TOP > 競走馬 > 2015年【中京記念】距離は大丈夫か? 左回りは得意! カオスモス!
競走馬

2015年【中京記念】距離は大丈夫か? 左回りは得意! カオスモス!

最近は1400m戦での好走が多くなっているが、マイル重賞でも2連対しているようにマイルも範囲内であるカオスモス。中京は初コースとなるが、軽い芝での好走が多く吉と出るか凶と出るか。しかし、先行力は大きな武器であり好勝負も見込める。カオスモスについてまとめてみた。
馬キュレ

カオスモスの血統! パワーを兼ね揃え、多少の雨は関係なし!

inyofu 「◎カオスモスは『マイネルラヴ×ファルブラヴ』という組み合わせ。母メアリーズガーデンはトーセンキャプテン(函館記念、アーリントンC)の半妹で、2代母サンデーピクニックは日本産馬ながらヨーロッパでデビューし、クレオパトル賞(仏3)を勝った。母の父ファルブラヴはフィリーサイアーとして有名なので、母の父として成功するかもしれない。パワーを兼ね備えた配合なので多少の雨ではびくともしない。」

【ダービー卿チャレンジT】大外だろうが関係なし!持ち味生かして2着健闘!

中山芝1600mでは不利とされる大外枠からの発走だったが、好スタートから先団につけると、終始絶好の手応え。残り200mで先頭に並びかけて前を交わすも、内を突いてきたカレンブラックヒルに差され2着。枠の差が結果につながった結果となった。
以下はレース後の内田騎手のコメント
inyofu 2着 カオスモス(内田博騎手) 「出来れば前の3頭で坂を上がるまで我慢したかったですが、1頭故障して早めに先頭に立つ形になり、追い出さざるを得ませんでした。それでもよく頑張っています」

【オーロカップ】キレ負けするも力は発揮!

鞍上に初コンビとなる名手ムーア騎手を迎えて1番人気に支持された。レースは8枠からのスタートで、終始中団の外目を追走。直線でも追い出しを我慢して、坂を上ったあたりから追い出し開始。そのまま押し切るかと思われたが、最後にダノンプログラマーの末脚に屈して2着。
以下はレース後のムーア騎手のコメント
inyofu 2着 カオスモス(ムーア騎手) 「理想通りの競馬でした。しかし、競っていた馬がたれて、左にモタれ、追うに追えない状態になりました。その分、交わされてしまいました」

【パラダイスS】勝ちにいくも最後が甘くなり強襲される

1枠1番からのスタートで、好スタートから先団につけると内をロスなく回り、直線コースへ。直線では早々に逃げたミナレットに並びかけて、坂を上り切ったところで先頭へ。そのまま押し切るかと思われたが、外にもたれる面を見せ、最後にスマートオリオンにかわされてしまった。
以下はレース後の内田騎手のコメント
inyofu 2着 カオスモス(内田博幸騎手) 「最近は走っていませんでしたが、もともと力のある馬ですからね。これだけ走ってくれれば、これからも楽しみです」

3歳時には期待を集めていたカオスモス。マイルの重賞でも2度の連対経験があり、ここでも注目の存在だ。今回は同型の先行馬が揃ってはいるものの、接戦になればしぶといカオスモス。まだ重賞は勝っていないが、ここで初の重賞タイトルを期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line