TOP > 騎手 > 2013年騎手勝率ランキング
騎手

2013年騎手勝率ランキング

勝利数は騎乗数が多いほどチャンスは増えるが、勝率は騎乗回数が考慮されるため、数少ないチャンスでも勝利をものにしてきた騎手を勝率からあぶりだしてみた。
うまキュレ

1位16.6%【川田将雅】

キャプテントゥーレで皐月賞、ジェンティルドンナでオークスを制すなど大舞台で活躍する川田騎手が2013年の最高勝率騎手へ。
inyofu  2013年度JRA賞で最高勝率騎手賞を獲得した川田将雅騎手。勝利数の120勝は福永祐一騎手の131勝に次ぐ第2位の成績だった。現在28歳で、これからますます活躍していきそうな川田騎手

2位15.5%【福永祐一】

公私ともに充実した年だった福永騎手が勝率では2位も、MVJ受賞へ。
inyofu JRAは29日、今年新設されたJRA賞・騎手部門「MVJ」を福永祐一(37)が受賞したと発表した。JRAと地方、海外指定レースの成績を勝利数、勝率、獲得賞金、年間騎乗回数ごとに順位付け。総合得点最上位に与える。

3位14.9%【武豊】

キズナでダービー優勝を果たし、完全復活を遂げた天才騎手が怒涛の追い上げで3位へ。

4位13.8%【浜中俊】

トップ3には入れずとも、勝利数は3位ににランクイン。今後競馬界を背負っていくことが期待されている浜中俊。
天才と言われた武豊騎手は45歳を迎え、その陰りも囁かれている。その後継者はいまだ不在だが、今回勝率1位を獲得した川田将雅騎手は28歳、勝率4位の浜中俊騎手は25歳と若手の台頭も目立ってきた。かつては武豊騎手が年間200勝という大金字塔を打ち立てたが、現在は横並びのジョッキー界。この混戦を抜け出し新たなスターとなるのはどの騎手なのか。今後も目が離せない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line