TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】ラジオNIKKEI賞
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】ラジオNIKKEI賞

馬キュレ
どもっ!覆面8号です。

早速本題ではございますが、今週末の2重賞のデータを公開いたします!

先週は宝塚記念にて推奨馬として上げたラブリーデイが勝利。
3着となった11人気のショウナンパンドラも推奨馬として公開いたしました。

まぁ8号の最終結論は残念ながら、牝馬を得意とする5号さんが推奨馬としてただ1頭上げていた10人気のデニムアンドルビーを拾うことができず、馬券は不的中となりましたが…


こりゃ深すぎるww覆面馬主【牝馬限定の5号】6月28日(日)阪神1R 予想


では今週末の2重賞のデータを公開いたします!

ラジオNIKKEI賞(GⅢ)
3歳 芝1800m
※ハンデ戦になった06年以降、過去9年の傾向です。

コース分析が出来れば馬券は当たる! 【福島芝1800m】


攻略のカギ

●傾向

1、人気と配当
①人気は(0.2.2.5)と勝ち星はなく、わずか2連対と信頼度はひと息。アテにするなら(3.2.1.3)の②人気。③人気は(1.1.0.7)と①人気同様に結果が出ていない。馬連平均配当は10468円。10倍台がある一方で、万馬券も3回あって両極端。

2、ステップ
13年に2回福島の3週目から開幕週に移ったが、施行時期は変わっていない。好走馬が多いのは青葉賞組(3.0.0.3)、NHKマイルC組(0.1.3.5)※今年は該当馬なし。前走オープン特別組は(0.5.2.25)と勝ち星がないのに対して、前走500万組は(3.2.3.30)。特に前走①人気1着馬の活躍が目立つ。

3、前走時期(好走馬のほとんどは前走が5月以降)
3着以内27頭中26頭の前走は5月以降で、残る1頭にしても前走は4月29日の青葉賞。12年は皐月賞以来だった④人気アーデントが12着と、間隔があいた馬は苦戦。
★3月の毎日杯以来のアッシュゴールド、ナヴィオンは苦戦必至!?

4、血統(SS系の血を持っている馬が大活躍)
連対馬18頭中15頭は父か母父がサンデーサイレンス系だった。ただ、3着馬に限れば該当馬は9頭中3頭。SSの血を持たない馬でも連下なら買える。

●波乱の主役

5、前走が関東圏のダービートライアル
前走プリンシパルS、青葉賞組は(3.2.1.11)。いずれも本来なら権利を獲得してダービーにピークの体調で臨みたかったはずだが、それは叶わず、ここへ出走してきたクチ。しかし、デキはグンと上昇しており、これが好走につながったようだ。09年⑬人気2着サニーサンデーのように、トライアルで大敗した馬が変身するケースもあり、前走着順は問わずに狙いたい。
★ストレンジクォーク、マルターズアポジーは青葉賞、プリンシパルSを大敗した反面、十分に間隔をとって出走できる。ともに人気薄必至で穴に一考。

●これが危険

6、トップハンデの関東馬
①人気を裏切った06年4着トウショウシロッコ、13年15着ガイヤースヴェルトを含めてトップハンデを背負った関東馬は(0.0.0.9)。たとえ他馬と斤量差が小さくても割引が必要。

⑦前走条件戦組
前走条件戦組で馬券に絡んだ13頭中7頭は重賞経験があり、残る6頭中5頭は複勝率100%と底を見せていなかった。14年はどちらも満たさなかった馬が7頭出走して4、5、9、10、12、13、16着に敗れた。
★昇級初戦、古馬相手の前走で2着に好走したグランアルマダだが、重賞出走歴がなく、複勝率も50%。見送り。

データ総合の結果
推奨馬は5頭!
1頭目=グリュイエール
2頭目=ストレンジクォーク
3頭目=マルターズアポジー
4頭目=キャンベルジュニア
5頭目=レアリスタ

CBC賞のデータはこちら


side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line