TOP > 予想/馬券 > 2、3走前にGⅡで2着以内に入った馬が毎年連対中!?【第56回宝塚記念】予想まとめ
予想/馬券

2、3走前にGⅡで2着以内に入った馬が毎年連対中!?【第56回宝塚記念】予想まとめ

6月28日(日)阪神競馬場で行われるメーンレース【第56回宝塚記念】今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu 若い世代が優勢

過去10年の宝塚記念を制したのは、すべて「6歳以下」の馬だ。また、3着以内馬も30頭中28頭が「6歳以下」の馬で、「7歳以上」の馬で3着以内に入ったのは、京都競馬場で行われた2006年の2着馬ナリタセンチュリーと同年の3着馬バランスオブゲーム(ともに7歳)だけだ。第1回から振り返ってみても、過去55回のうち「7歳以上」の馬の優勝は、1970年のスピードシンボリと2004年のタップダンスシチー(ともに7歳)の2頭だけとなっている。
inyofu 単勝オッズに注目

過去10年の宝塚記念で、単勝「1.9倍以下」だった馬は3頭いるが、その支持に応えて優勝したのは京都競馬場で行われた2006年のディープインパクトだけ。残る2頭は3着以下に敗れている。それに対し、「2.0~2.9倍」の馬は3着内率100%とまったく大崩れしていない。その他では、「10.0~14.9倍」と「30.0~49.9倍」のエリアからそれぞれ2頭の優勝馬が出ている。安定感抜群の2倍台の馬に加え、伏兵視されている馬の台頭にも注意したいところだ。
inyofu 2、3走前の成績をチェック

過去10年の宝塚記念では、「2走前か3走前にGII で2着以内に入っていた」という馬が毎年連対している。GI で好走するには、GII で上位争いをする実力が備わっていることが必要条件といえるのかも。今年もこの条件に該当する馬が出走しているかどうかチェックしておきたい。
inyofu ○単勝オッズ2.9倍以内
(3-3-2-1)
△10番人気以下
(1-1-1-53)
×7歳以上
(0-0-0-22)※2007年以降
△前走4番人気以下だった関東馬
(0-0-1-14)
△前走6着以下
(0-0-1-23)※前走G1除く
×5番人気以下
(0-0-0-23)※前走G1除く
△間隔10週以上
(0-0-2-14)

阪神芝2200mの騎手&種牡馬別成績(2010年以降)

inyofu 武豊  (8-5-0-13)30.8% 50.0% 50.0%
川田将雅(7-3-4-23)18.9% 27.0% 37.8%
岩田康誠(5-9-3-24)12.2% 34.1% 41.5%
和田竜二(4-2-5-30) 9.8% 14.6% 26.8%
浜中俊 (3-5-7-32) 6.4% 17.0% 31.9%

池添謙一(3-1-1-12)17.6% 23.5% 29.4%
幸英明 (2-2-2-40) 4.3% 8.7% 13.0%
M.デム(2-0-2-7) 18.2% 18.2% 36.4%
酒井学 (1-2-0-16) 5.3% 15.8% 15.8%
秋山真一(1-1-1-11) 7.1% 14.3% 21.4%

横山典弘(1-1-0-2) 25.0% 50.0% 50.0%
ルメール(1-0-0-0) 100.% 100.% 100.%
松山弘平(0-4-2-21) 0.0% 14.8% 22.2%
藤岡康太(0-0-2-10) 0.0% 0.0% 16.7%
松若風馬(0-0-0-7) 0.0% 0.0% 0.0%

蛯名正義(0-0-0-6) 0.0% 0.0% 0.0%
inyofu ディープインパクト(8-6-3-41)13.8% 24.1% 29.3%
キングカメハメハ (8-3-8-43)12.9% 17.7% 30.6%
ステイゴールド  (6-1-2-23)18.8% 21.9% 28.1%
ハーツクライ   (3-5-3-30) 7.3% 19.5% 26.8%
スペシャルウィーク(2-4-2-23) 6.5% 19.4% 25.8%

ゼンノロブロイ  (0-3-2-24) 0.0% 10.3% 17.2%
アグネスタキオン (0-1-3-15) 0.0% 5.3% 21.1%

特に死角は無い ゴールドシップ

inyofu 13年は0.6秒、14年は0.5秒の差を付けて勝っているので、今更適性などは言うまでも無く。 ローテーションも阪神大賞典から天皇賞春と過去2年と同じ。 過去と違うのは、今年は天皇賞春を勝ったことくらい。 今回はメンバー的にも恵まれた印象で、特に死角は無い模様。
前走の天皇賞(春)を制してGI6勝目を挙げた本馬が最も得意としているのは阪神コースで、これまで7戦して6勝2着1回。宝塚記念3連覇に挑むが、今年は順調すぎて逆に怖い。

現4歳世代では一番強い ヌーヴォレコルト

inyofu 現4歳世代では牡馬牝馬問わず一番強いのはこの馬だろう。中山記念では荒れた馬場で牡馬を一蹴。あのレースだけでは牡馬のレベルが微妙だったので能力把握は難しいが、昨秋のエリザベス女王杯で正攻法でラキシスと差のない競馬をしているのだから間違いなく強い。ハーツクライ産駒は断然の一番人気時に取りこぼす傾向があり、昨秋の秋華賞、エリザベス女王杯の2着は必然。ちょっとヴィクトリアマイルは負けすぎの感もあるが、マイル以下の適性を要求されるスピードレースになったことでこの馬の良さは1ミリもでていない。今回は3〜4番人気濃厚でハーツクライ産駒の好走パターンに完全合致。阪神芝2200mはベストに近い舞台で、先行馬が少ないスローペース濃厚で前へ行ける脚質も良い。
1番人気に支持された前走のヴィクトリアマイルで6着に敗退。デビューから11戦目で初めて掲示板を外す結果となったが、マイルの流れに戸惑ったと思われる。阪神コースは3戦してすべて馬券に絡んでいる。前走からの距離延長も間違いなくプラス材料だ。

力を付けて来ているのは間違いない ラキシス

inyofu 大阪杯はタフな馬場になったが、じっと後方で我慢すると直線は突き抜けてキズナの追い上げも楽々と振り切った。相手関係、キズナ以下との着差を考えてもかなり価値は高い。昨年の強力メンバーだった有馬記念でも正攻法で差のない競馬に持ち込んだように、昨秋来力を付けて来ているのは間違いない。宝塚記念が行われる阪神2200mは条件戦での圧勝歴もあり、エリザベス女王杯でも2着1着と好走している得意距離。今回はさらに相手も強くなるが、引き続き好勝負になって良い。
GIのタイトルこそ昨年のエリザベス女王杯の1つだけだが、前走の産経大阪杯では、最後の直線で先に抜け出したキズナを内から一気に差し切って突き放し優勝。立ち回りや瞬発力が生きる流れになれば、再度の牡馬喰いがあっても驚けない。

大仕事をやってのける可能性 ラブリーデイ

inyofu 今年に入って、長距離3連敗をはさんで重賞3勝。 特に中山金杯と鳴尾記念は、G3とはいえ ハイペースを前目から残す強い内容でした。 相手関係をいうなら、京都記念では キズナとハープスターに先着しています。 58kgはマイナス材料で、ここまで使いづめ。 不安な点も少なくありませんが 時計のかかる馬場と坂のある2200mさえこなせれば 大仕事をやってのける可能性もあります。
前走で、宝塚記念と同じ阪神内回りコースで行われた鳴尾記念を優勝したラブリーデイ。3走前の阪神大賞典が6着、前々走の天皇賞(春)が8着と長距離では結果を残せなかったが、中距離に戻った今なら念願のGI制覇も近いだろう。

もうこの馬しかいない ワンアンドオンリー

inyofu ハーツクライ産駒で「大物喰い」の血を引く馬です。 私は秋のG1戦線で惨敗を続けている時に常に言っていたと思います。 「早く騎手を替えてくれ。できれば外人騎手に」とです。 ようやく前走のドバイから外人騎手になってくれました。そして今回はMデムーロを手配できました。 今回のレースではゴールドシップが後方から一気にまくる競馬を見せると思います。 各馬、なし崩し的に脚を使わされて、速い上がりを使えなくなると思います。 そこで面白い存在なのがこの馬です。 ドバイこそ積極的な競馬を試しましたが、私はこの馬の持ち味が最も活きる後方待機の戦略をとって欲しいと思います。 そしてゴールドシップからワンテンポ、ツーテンポ遅らせてスパートして欲しいと思います。ゴールドシップはほとんど後ろから差されたことがありません。 それができるのはもうこの馬しかいないと思っています。
昨年のダービー馬ワンアンドオンリーは、前走のドバイシーマクラシックで3着に好走。本馬も、阪神コースで3勝をマークしていて、帰国初戦となる今回のレースで、GI2勝目を挙げることができるか。

今年も好勝負になって良い カレンミロティック

inyofu ハーツクライ産駒らしくキレないがバテない先行力で、昨年来崩れず走っているのは立派。今年は長丁場を使われているが、阪神大賞典は不利がありながらも巻き返しての4着、前走は内枠を生かして完璧な立ち回りで2着とキッチリ結果を出している。宝塚記念では昨年2着に好走実績があり、使われつつ調子上げるタイプで、今年3戦目というローテも◎。今年も好勝負になって良い。馬場は多少荒れても問題ない。
天皇賞(春)は低評価を覆して、勝ち馬から0.1秒差の3着に好走。展開面は非常に厳しく、負けて強しの一戦だった。今回はメンバーを見渡しても先行勢が手薄で昨年同様の粘り込みがあっても不思議ではないだろう。

ゴルシが作るペースに合うタイプ トーセンスターダム

inyofu 私はあまり高い評価をしていなかったのですが、読者の方が高い評価をしているので理由を聞いてみました。 「チャレンジカップではエイシンヒカリが作った厳しい流れの中でラスト1ハロンにおいて差し切った馬です。消耗戦は得意な方であり、今回、ゴルシが作るペースに合うタイプである。クラシックで勝負できていないのはここに適正があるから」とのことです。
今春にオーストラリアへ遠征。前々走の国際ランヴェットS2着→前走のクイーンエリザベスS5着と復調の気配は見せている。不安面は海外遠征帰り初戦で好走できるか。

みんなの予想は


うまキュレ班の本命は、ゴールドシップ!・・・と言いたいところだが、あれだけメディアにもてはやされていると逆に怪しんでしまう。実力、相手関係からも負ける要素一切ないし、多少掛かり気味でも勝ち切れるのが本馬。唯一の不安要素は出遅れのみ。中距離での出遅れは致命的で更に今回マークが激しいので単勝1倍台より産経大阪杯で牡馬を蹴散らしたラキシスを軸としたい。中距離の2000m~2500mを使い、前走で阪神コース、重馬場と経験したのも強調したい材料だ。買い目はオッズ次第。ヌーヴォレコルトとゴールドシップのワイド2点か3連複1頭軸で上記6頭+トーホウジャッカル、デニムアンドルビーで流す予定だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line