TOP > 予想/馬券 > コース分析ができれば馬券は当たる!【函館芝1800m】
予想/馬券

コース分析ができれば馬券は当たる!【函館芝1800m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

オープン競争の巴賞や数多くの特別競走が組まれる函館芝1800m。果たしてどんな傾向が見られるのか!?今回はこのコースを枠、血統、騎手などから特徴を探り出しまとめてみた。データは2010年からのものに基づく。
馬キュレ

【枠順別成績】1枠が美味しい!

馬キュレ
枠順別成績はご覧の通り。勝率、連対率ともに目立った差はないが、複勝率を見ると1枠の馬の成績が頭一つ抜き出ている。さらに1枠の回収率は単複ともに130%近い数値を出しており、買い続けるだけでプラスに転じる。迷ったら1枠の馬を買い目に入れることをおススメしたい。

【脚質別成績】コース形態から前が有利!

馬キュレ
函館芝1800mはスタンド前からのスタートで、1コーナーまでの直線距離は276mと短く、すぐにコーナーへと移っていく。これが原因で上のクラスでもテンの3Fが速くならない傾向にあり、前を走る馬がそのまま粘りこむ場面がよく見られる。逃げ・先行馬が圧倒的に有利だ。

【種牡馬別成績】サンデー系が優勢!ロージズインメイ&ファルブラヴは回収率が優秀!

馬キュレ
ランキング1位はキングカメハメハだが、上位にはサンデー系の種牡馬がずらりと並ぶ。速い持ち時計はいらないコースだが、決め手比べになることも多いためと考えられる。回収率で優秀なのはロージズインメイとファルブラヴ。産駒がデビュー2年目のハービンジャーは今後さらに勝ち星を伸ばしそうだ。

【騎手別成績】トップは四位!武幸四郎に要注意!

馬キュレ
1位は11勝を挙げている四位騎手。一際回収率で目を引くのは武幸四郎騎手だ。函館の距離別の成績ではこの芝1800mでだけ、上位20人にランクインしている得意コースなので、覚えておいて損はない。

【厩舎別成績】安定感のある須貝厩舎!

馬キュレ
厩舎別成績はご覧の通り。勝利数トップは須貝厩舎で7勝。2位は僅差で6勝の藤沢厩舎だが、勝率・単勝回収率を比較すると、須貝厩舎のほうが優秀だ。連対率60%の菊沢厩舎にも注目だ。

今回も馬券的中へのヒントになるような有益なデータがたくさん得られた。これらを上手く活用し、収支の向上に繋げたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line