TOP > 競走馬 > 【2015年関屋記念】同条件で好走歴あり! 乗り替わりが起爆剤となるか!? アルバタックス
競走馬

【2015年関屋記念】同条件で好走歴あり! 乗り替わりが起爆剤となるか!? アルバタックス

アルバタックスはオープン入りしてから3着が最高と、いまいち勝ちきれない競馬が続いている。新潟のマイルは2戦して2着と3着で、コース相性は悪くない。先行して勝ったり、追い込んで勝利したりと、脚質に幅がある点がこの馬の特徴である。また、関屋記念は外枠が断然有利というデータがあり、外枠に入ることができれば重賞で初めて馬券圏内に入る確率もいっそうアップするはずだ。重賞でも通用するところを見せたいアルバタックスについてまとめてみた。
馬キュレ

【関屋記念】1週前追い切り情報!

アルバタックスの1週前追い切りは馬なりで軽めの調整。使い詰めで来ているが、陣営によると元気は有り余っているということなので疲れは心配しなくて良さそうだ。以下、本馬に対する陣営の期待のコメントを載せる。
inyofu アルバタックスの1週前追い切りは坂路馬なりで4ハロン57・4―42・4―14・4秒。レース間隔が詰まっているため内容は軽めだが、この馬の動きはできている。
上田助手「前走(中京記念=6着)はかなり後ろからになったけど、折り合い重視で運んで最後はいい脚を使ってくれた。この中間も元気いっぱいだし、新潟とも相性がいいからね」

【2014年修学院ステークス】大外突き抜ける!連勝でオープン入り!

前走の清滝特別を先行策からそのまま押し切り1600万入りを決めていた本馬であったが、その勢いは留まることを知らなかった。この日は御在所特別の時のように中段後ろで脚を溜めると、直線では大外から豪快な伸びを見せる。最後は2着のブレークビーツに1馬身1/4差をつける快勝で連勝。一気にオープン入りを決めた。
↓アルバタックスが制した修学院ステークスの動画はコチラ
inyofu 「うまく折り合いをつけて運べました。前回は1800m戦で流れが遅くて掛かったので、そのあたりが課題ですが、馬は確実に良くなっています」

【谷川岳S】根性発揮し3着!

オープン入りした2戦、勝てない競馬が続いていた本馬。初コンビの丸山元気騎手に乗り替わった一戦は3番人気に推された。レースでは一団となった馬群の5番手を進むと、直線は他馬と馬体を併せながらじりじりと伸び3着を確保した。

【中京記念】上がり最速も敗戦…

武豊騎手が3度目の手綱を握ったGⅢ・中京記念。道中は後方2番手を追走し、脚を溜めてしまいにかける競馬に徹する。直線で大外に持ち出されるとメンバー中最速の上がり3ハロン34秒1の脚を繰り出したが、時すでに遅く6着に敗れた。
inyofu アルバタックス(武豊騎手) 「折り合いを最優先にレースを進めました。よく伸びていますが、最後の50mでにぶりました」

確たる逃げ馬がいない今回の関屋記念。現在の予想オッズは7番人気と伏兵的な存在である。前走のような競馬をすると追い込みがきかずに敗れる可能性も高く、先行して押し切り勝ちした経験もあるアルバタックスを、初コンビとなる内田博幸騎手がどう乗りこなすか、ベテランの手腕が問われる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line