TOP > 予想/馬券 > 世紀の大出遅れで全滅!?【2015年宝塚記念】注目予想家的中結果まとめ
予想/馬券

世紀の大出遅れで全滅!?【2015年宝塚記念】注目予想家的中結果まとめ

2015年6月28日(日)春の総決算、宝塚記念。うまキュレ班御用達の予想家ブログから予想結果を追いかけてみた。
馬キュレ

宝塚記念はラブリーデイが優勝

inyofu 6月28日、阪神競馬場で開催された第11R・宝塚記念(GI、芝2200m)は、好スタートから番手を進んだ6番人気ラブリーデイ(牡5、栗東・池江)が直線半ばで堂々と先頭に立つと、同じ勝負服である10番人気デニムアンドルビーの強襲をクビ差凌ぎ、初GI制覇を果たした。勝ちタイムは2分14秒4(良)で、鞍上は川田騎手。デニムアンドルビーは惜しくも2着、そこからさらに1馬身1/4差の3着は内からスルスルと抜けてきた11番人気ショウナンパンドラが入っている。なお、断然の1番人気に推され、宝塚記念3連覇のかかったゴールドシップはスタートで大きく立ち遅れたロスが響き、ブービーに沈んだ。
inyofu 配当は単勝1420円、馬連1万2900円、馬単1万9250円、3連複15万7770円、3連単52万8510円

【少年は競馬場で推理する】

inyofu 難しすぎるだろ。適性のある馬は疲労があって、疲労の無い馬は適性が微妙。
意識したわけではないですが、結果的には牝馬攻め。なぜこうなった(汗)。

◎ヌーヴォレコルト
○ラキシス
▲ディアデラマドレ
△ショウナンパンドラ
△カレンミロティック
×ゴールドシップ

◎ヌーヴォレコルト
チャンピオンタイプのSCベースの馬で、安定感が素晴らしい。
戦績見ても1人1着での重賞勝利経験が無く、人気落ちの方が面白いタイプ。
前走は久々マイルへの短縮で凡走。1人気と縦長の外枠で集中力が活かせなかった。
今回はバウンド延長で坂コース替わり。他も良く見えず、母父からのまとまり力で。
Mの法則(競馬予想家である今井雅宏氏が発見した競走馬の法則)をメインに馬券を組み立てるブライト氏のブログ。5着までに牝馬が3頭入るなど狙いは確かだったが、人気薄の牝馬2頭が馬券に絡んだ為に的中を逃してしまった。

【やはり勝負は3連単!~競馬予想~】

inyofu ◎ラキシス
132200mはエリザベス女王杯1着の実績を含む3勝2着2回とスペシャリストと言って良い実績。産経大阪杯で競り負かしたキズナのその後を見るとあまり過大評価をしてはいけないのかなぁとも思うんですが、今回以上にメンバーが揃っていた有馬記念でも0.2差の6着ですから一線級の牡馬との比較でも上位評価して良さそうです。久々だった前走が10㌔増で今回の調教後の馬体重ではそこから14㌔増と馬体がどんどん逞しくなっているようですからおそらく今が充実期。ディープ産駒ですが、今回のメンバーの中ではGSに次ぐ道悪巧者なので今の馬場も問題なし。
inyofu ◎ラキシス
〇人気ブログランキングへ
▲ゴールドシップ
☆デニムアンドルビー
△ワンアンドオンリー
タイトル通り3連系を中心にハイリターンを求めて中央・地方の重賞レースを中心に予想する斉藤氏のブログ。本命にラキシス指名も、マークするハズだったゴールドシップ大出遅れ&スローペースに泣かされ8着と不完全燃焼でレースを終えた。

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎15ゴールドシップ
○6デニムアンドルビー
▲13ラキシス
△5カレンミロティック
△12レッドディヴィス
△16ラブリーデイ
△8ディアデラマドレ
inyofu 2年連続2着に来ている対抗は、デニムアンドルビー
昨年はヴィクトリアマイルからというローテーションでしたが、今年は天皇賞春からというローテーションなので、間隔があくこともあり昨年よりもしっかり乗り込めています 対抗にした1番の理由は、3週前追い切り
この馬にしては、珍しく坂路で速い時計を出したんですが、52.9秒のしまい12.6秒で、加速ラップ 坂路であまり時計を出さないということもありますが、自身の1番時計です
昨年は坂路で速い時計がなかったので、差のない5着だった昨年よりもパフォーマンスを上げてくると思います
最終追い切りは、併せ馬で先着出来ませんでしたが、ディアデラマドレを追走してのものですし、楽な手応えで11.5秒と自身はしっかり伸びていますし、意識的に強くやらなかったと思うので、良い最終追い切りが出来たと思います
昨年以上に走れれば、馬券圏内だろうと思い、対抗にしました

馬券は全て、ゴールドシップ、デニムアンドルビーが一緒に来ないと当たりませんが、その分少点数なので、ワイドを本線に厚めにいきます
独自の好走調教データを持っているタレント天童なこの予想ブログ。自身も宝塚記念的中3連覇がかかっていたが、本命ゴールドシップが不発。対抗にデニムアンドルビーを持ってきたところは相性がいい証拠だろう。

【中穴狙いの競馬予想】

inyofu ◎ ラキシス
持続力が生かされる舞台適性は抜群。この馬の強さを評価すると同時に、
三連覇というものの難しさを考慮。

〇 カレンミロティック
好枠・好適性・安定感あり。抜けきる印象はないものの、
昨年と同じぐらいの順位には来るはず。

▲ ラブリーデイ
大外枠はうれしくないが、何よりも今一番好調な馬。
この距離ならゴールドシップにも先着可能。

△ ゴールドシップ
あっさり勝ってもおかしくは無い。ただ、やはり三連覇というものは難しく、
スタートがうまく決まるかどうか大きくかかわる距離というのも。

× ヌーヴォレコルト
枠はうれしくないが、持続力が問われる舞台適性はあるはず。

× ネオブラックダイヤ
距離は短いが、天皇賞(春)ではラブリーデイやキズナに先着している。

× デニムアンドルビー
まったく掴めない馬になったのでとりあえず入れておく馬…。
豊富な展望予想なおかつ、注目予想家の中でも断トツの的中率を誇るたいせー氏のブログ。買い目にラブリーデイ、デニムアンドルビーを入れるも、ラキシス本命で馬券を逃す。同氏にとって2週連続で不的中は珍しい。

今週の馬キュンは!?

今週の馬キュンは、梅雨の中外ロケを敢行。その影響か馬キュンメンバーの予想も湿り気味。極度のスローペースは想定できなかったか。

【こりゃ深すぎるww覆面馬主の馬券談義!】

1号の予想
inyofu ◎15 ゴールドシップ
〇11 ヌーヴォレコルト
▲14 トウホウジャッカル
☆5 カレンミロティック
△2 トーセンスターダム
△6 デニムアンドルビー
△8 ディアデラマドレ
△7 ワンアンドオンリー

馬券は、ゴールドシップからの馬連と馬単、ゴールドシップとヌーヴォレコルト2頭軸の3連複を印の馬へ。
2号の予想
inyofu カレンミロティック!

頭狙いの◎というより、3複の軸としての◎というイメージです。
地味な印象で、人気にはならないのですが、昨年の宝塚記念2着、本年天皇賞春3着は、ゴールドシップや他のGI馬にはインパクトとして劣ることは事実ですが、それに劣らない成績としてとらえた方が良さそう。成長力のあるハーツクライ産駒がここにきてじわじわと力をつけてきて、ようやく本格化!といったイメージです。天皇賞の後は多少疲れが出たようですが、タフな競馬を経験したことの方が大きな財産になっているはず。

◎5 カレンミロティック
〇15 ゴールドシップ
▲13 ラキシス
☆7 ワンアンドオンリー
△11 ヌーヴォレコルト
△16 ラブリーデイ
△8 ディアデラマドレ
穴3 ネオブラックダイヤ
8号の予想
inyofu ◎ゴールドシップ

2年連続の宝塚記念勝ち馬。もし、昨年この場で最終結論を公開していた場合、2年連続の勝利を狙って涙を飲んだ有力馬のデータをピックアップして、ゴールドシップ不安ということを結論にしていたと思います。 しかし、データを塗り替えてしまったゴールドシップ。データではあてはめることができない強さということ。 特に、この阪神は7戦6勝2着1回。絶対に負けない!とは言えない馬なのは皆様ご存じの通りですが、この馬以外に◎はつけられないと判断しました。
inyofu ◎⑮ゴールドシップ
○⑯ラブリーデイ
▲⑪ヌーヴォレコルト
☆⑧ディアデラマドレ
△①ショウナンパンドラ
△⑤カレンミロティック
抑⑬ラキシス
抑⑦ワンアンドオンリー
ブログ記事から一転、うまキュレサイトで予想することになった覆面馬主達の予想コラム。1号~3号までゴールドシップ中心の予想だったので的中はナシ。

↓↓↓他の覆面馬主達の予想結果の詳細はこちら↓↓↓

超大穴馬券といった配当ではないが、今回的中者は一人もおらず。最大の要因はゴールドシップ。阪神実績やメンバーを考えれば軸不動だが、中距離路線でこのオッズ、そして何よりもゴールドシップの出遅れを考えたら頭固定では買いづらい。そういってラキシスを本命にしたうまキュレ班もあえなく撃沈。この実績ある2頭が飛んだならもう仕方ない(事故)という感じで割り切ったほうが良いだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line