TOP > 地方競馬 > 帝王になるのは順当にホッコータルマエ? 2015年【帝王賞】
地方競馬

帝王になるのは順当にホッコータルマエ? 2015年【帝王賞】

古馬ダートの春の締めくくりレースである帝王賞が6月24日、大井競馬場で行われる。圧倒的にホッコータルマエが人気しており、大方の予想もホッコータルマエを本命に推しているが果たしてすんなり行くか?それぞれの予想を見てみた。
馬キュレ

枠順確定

inyofu 1-1 ホッコータルマエ(牡6、幸英明、栗東・西浦勝一)
2-2 トーセンアレス(牡8、今野忠成、浦和・小久保智)
3-3 リワードレブロン(牡7、永森大智、高知・雑賀正光)
4-4 ジョーメテオ(牡9、的場文男、浦和・小久保智)
5-5 クリソライト(牡5、武豊、栗東・音無秀孝)
5-6 ワンダーアキュート(牡9、和田竜二、栗東・佐藤正雄)
6-7 ユーロビート(セ6、吉原寛人、大井・渡辺和雄)
6-8 クリノスターオー(牡5、岩田康誠、栗東・高橋義忠)
7-9 ハッピースプリント(牡4、宮崎光行、大井・森下淳平)
7-10 ニホンピロアワーズ(牡8、酒井学、栗東・大橋勇樹)
8-11 タッチデュール(牝6、佐藤友則、笠松・山中輝久)
8-12 サイモンロード(セ7、丸野勝虎、愛知・角田輝也)

過去の傾向

inyofu 1人気は【3-5-1-1】 勝率は案外ですが連・複の軸としては抜群の成績。因みにオッズ3倍未満に支持された馬は【4-5-0-1】と連対率9割。穴らしい穴は2010年の3着馬ボンネビルレコード(9人気51.5倍)ぐらいでそれ以外の29頭は全て1人気から6人気まで。大穴の激走は???
inyofu かなり平穏。ここ3年は1人気の馬が2着に敗れているのでそのあたりで少しだけ良い配当を狙う手も(^_^;)
inyofu 近年はJRA勢の上位独占続き。前述のボンネビルレコード以外の地方馬は全て4人気以内。インカンテーションの回避でハッピースプリントは4・5人気ぐらいですかね(^_^;)
昨年のレース
人気馬が上位を独占する堅いレースの多い帝王賞だが今年は果たしてどうなるか。1番人気が2着以下になることも多いのでそこでの妙を狙って馬券を買うべきか。

ドバイ帰りの圧倒的実力【ホッコータルマエ】

inyofu ドバイでは残念な結果でした。 悪いレースではなかったのですが、力の違いを痛感させられました。 海外帰りがどうか?先日のゴールデンバローズのこともあるので 不安視すべきところなのでしょうが、この馬に関しては2年目。 陣営も経験があるので気にしなくていいかと思います。 上記オッズの偏りは、、、おそらくタルマエ狙いでしょう。 1.5倍付けば御の字ですかね。
inyofu 本命はホッコータルマエでいいでしょう。 レース間隔が空いてしまったのは気になりますが、逆に言えば気になるのはそこだけで、普通にやればまず勝てる相手。ここは負けられない1戦。
inyofu キングカメハメハ産駒の休み明け、内枠もプラスで100%の状態であればここも有力だと思います。ただレース間隔は全く違いますが、昨年ドバイワールドカップ後のレースは取りこぼしているので、少しは付け入る隙はありそう。
参考レース 川崎記念
ドバイ帰りのホッコータルマエは実力でいうならダントツであるが、海外帰りでレース間隔も空いているのは気になるところである。近年の傾向で一番人気が勝っていない点も留意したい。

中央馬にも負けない実力【ハッピースプリント】

inyofu 前走かしわ記念では久しぶりに馬券になりました。 中央馬相手でももう少しやれていいはずですので、 今回も期待したいと思います。
inyofu ハッピースプリントも叩き2走目で得意の大井2000m。 陣営もある程度作ってきているだけに侮るのは×だとは思う。
inyofu アッミラーレ産駒なので血統的にはもう少し内目の枠の方がよかったのですが、距離延長自体は問題ないと思います。力もつけてきている印象で、大井も得意の舞台なので、馬券内のチャンスは十分ありそう。
参考レース ジャパンダートダービー
地方馬だが十分に中央馬とも戦える素質はあるので傾向的には地方馬不利だが十分ひっくり返せるだろう。大井の得意舞台で一発なるか。

昨年の覇者【ワンダーアキュート】

inyofu 前走かしわ記念では想定以上の強さを見せました。 9歳という年齢からは常に全力の様子が伺え、 かしわ記念はたたき台ではなかったですね。 帝王賞は3着・1着と好相性の舞台です。 今年も軽視は危険。
inyofu ワンダーアキュートも昨年の帝王賞の覇者でメイチ度は高そう。 しかも2014年が かしわ記念3着⇒帝王賞1着 で来ていて 2015年は かしわ記念1着⇒帝王賞 の流れですからね。
inyofu 2年連続馬券内に来ているので、適性的には問題ないと思います。ただこの2年は前走負けてからのローテーションで、今年は展開が向いて勝っているので、人気もしそうで、年齢的にみても妙味はなさそう。
参考レース かしわ記念
昨年の覇者であるワンダーアキュートは適性的には問題ない。9歳という年齢が気になるところではあるが、かしわ記念からの流れは去年と同じでいい結果が期待できそうである。

ホッコータルマエを倒せるか!?

ドバイ帰りの圧倒的実力と人気を持ったホッコータルマエ、昨年の覇者ワンダーアキュート、中央馬にも負けない力をもつハッピースプリントの他にも大井の2000mで強い競馬をしているクリソライトや自分の競馬ができれば一発も有りうるクリノスターオーも面白い。果たしてホッコータルマエを破る馬は現れるか!?

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line