TOP > 予想/馬券 > コース分析ができれば馬券は当たる!【函館芝2600m】
予想/馬券

コース分析ができれば馬券は当たる!【函館芝2600m】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
覆面馬主・データの8号監修
コース分析最新版は、競馬のカリスマ内にて無料公開中!
覆面馬主・データの8号監修「8ラボ」
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


karisuma

小回りで且つ長距離というかなり特殊なこのコース。果たしてどんな傾向が見られるのか!?今回はこのコースを枠、血統、騎手などから特徴を探り出しまとめてみた。データは2010年からのものに基づく。
馬キュレ

【枠順別成績】内枠有利は明らか!

馬キュレ
枠順別成績はご覧の通り。この条件のレースは小頭数になることが多いため、あまり枠順の有利不利はなさそうにも思えるが、データからは内枠有利な傾向がはっきりと見て取れる。しっかりと頭に入れておきたい。

【脚質別成績】スローで流れて前有利!

馬キュレ
スタート後2ハロンのペースは速いが、その後は平均~スローペースで流れるのが特徴。2周目の4コーナー手前から仕掛けあいになることが多い。基本は前有利。

【種牡馬別成績】クロフネ産駒が高アベレージ!

馬キュレ
勝利数トップが3勝で5頭が並んでいるが、出走頭数わずか8頭ながらこの成績を残しているクロフネ産駒に注目したい。クロフネと同じノーザンダンサー系の他の種牡馬も比較的好成績だ。

【騎手別成績】岩田騎手が凄い!

馬キュレ
騎手別成績はご覧の通り。トップは藤田騎手で、2位は三浦騎手。7位の岩田騎手の複勝率は50%を超えているので、馬券からは外せない。

【厩舎別成績】萩原&音無厩舎に注目!

馬キュレ
厩舎別成績はご覧の通り。2勝を挙げている調教師が7人。2頭に1頭が勝利している萩原&音無厩舎に注目したい。

この条件でのレースの施行はあまり多くはないが、その分傾向がはっきりと出ているのものも多かった。これらを上手く生かし、馬券の的中へと繋げたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line