TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】函館記念予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【小鳥の7号】函館記念予想

馬キュレ
日曜日に函館入りする予定だったのだが、急遽某生産者から連絡が入りどうしても馬を見てほしい…という強烈な営業を断り切れず、なぜか日高行きの車中で車酔いと戦いながらこのコラムを書いている。

セレクションセールの候補には入っていない馬なのだが、生産者がそこまで言うなら見てやろうじゃねーか!という事で、土曜の朝一便で千歳に飛んだ。

好きな種牡馬じゃなかったことで、買うつもりはハナから無く、馬体チェックリストに入れてなかったのだが、稀にこういったケースで掘り出し物に出会う事も有る。アゴアシ付きで馬見が出来るなら願ったりかなったりだ。

馬を見た後は生産者の家で酒を振る舞ってくれるという甘言に誘われてノコノコ遠征してきたことは否めないが、酔っ払ってからコラムを書く気にはならないので車中で気合を入れて書いている。

もちろん、題材は函館記念。

リピーター、高齢馬、こういったフレーズがピッタリの函館記念。滞在競馬で小回りの洋芝、どの馬にもチャンスがある事の証明みたいなレースなので、1号のアニキが言うような「くじ引き」的な要素もあるレースではあるが、俺個人としては相性がなかなかいいレースだ。

さて、今回の函館記念だが、結論から言うとエアソミュールが抜けているように感じる。
昨年の覇者ラブイズブーシェ、前哨戦の巴賞覇者のマイネルミラノ、金杯3着・中日新聞杯2着のデウスウルト、ポテンシャルは有りながらもOP特別の上位常連に留まっているレッドレイヴン。魅力的なメンバーも居るのだが、やはり、天皇賞馬スピルバーグを押さえて勝利した毎日王冠の実績が光るエアソミュールが能力的には2枚上だと見る。

2枚上。

と表現したのは、他馬にまだまだ条件が付く馬が多いからだ。
ラブイズブーシェは、苦言を呈したくはないがオーナーの迷走が原因で調子を落とした典型だろう。なぜ、付きっきりで調整までしてくれて、レースでも手の合うフルキチをクビにしたのか?という点については全く理解できない。今回フルキチの手に戻った事と、函館の水が合う事で買い目に指名はするが、走る気が戻っているかどうかはレースにならないとわからないというのが本音。

マイネルミラノはアーデントの出方がカギになる。トビが大きく、器用に立ち回れるような感じがあまりしないアーデントが積極策でハナを主張した時に、マイネルミラノ鞍上丹内が武豊のハナを叩けるのか?ここに疑問が残る。台風の影響で雨予報が出ている函館だけに、アーデントも行くだけ行くだろう。地元の重賞で丹内が気負いすぎると、自分のリズムで走れなくなる可能性も有る。

デウスウルトの前走は確かに急仕上げだが、馬というのは一旦リズムを崩すと中々元に戻らないケースもある。もちろん前走からの上積みは大きいが、前走の負けが精神的なトラウマとなってない事を祈りたい。
巴賞でマイネルミラノに千切られたレッドレイヴンとリベルタスだが、あの少頭数であそこまで千切られると能力的に足りない…という見解になっても否定できない。前走よりもメンバーの上がる今回、どこまで自分の競馬が出来るのか?半信半疑である。

この見解を元に結論を導き出すと、

◎11エアソミュール
〇12デウスウルト
▲16マイネルミラノ
☆7ラブイズブーシェ
△13レッドレイヴン
△10リベルタス
穴5ダービーフィズ
穴8アーデント

となる。

買い方
本線は、◎からの馬単で〇▲☆△△の5点を比率をつけて。

押さえの配当狙いで3連複フォーメーション

1頭目 ◎
2頭目 〇▲☆
3頭目 〇▲☆△△穴穴
この15点。

他にも函館で狙いたい馬やレースもあるのだが、コラムではここまで。
他のレースも気になるという読者は俺のツイッター(@offrecoroom)を気にしとくといい。
競馬場からライブでつぶやくかもしれないからな。

今日の所は以上だ。
じゃーな!


他の覆面馬主のコラムは以下から。↓
血統の1号⇒コラム
1点勝負の2号⇒コラム
WIN5の4号⇒コラム
イケメンの5号⇒コラム
砂の6号⇒コラム
データの8号⇒コラム
未勝利の9号⇒コラム
夏競りまでに資金10倍を目指せ! 2歳単勝勝負プロジェクト! ⇒【7月19日版】
覆面馬主軍団の逃げ馬プロジェクト ⇒【7月19日版】

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line