TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】6月21日(日)阪神6R・東京8R・ユニコーンS予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】6月21日(日)阪神6R・東京8R・ユニコーンS予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

本日の予想レース阪神9R『鷹取特別 』は『◎→○→△』の順で決まり『馬単920円、三連単5,320円を的中』となりました。
配当こそ“それなり”でしたが、◎→○の順番で買われた方は、利益を出すことが出来たのではないでしょうか?
それにしても福永騎手は調子がなかなか戻りませんね。直線入り口では格上の降級馬○エクストラゴールドが力で捻じ伏せるかと思いましたが、最後は逃げた◎カラパナビーチと脚色が一緒になっていました。 調子の上がらない福永騎手は、リーディングを争う戸崎騎手に勝利数で並ばれる形となりましたが、ここで気持ちを切り替えて調子を取り戻して欲しいですね。

いっぽう、おまけの東京12R『3歳上500万下』のほうも『◎→△→△』の順で決まり『馬単1,820円、三連単13,760円を的中』となりました。
1番人気の順当勝ちで配当はマズマズでしたが、この調子で明日のレースも的中させたいと思います。

あと、先に触れておきますが、明日のユニコーンS(GIII)のおすすめ馬は、昨日の記事でも触れた『夏デビューの馬』です。
こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】6月20日(土)阪神9R・東京12R 予想

中でも、前走で見せ場十分だったアルタイルに注目。人気馬との馬連BOXや三連複などをオススメしておきますね。。

それと、覆面馬主軍団の1大プロジェクトとして始動している、2歳馬単勝プロジェクトにも新たな動きが?今後の展開にも要注目です!
夏競りまでに資金10倍を目指せ! 2歳単勝勝負プロジェクト! 【6月21日版】

  さて、明日日曜日のターゲットは、ダート1800mで行われる阪神6R『3歳上500万円以下』。
いつもと違って、特別レースの予想ではないので、過去のレース分析はありませんが、決して手を抜いている訳ではありませんw

では、恒例となった簡単なコースの説明から。※昨日と同じ内容です

スタート地点は、スタンド前の直線坂下付近。最初のコーナーまでは約300mあり、スタート直後に上り坂を迎える。
最初のコーナーまではそれなりに距離があるが、それでも外枠の先行したい馬が内側に殺到するため、内の先行馬はスタートで失敗すると包まれてそのまま終了となるケースもありえる。
直線にある登り坂を2度回るコースなだけに、京都が得意のスピードが身上の馬では乗り切れないことも多い。
とはいえ脚質的に先行馬が有利なことは他の競馬場とそれほど変わらず、マクリを含めて4コーナーで好位に付けられる馬に注目したい。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★阪神ダート1800m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:ミスプロ系キングカメハメハ (40勝)
・勝率 :サンデー系スペシャルウィーク(約14%)
・連対率:サンデー系ゼンノロブロイ  (約22%)※複勝率も32%で1位
・単回収:サンデー系ゼンノロブロイ  (回収値139)
・複回収:サンデー系ゼンノロブロイ  (回収値110)

勝ち数ベスト10のうち6頭を占めるサンデー系が好相性。
その他ではシンボリクリスエスとブライアンズタイムの2頭がランクインしているロベルト系。

★☆日曜阪神6R・『3歳上500万下』の予想☆★

このレースで注目すべきは、やはり降級馬。昨日は記載しませんでしたが、例のデータを載せておきます。。

-----------------
☆過去5年、6月の東京、阪神競馬場で行われた500万~1600万のデータ(ダートのみ対象)☆

前走、同級1着(12-14-5-45/76、 勝率16%、連対率34%、回収値単81、複77)
前走、同級2着(15-14-12-68/109、勝率14%、連対率27%、回収値単105、複88)
前走、同級3着(14-9-7-77/107、 勝率13%、連対率22%、回収値単72、複64)
前走、同級4着(2-9-12-80/103、 勝率1.9%、連対率11%、回収値単20、複77)
前走、同級5着(4-13-8-97/122、 勝率3.3%、連対率14%、回収値単29、複84)

前走、上級2着(10-6-2-13/31、 勝率32%、連対率52%、回収値単240、複114)
前走、上級3着(11-5-1-12/29、 勝率38%、連対率55%、回収値単107、複84)
前走、上級4着(7-4-9-12/32、  勝率22%、連対率34%、回収値単66、複105)
前走、上級5着(0-4-5-10/19、  勝率0%、連対率21%、回収値単0、複99)

前走、下級1着(17-13-19-153/202、勝率8.4%、連対率15%、回収値単100、複78)
-----------------

“黙って買い”といえるのは、前走上級2~4着馬。
今回のメンバーで注目すべきは、近3走が共に“上級2着”という実績を持つディアブルーダー。

その他のデータも以下のとおりで、人気に逆らう必要はなさそうだ。
------------------
☆種牡馬
 ゼンノロブロイ産駒(24-14-17-118/173、勝ち数4位、連対率22%、回収値単:139、複:110)

☆騎手
 デムーロ騎手   (6-8-5-28/47、連対率30%、複勝率40%)
------------------

ということで、興味は2番手争いということになるが、ここで話のネタとして面白い馬を紹介したい。

⑪番ワールドリースターの父は『Admire Don』。そう日本で活躍したあの『アドマイヤドン』だ。
なぜ父名が英語表記になっているのかというと、ワールドリースターが韓国で種付けされた後、日本で生まれたいわゆる“持込馬”であるから。

その経緯は少々複雑で、まずワールドリースターの母Worldly Pleasureは、もともとアメリカで繋養されており、当地でGI8勝馬のゲームオンデュード(Game On Dude)を生んでいる。
しかし、Worldly Pleasureはゲームオンデュードを出産した後に韓国に輸出された。
そこで種付けされたのが2011年に日本から韓国に輸出されたアドマイヤドンという訳。
さらにゲームオンデュードの活躍に目をつけた社台コーポレーション白老ファームが、同年秋にアドマイヤドンの子をお腹に宿したWorldly Pleasureを購入した、というお話。

まとめると、ワールドリースターはアメリカが誇る名馬ゲームオンデュードの半弟で、韓国から逆輸入(?)されたアドマイヤドン産駒ということ。

そこで、アドマイヤドン産駒のこのコースの成績を調べてみると(0-5-6-32/43、複勝率26%、複回収値:183)と、なんとも2、3着候補にはお誂え向きな成績。。

☆結論☆
◎①ディアブルーダー
○⑪ワールドリースター
▲④メイショウクオン
△⑥ゼンノスサノヲ
△⑫キーアシスト
△⑭サトノロブロイ
△⑯ショウナンガッチャ

今回本命に推したいのは◎ディアブルーダー。
デビュー以来の成績(2-5-1-1/9)という堅実派で、ここでも凡走することは考えずらい。阪神コースも問題なく、ここは格上の実績を素直に評価したい。
○は、前述のワールドリースター。
決して出自が面白いからという理由ではく、なかなか勝ちきれなかった馬が1勝を契機に連勝をすることは珍しい話ではない。
まして今回の阪神1800mの舞台は未勝利戦で(0-1-1-0/2)という成績を残している得意の舞台。
後ろから行く脚質だけに勝ちきるまでは難しいかもしれないが、ディアブルーダーが早め先頭で“前を掃除する”展開になれば、2、3着に食い込む可能性は十分にあるだろう。

▲は、ディアブルーダーの仕掛けが遅れた場合に、逃げ切りの可能性がありそうな3歳馬メイショウクオン。

△は、以下の4頭。
1000万下2着の実績がある降級馬キーアシスト。
前走が見所のある4着で、休み明けをひと叩きされたショウナンガッチャ。
ダート2戦目で前進が見込めるゼンノロブロイ産駒サトノロブロイ。
同じくゼンノロブロイ産駒で前走500万下勝ちのゼンノスサノヲ。

馬券の本線は馬単
 ◎ ⇔ ○▲△へ

少額で1頭軸の3連単マルチ
 ◎ → ○▲△へ

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の阪神ダート1800mが対象


-----------------------
★☆おまけ、の日曜東京8R『3歳上500万円以下』の予想☆★

おまけは、東京ダート2100mで行われる3歳上500万下をピックアップ。
今日は珍しく2レースとも平場の予想となったが、メインレースに向けてしっかりと軍資金を稼いでおきたいところ。

今回のメンバーでは、前走是政特別(1000万下)4着の◎ヘルツフロイントが中心。
その前走は4着とはいえ、勝ち馬とはタイム差なしの接戦で、着順以上の評価ができる。

ハーツクライ産駒のこのコースの成績(6-2-4-28/40、勝ち数6位、連対率20%)も上々。
鞍上の北村騎手の成績(15-13-10-69/107、勝ち数2位、連対率26%)も強調できる数字だ。

☆結論☆
 ◎⑪ヘルツフロイント
 ○①サトノセレリティ
 ▲⑨アカノジュウハチ
 △③ドラゴンズタイム
 △④クールジャイロ
 △⑥トラキアンコード
 △⑧アムールスキー

○は、500万下連勝中のサトノセレリティ。蛯名騎手のこのコースの成績は(16-12-13-54/95、連対率30%)で、勝ち数は1位だ。
ナカヤマフェスタの半弟という血統にも注目。

▲は、2走前の1000万下2着が優秀なアカノジュウハチ。
今日の東京メインレースも制したように、毎年この時期に調子を上げる田中勝騎手には注意が必要。

△は、このコースで相性のよい種牡馬、騎手のデータからピックアップ。

馬券の本線は馬単
 ◎ ⇔ ○▲△へ

少額で1頭軸の3連単マルチ
 ◎ → ○▲△へ

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の東京ダート2100mが対象

以上、6号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line