TOP > 競走馬 > 【2015年POG】鞍上絶賛のダービー馬候補!福永騎手に念願のダービーを!?シルバーステート
競走馬

【2015年POG】鞍上絶賛のダービー馬候補!福永騎手に念願のダービーを!?シルバーステート

7月14日のセレクトセールで全弟となるシルヴァースカヤの15が1億2000万という金額で高額取引された。このことからこのファミリーの注目度の高さがわかる。敗れはしたが、シルバーステートも新馬戦で1番人気に支持されたように期待度は高い。シルバーステートについてまとめてみた。
馬キュレ

シルバーステートのプロフィール!

父:ディープインパクト
母:シルヴァースカヤ
性別:牡馬
毛色:青鹿毛
誕生日:5月2日
馬主:(株)GⅠレーシング
厩舎:栗東・藤原英昭
生産者:ノーザンファーム

全弟のシルヴァースカヤ15が1億2000万円で取引!

inyofu 14日、日本最大のサラブレッド市場「セレクトセール」(主催・JRHA日本競走馬協会)で、当歳馬のセールが行われている。  上場番号350、ディープインパクト産駒の牡馬「シルヴァースカヤの2015」が1億2000万円で落札された。落札者は猪熊広次氏。  セリは7000万円からスタートし、じわじわと声がかかって1億円に到達。最終的に1億2000万円で落札された。本馬の半兄セヴィルは豪GI・AJCメトロポリタンHを制した。また、全兄シルバーステートが7月11日の中京競馬でデビューしている。
シルバーステートは1億円で落札されたが、全弟はそれを上回る1億2000万円の値がついた。この高額取引からもシルバーステートのファミリーの注目の高さが伺える。

福永騎手がダービーを狙えると絶賛!

inyofu さあ「ダービー馬候補」の登場だ。逸材シルバーステート(牡、藤原英、父ディープインパクト)が11日中京5Rの新馬戦(芝1600メートル)でベールを脱ぐ。福永祐一騎手(38)は「ダービーを狙える」と絶賛。先週2日には馬なりでCウッド6ハロン83秒3-11秒7と抜群の切れ味を披露した。藤原英厩舎からの早期デビューは例が少ないが、10年ダービー馬エイシンフラッシュは同じ7月に初陣を迎えている。

【メイクデビュー中京】レースセンスの高さを見せるもハナ差交わされ2着

好スタートから2番手につけると、うるさい面をみせながらも折り合いをつけて直線へ。オーバーカムに並びかけられ、早めに抜け出すといい脚を使うも、ゴール直前にアドマイヤリードの末脚につかまってしまいハナ差の2着。
以下はレース後の福永騎手のコメント
inyofu 2着 シルバーステート(福永騎手) 「もう少し調教を積んでおいた方が良かったかな...。その分、追い比べでは分が良くありません。ただ、レースそのものは上手で、成長して秋にはもっといい走りをしてくれると思います」

ドイツ産の半兄セヴィル(父ガリレオ)は愛ダービーとパリ大賞典で2着に好走した。半姉ヴィルジニア(父ガリレオ)や全兄のオリハルコンもPOG期間内には勝ち上がっており、血統自体のポテンシャルは高いのは間違いないだろう。鞍上の福永祐一騎手もダービーを狙える馬と、シルバーステートを絶賛しており、早くも来年のクラシックに期待がかかる。前走の新馬戦では2着に敗れてしまったが、本格的に調教を積んではいない現状を考えれば、むしろ素質の高さが感じられた走りであった。5月2日と若干遅生まれであるが、逆に考えればまだまだ成長が見込めるこの馬。シルバーステートが福永騎手に念願の”ダービージョッキー”の称号をプレゼントしてくれるかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line