TOP > 競走馬 > 「ラブリーデイ」コンディションよし!距離もベスト【天皇賞(秋)】
競走馬

「ラブリーデイ」コンディションよし!距離もベスト【天皇賞(秋)】

昨年の中距離路線でトップに君臨したラブリーデイが天皇賞秋連覇を狙う。先行策から直線で押し切る競馬を得意とする彼は、昨年は鳴尾記念から4連勝で宝塚記念、京都大賞典、天皇賞秋を制しJRA最優秀4歳以上牡馬の称号を手に入れた。しかし、今年は3戦連続4着と本来の走りを見せられず、前走の京都大賞典でもゴール前で失速し3着に敗れた。それでも一叩きして調子は確実に上向いているようだ。そんなラブリーデイについてまとめてみた。
ラブリーデイ
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【2015天皇賞秋】着差以上の完勝!

主戦の川田騎手が騎乗停止中で急遽浜中騎手とのコンビで臨むことになった。好スタートから好位をとると坂前からじわじわと後続との差を広げると最後まで後続に抜かせず、着差以上の完勝。
動画を見る
以下はレース後の浜中騎手のコメント。
inyofu 1着 ラブリーデイ(浜中俊騎手) 「本当に強かったです。スタートもよかったですし、考えていた通りの位置取りでした。前半は行きたがっていたので、なだめるのに苦労しましたが、馬も何とか我慢してくれました。手応えがよく、少し早く先頭に立ってしまいそうでしたから、直線は追い出しを待ちました。最後は力強い脚でしたし、その強さを体感しながら乗っていました。いいチャンスで勝つことができ、果たすべき責任を果たし、自分自身の今後の糧になったと思います。馬は充実期を迎えていますし、これからも活躍してくれると思います」

【宝塚記念】勝ちに行くも最後は脚が鈍る…

昨年は1番人気で3連覇を狙ったゴールドシップが大出遅れしたこともあり、波乱を演出したラブリーデイ。今年はルメール騎手とのコンビで3角から勝ちに行くレースを見せるが最後は脚が鈍ってしまい4着。
動画を見る
以下はレース後のルメール騎手のコメント。
inyofu 4着 ラブリーデイ(ルメール騎手) 「いいレースでした。でも、重い馬場と2200mでラスト100mは疲れていました。でもよく頑張っています。直線は勝てると思ったくらいですから...」

【京都大賞典】休み明け響くも好感触の3着

10頭立ての大外枠からスタートを切り、単騎2番手のキタサンブラックを見るような格好で、内のアドマイヤデウスと併走しながらレースを進める。最後の直線で先に抜け出したキタサンブラックに懸命に追いすがったものの、残り50m付近で脚色が鈍り3着。休み明けが響いた結果となったが、鞍上のルメール騎手は好感触をつかんだ。
動画を見る
inyofu 3着 ラブリーデイ(C.ルメール騎手) 「勝った馬の後ろにつけて完璧だと思っていました。ラスト250mぐらいで前が開いて、よく走ってくれました。しかし、距離が少し長いのでしょうか、ラスト50mで伸びませんでした。休み明けにしてはいい感じで乗りやすかったです。いいトライアルレースでした。天皇賞も楽しみです」

【天皇賞秋】直前情報 状態は今年一番!

inyofu ラブリーデイは翌日の最終追いに向け坂路を力強く登坂。楽な走りでもラスト1Fは14秒2(4F63秒1)をマークし、状態の良さが目を引いていた。
山元助手のコメントはこちら↓
inyofu 「上積みがあるとは言い切れないが、具合はいい。成績的には衰えがあるのかなと思わせるけど、状態は今年一番じゃないかな」

昨年の天皇賞秋以来勝ち星からは遠ざかっており、年齢的にも上積みは見込めないが、体調は絶好調のようだ。連覇に向けて名手ルメールと共に復活を目指す。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line