TOP > 競走馬 > 「サドンストーム」ハンデもクリアしたい!力強い走り【CBC賞】
競走馬

「サドンストーム」ハンデもクリアしたい!力強い走り【CBC賞】

サドンストームは2013、2015年のCBC賞3着馬。昨年の高松宮記念4着の実績もあり、勝利こそないものの中京芝1200m戦では結果を残している。兄弟には香港の快足馬ラッキーナインや昨年の函館SSを勝ったティーハーフがおり、スプリント戦が大得意の一族である。重賞初Vを決め、兄弟と肩を並べる成績を残したいサドンストームについてまとめてみた。
サドンストーム
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【2015年高松宮記念】直線伸び!強豪馬相手に4着と大健闘!

近走の充実ぶりもあり、重賞未勝利馬の身として挑んだGⅠの舞台であったが、ここでも本馬は存在感を示す。中団インで脚を溜めると、直線では馬場の真ん中から伸び4着。前3頭には離されてしまったものの、最後4着争いをしたのは前年の覇者コパノリチャード。大きな自信となる一戦であった。
動画を見る
以下はレース後の鞍上国分優作騎手のコメント
inyofu 「ゲートを出て、理想通りのレースができました。終いも伸びてくれましたし、馬場も気にしませんでした。GIに乗せていただき感謝しています。大きなところでチャンスがある馬だと思います」

【2015年CBC賞】外枠・トップハンデに泣く...外から伸びるも3着

高松宮記念での好走などが評価され、トップハンデで3番人気でレースに臨むこととなった。レースでは後方で脚を溜めると直線では大外に持ち出される。その直線では豪快な伸びを見せたが、道中内で脚を溜めていた馬が良く伸びる。結局最後はダンスディレクター・ウリウリの伸びに屈し3着。外枠・トップハンデに泣かされる形となった。
動画を見る
以下はレース後の鞍上国分優作騎手のコメント
inyofu 「馬は落ち着いていました。ただ、外枠の分、内は突けませんからね。追い出してからも止まらずにいい脚を使っていますが、渋りながらも走りやすい馬場で斤量の軽い馬にやられてしまいました。でも、トップハンデの馬としてはよくがんばっています。もっと馬場が渋ってもらいたかったです」

【春雷S】中団から運んで3着!

昨年のCBC賞後の4走は阪急杯の4着が最高で、ムラな成績が続いていたなか4月の春雷Sに出走。道中は中団の7番手で脚を溜める。迎えた直線では、内の窮屈なところから馬混みを割って伸び、3着を確保した。
動画を見る
inyofu 3着 サドンストーム(武幸四郎騎手) 「うまくいきました。攻めていって脚を使えるか心配していましたが、よく頑張ってくれています」

【CBC賞】順調な調整で馬体の張り良し! 追い切り情報

以下は1週前追い切り情報と西浦調教師のコメント
inyofu サドンストームの1週前追い切りは坂路単走で4ハロン52・6―37・8―12・8秒。馬場の悪い時間帯で上々の時計だし、ビシッと意欲的に追われたのもいい。
西浦調教師のコメントはこちら↓
inyofu 「放牧明けも順調な仕上がり。成績にムラのあるタイプだけど、前走(春雷S=3着)内容は悪くなかったし、中京コースではいい競馬ができているからね。うまく流れが向いてくれるようなら」
29日追い切り情報
inyofu サドンストーム(牡7、栗東・西浦厩舎)は、坂路で国分優作騎手を背に単走でビッシリと追われ、4F51.4-37.5-24.4-12.3秒を計時。3カ月ぶりの実戦となるがキッチリと体勢を整えてきた。
続いて記者の馬体に関する評価。
inyofu 太めで短めの脚、詰まった胴、豊富な筋肉量。いかにも短距離馬といった体型の持ち主。飛節の折りも深く、瞬発力勝負に持って来いの体つきと言える。2歳時から一線級で戦っていて、今年7歳を迎えたが馬体を見た感じでは衰えている印象は全く無い。前駆、後駆のバランスがとれた整ったフォルムで、馬体の張りも良く、毛艶も問題なし。後方型の脚質だけに展開との兼ね合いがあるが、今回の診断メンバー中では一番良く見えた。

今までは展開の助けが必要な追い込む競馬が続いていたが、前走は中団から運びながらしっかり脚を使っていたので、脚質に幅が出てきたと考えてよさそうだ。メンバーも昨年より大幅に楽となっており、好結果を期待したい。およそ3年半ぶりのコンビとなるルメール騎手を背に、念願の重賞制覇を目指す。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line