TOP > 予想/馬券 > 【第47回函館2歳ステークス 】最終追い切り情報&タイムまとめ
予想/馬券

【第47回函館2歳ステークス 】最終追い切り情報&タイムまとめ

7月26日(日)に行われる函館競馬場のメーンレース【第47回 函館2歳ステークス 】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 5枠9番 ブランボヌール

inyofu ブランボヌールはWコースでブリヤン(3歳未勝利)と併せ馬。2馬身追いかけて、3コーナーで並びかける。直線は持ったままで併走馬を突き放し、楽々と5馬身先着。時計も5ハロン68秒5、3ハロン40秒3-13秒0でまとめた。「先週は騎手に乗ってもらって一杯にやった。きょうは馬なりだけど、満足のいく動きでした」と中竹調教師。

2枠4番 メジェルダ

inyofu もう1頭のディープインパクト産駒、メジェルダの仕上がりも万全だ。函館Wコース馬なり単走で5F68秒5~1F13秒3をマーク。手綱を取った四位は「仕上がりが早く、勝った後も引き続きイイ感じ」と満足顔。

6枠11番 メジャータイフーン

inyofu メジャータイフーンは、Wコースで3頭併せ。2頭を追いかける形でスタートし、最後は内シーリーヴェール(500万下)、外ヴィータアレグリア(500万下)と併入。4ハロン54秒6、3ハロン39秒2-12秒6で迫力満点に駆け抜けた。  騎乗した三浦騎手は「気持ちよく走っていたし、初戦の追い切り以上に力強い走りでしたね」と好感触。

2枠3番 ラッキーボックス

inyofu メンバー唯一の前走福島組であるラッキーボックスは17日に函館入りし、19日に初時計。日曜日の動きを見る限り、輸送をなんなくこなしたようだ。最終追い切りは藤岡康騎手を背に、函館ウッドで同厩のヒルダ(同レースに出走予定)と併せ馬。ヒルダ→ラッキーの隊列で直線へ向かうと、仲良く馬体を並べてゴールしている。両騎ともに雰囲気は上々で、大きな懸念材料は見当たらない。

3枠6番 ヒルダ

inyofu ヒルダは函館2歳Sに出走する僚馬ラッキーボックスと函館Wコースで併せ馬。5F71秒7~1F12秒7。最後まで余力たっぷりで併入した。黒岩師は「中2週なので反応を確かめる程度。鞍上の指示通りに動けているし、やれば伸びそうな手応えがあった」と出来は太鼓判。

6枠12番 マコトルーメン

inyofu マコトルーメンは、勝浦騎手が騎乗(レースは横山典騎手)してWコースでマイグレートレルム(3歳未勝利)と併せて、5ハロン69秒0、3ハロン39秒9-12秒8をマーク。馬なりで鋭い反応を見せて、1馬身先着した。水野調教師は「先週もやっているし、今週はサラッと。順調ですね。なかなか2歳で初戦のような勝ち方はできないと思うし、重い馬場は大丈夫。楽しみです」

その他出走馬追って一言

inyofu ▼アルマククナ(勝浦)上積みはある。新馬戦は期待以上の内容。スタートの速さを武器に。

▼オデュッセウス(吉田隼)3角から自分でハミを取って行った。一生懸命に走るし、短距離は合う。道悪でも大丈夫。

▼タイニーダンサー(角川師)父系のイメージとは明らかに違うタイプ。芝に替わってもやれると思う。力が入る挑戦。

▼ペイシャオトメ(長岡)中1週なのでそんなにやる必要はなかった。

▼ラッキーボックス(藤岡康)行きっぷりが抜群。他場の新馬勝ちから函館2歳S優勝がないのは知っているがチャンス。

▼ラプレシオーサ(田中淳師)中距離タイプで追走に苦労するかも。ポテンシャルに自信があるので頑張ってほしい。

▼リンダリンダ(角川師)現状はスピードを生かすレースをしているが、脚質に柔軟性はある。芝もこなせる血統なので。

▼レディトリス(菱田)テン乗りだけど調教は何度も乗っているし、癖も把握できた。スピードがあって1200メートル向き。

最終追い切りタイム一覧

inyofu アルマククナ 牝2 54 勝浦正樹 22日函W良:70.1-54.3-39.6-12.3:強め
オデュッセウス 牡2 54 *吉田隼人 22日函W良:68.3-53.7-40.0-12.7:強め
コスモフレンチ 牡2 54 丹内祐次       連闘軽め
コラッジョーゾ 牡2 54 *松田大作 23日函W稍:68.8-53.1-38.8-12.9
タイニーダンサー 牝2 54 桑村真明 22日門坂良:35.2-23.5-12.1
ドナルチア 牝2 54 *池添謙一       連闘軽め
ヒルダ 牝2 54 柴山雄一 22日函W良:71.7-55.0-40.4-12.7:馬也
ブランボヌール 牝2 54 岩田康誠 22日函W良:68.5-53.3-40.3-13.0:馬也
ペイシャオトメ 牝2 54 長岡禎仁 22日函W良:54.4-39.6-13.0:馬也
マコトルーメン 牡2 54 *横山典弘 22日函W良:69.0-54.0-39.9-12.8:馬也
メジェルダ 牝2 54 四位洋文 22日函W良:68.5-53.3-38.7-13.3:馬也
メジャータイフーン 牝2 54 三浦皇成 22日函W良:54.6-39.2-12.6:強め
ラッキーボックス 牝2 54 *藤岡康太 22日函W良:71.3-54.6-40.0-12.7:馬也
ラプレシオーサ 牝2 54 服部茂史 22日門坂良:36.4-23.9-11.8
リンダリンダ 牝2 54 丸田恭介 22日門坂良:36.3-24.6-13.0
レディトリス 牝2 54 *菱田裕二 22日函芝良:68.6-52.4-38.7-12.1:馬也

うまキュレ班のおススメ好調教馬は、ブランボヌール、オデュッセウス、ラッキーボックス、メジャータイフーン、アルマククナ。特にブランボヌールは外ラチ一杯を駆けて未勝利クラスの併せ馬相手を寄せ付けず1馬身先着。1秒追走して大きく突き放すなど、現時点での完成度は一番高そうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line