒7!!!!!!なんという末脚。レース後ルメールが興奮していたというのも頷けます。2走前の5着は詰まった事で末脚は炸裂しませんでしたが、他のレースは安定した末脚を繰り広げており、ここでも末脚不発は考えづらいですね。枠も真ん中の10番枠で外に持ち出しやすいですし、そもそもが膨れ気味にコーナーを回るタイプですし、ワンターンの東京マイルはドンピシャの条件。仕上げ的にも、ココを目標にしっかり仕上げてきたのは明白ですね。頭の可能性もゼロではないのですが、相手も手ごわい…。本命のゴールデンバローズはダートでは全く底が見えません。UAEダービーも前目につけたい意向でゲート練習をし過ぎた事でテンションが上がってしまっただけ。実際にレースでも掛かり気味に先行して3着に敗れてしまいましたが、負けて強しの内容でしたよね。

ゴールデンバローズがセコくゴール前チョイ差しするような競馬をするとも思えず、となれば直線坂下から突き放すようなレースでの横綱競馬をすると考えています。となれば、早めに先行各馬を飲み込み一気に掃除をして行く展開になると踏んだので、前残りのパターンも考えづらいのかな?と。となれば、本線はアルタイルやアキトクレッセントではなく、一か八かの追い込みで、ハマればゴールデンバローズすらも飲み込む可能性がある末脚を持つノンコノユメしか相手はいないと判断しました。

ゴールデンバローズ=ノンコノユメ

この馬連1点勝負。


つづいて、東京7R。

ここは、一か八かの馬単で勝負したいと思います。

◎4 アールブリュット
〇8 ラインハーディー

おいおい、1000万下で2・3着してる降級馬を対抗までにしか評価せず、今回3走目でしかも骨折休養7か月半明けのアールブリュットを頭で勝負するだって???

という声が聞こえてきそうなんですが、だからこその頭勝負なんですよね。

ラインハーディーの馬柱の成績を見ればこのメンバーなら1人気になって当たり前の成績ですよね。上のクラスで勝ち負けしている馬が降級したらそれはもう楽勝だろう!という事になりますよね。ただし、ワタクシ、ラインハーディーは相手なりの馬だと思っていまして、1000万下で2着ですが、500万下でも2着…ということが往々にしてある馬と考えています。イマイチ詰めが甘いと言いますか、勝負弱いと言いますか、堅実なんですがその分変なところで足踏みしてしまうタイプの馬なんじゃないか?と。

それに対して、アールブリュット。
函館の新馬戦での末脚一閃が忘れられません。あれは相当な能力が無いとできない芸当だと思います。
レース勘が戻っているかどうかは微妙かもしれませんが、そのあたりには目をつぶって頭で狙ってみたいと思わせる馬。
長く脚を使えますし、それなら距離延長も対応可能でしょうし、馬体もしっかり成長してスケールも大きくなっています。身体が増えた分も成長分ということなら、馬体重など気にせず頭からドカンと買いたいです。

アールブリュット→ラインハーディーの馬単1点勝負!

覆面2号、本日の1点勝負は以上です!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line