TOP > コラム > 覆面馬主軍団の逃げ馬プロジェクト【7月18日版】
コラム

覆面馬主軍団の逃げ馬プロジェクト【7月18日版】

馬キュレ
逃げ馬プロジェクト!

今週の逃げ馬プロジェクトの担当は俺、7号だ!
セレクト&セレクションセールの合間にある今週、ぶっちゃけコラムの更新どころではない。
自分の担当コラムを書くのですら躊躇していたのに、1号のアニキから振りの電話が入った。

1号「おう7号!セレクトはお疲れな!今週も函館行くんだろ?今日入るのか?」
7号「ぶっちゃけ、宿が満室状態で全然取れ無い状態だから、日曜日に入るわ」
1号「あそうなんだ!ちなみに、来週のセレクションセールの掘り出し物見つかったか?」
7号「何頭かいい馬ピックアップできたけど、セレクトセールみたいに値段が馬鹿みたいなことになる可能性もゼロじゃねーから、なんだかテンション上がらないんだわ」
1号「じゃー日曜日に函館で、その日のうちに日高に移動か?」
7号「マジで、車で移動したら何時間かかるんだよ・・・って距離だし、キツイわ・・・」
1号「マジ逃げたいくらいだろ?」
7号「マジで、この過酷さから逃げたいわな・・・(苦笑)」
1号「だよな、逃げたいよな・・・。ジャー逃げ馬プロジェクトのコラム頼んだ!今なら、逃げ馬の気持ちわかるだろ!頼んだぞ!」
7号「・・・・・・・・・・」


このくそ忙しいのに、逃げ馬プロジェクトの担当を押し付けられちまった。
マジで、コラム書くの止めて逃げ出しちまおうか?めんどくせーなーと思いながら、ふと競馬新聞に目をやった。悪い癖だな。新聞を見るとスイッチが入っちまう。しかも、あ!あの馬出てるジャン!という馬を見つけた!

今週から、各競馬場Bコース使用だし逃げ馬にはチャンスだぜ~なんて考えてたら、なぜかテンション上がってきて、あれだけコラムの執筆から逃げ出そうと謀略をめぐらせていたのに、こうしてコラムを書いてる次第だ(笑)

さて、その馬が出走するレースは・・・

福島10R 信夫山特別!

◎はマイネルリード!

ぶっちゃけ、逃げるかどうかはわからないが、スタミナ豊富な一本調子の馬。前走を見る限りそのスタミナと脚質を活かすには逃げが最適なんじゃないか?しかも、関連クラブ馬のウインアルザスと自クラブ馬のマイネルテンクウ、そしてこの馬しか前に行く馬が居ない!人気は、ディスキーダンス、レイズアスピリットの降級組み2頭だろうが、ハンデ57がどういう影響を与えるかが微妙だし、ともに、後方からの競馬を主なスタイルとしているので、ポカもありえる。そんななか、3歳のマイネルリードはここを勝つと菊花賞出走のチャンスがめぐってくる。ということは・・・逃げるにしても逃げないにしても、同系列のウインアルザス、マイネルテンクウとの競り合いは考えづらい。ウインアルザスはもう5歳。しかも、昇級戦で楽ではない戦い。マイネルテンクウは6歳。オーナーサイドの期待値が高いのは3歳のマイネルリードだろう。となれば、クラブのためにもマイネルリードには勝ってもらって菊花賞に出走してほしいと考えるはずだ。マイネル軍団御用達の鞍上大野と柴田大へも、マイネルリードが行くなら控えて、後続の露払いに徹しろ!くらいの指示が出てもおかしくないと見る。

また、人気馬だが、戸崎・丸山の一騎打ちムードだが、この二人は同じエージェントの騎手。必要以上に互いの情報が入っていて、お互いにけん制しあうようであれば、さらに前残りの目が高まる。

結論

◎5マイネルリード
〇2ディスキーダンス
▲7レイズアスピリット
☆3パリソワール
△4ルミナスレッド
△8マイネルテンクウ
△9ナンヨーケンゴー

ディスキーダンスとレイズアスピリットはこの印以下には出来ない馬。お茶を濁しての〇▲評価だ。本当の意味での本線は☆のパリソワール。この馬、福島2600mで2走前に負けてるが不利がだいぶ堪えた。あの不利が無ければ正直馬券圏内はあったと見ている。前走は力勝負の東京ではちょっと厳しかったが、11着とはいえ着差がコンマ5秒。蛯名も連続して騎乗するくらいだから脈を感じているはず。福島2600mならこのクラスでも、内目でセコク乗れば54キロのハンデで一角崩しもありえると見ている。

買い方
◎の単勝
◎☆のワイド1点
◎〇▲の3連複1点
◎からの馬連を印へ

土曜日の逃げ馬プロジェクトはこれで決まりだ!

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line