TOP > 競走馬 > 【2015年宝塚記念】実は阪神功者!? 大舞台で1発決めるぞ! アドマイヤスピカ
競走馬

【2015年宝塚記念】実は阪神功者!? 大舞台で1発決めるぞ! アドマイヤスピカ

菊花賞以来2度目のGⅠ参戦となるアドマイヤスピカ。前走の目黒記念では3番人気に支持されたが、9着に敗れてしまった。しかし、左回りではこれまで結果が出ていないため、度外視してもいいだろう。今回は最も得意である阪神でのレース。最近好調な幸騎手を背に波乱を巻き起こすか?アドマイヤスピカについてまとめてみた。
馬キュレ

【2013アザレア賞】ゴール寸前で差し切る!

未勝利戦を勝ち上がった後は、なかなか2勝目を挙げられなかったアドマイヤスピカ。しかし、このレースでは上がり3F32秒8を記録し、ゴール寸前で粘るウインアルザスを捉え2勝目を挙げた。
inyofu 1着 アドマイヤスピカ(福永騎手) 「スタートしたところで折り合いをつけて外に出して欲しい、という指示でした。道中のペースは遅かったですが、直線勝負に賭けて、この上がりで勝ち切ってくれました。長いところに適性もありますし、まだまだ良くなります」。

【境港特別】ついに1000万クラス突破!

3歳時には菊花賞にまで駒を進めたアドマイヤスピカだったが、その後は勝利から遠ざかっていた。降級後の500万のレースでは勝利したものの、1000万クラスでは足踏みが続いていた。しかし、このレースでは最後の直線で抜け出すと、2着のアグリッパーバイオに半馬身差をつけて勝利した。
inyofu 1着 アドマイヤスピカ 川田将雅騎手 「イメージ通りの競馬ができました。いい内容で勝ってくれました」

【松籟S】後方一気で圧勝!

このレースではいつもより後方でレースを進めたアドマイヤスピカ。直線では馬群を割ると、2着のヤマニンボワラクテに3馬身半差の圧勝。遂にオープン入りを決めた。
inyofu 1着 アドマイヤスピカ(岩田康誠騎手) 「前回は内で詰まって不完全燃焼でしたし、今日は外回りの2400mなので末脚を信じて乗りました。前が飛ばしてくれたこともありますが、鮮やかでした」

【目黒記念】久々の重賞挑戦は9着に敗れる

前走圧勝の勢いに乗り、重賞初制覇を狙って出走した目黒記念。3番人気に支持された。馬群のほぼ真ん中を追走して、直線に入ると追い出しを開始。勝ったヒットザターゲットと同じタイミングでスパートしたが、前走のような脚は使えず9着に敗れた。
inyofu 9着 アドマイヤスピカ(岩田康誠騎手) 「状態はすごくよかったです。初めてのオープンでしたし、いずれはタイトルを獲れると思います。次に期待です」

【宝塚記念】1週前追い切り! この馬なりに順調!

inyofu アドマイヤスピカの1週前追い切りはウッドで僚馬レーヴデトワール(古馬1000万下)と併せ馬(6ハロン86・5―38・9―12・3秒)。相変わらず硬さがあり僚馬に3馬身ほど遅れたが、まだ余力を残してのもので、この馬なりには動けている。
inyofu 松田博調教師「口向きがもともと悪くて、追い切りでもハミの受け方がおかしかった。それが今は真っすぐハミを取るようになった。走りのバランスが良くなったことで体つきが良くなったし、脚元に疲れも残らなくなった」

阪神コースでは(4,2,0,3)と好成績のアドマイヤスピカ。ゴールドシップなどGⅠ馬が勢ぞろいしたが、得意の舞台でアドマイヤスピカの健闘を祈りたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line