TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】7月25日(土)福島11R・中京11R・函館11R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【データの8号】7月25日(土)福島11R・中京11R・函館11R予想

馬キュレ
どーも皆さんこんばんは
データの8号です。


いやー当たらない

ホントに当たらない

まー当たらない

当たらないんですよ

ワタクシ。

まぁなんだって言うと函館なんですけどね。

先週のコラムでも言いましたけど、函館が非常に不調なんですよ。

6月20日から始まった函館開催ですが、まぁものの見事に不的中の嵐。

先週までで10鞍の買い目を、このうまキュレさんで公開したんですけど10戦2勝

的中を手にしたのは6月28日のUHB杯の3連複6890円と7月19日マリーンSの馬連3050円のみ。

なんかズレてるんですよね…

7月から始まった福島や中京では1週目からラジオNIKKEI賞で3連単75100円や翌週もプロキオンSで馬連とったり、先週も安達太良Sで3連単21260円やマレーシアCも馬連4380円に3連複6900円などなど、中々良い感じで的中をとってるんですけど、函館の成績が悪く、あまり大勝ち出来てない訳です。(厚く張ってるところが外れてるってのもあるんですけど…)

これ、つまり

函館のデータ分析の項目比重を見直す必要がある

って話なんですよ。

福島や中京の成績がいいということは、基本的にこの2場に関しては過去のデータの分析から答えが導き出せていてかつデータ項目の比重があってるってことなんですけど、函館はまるでダメ。

先週の函館記念なんかは、2着ハギノハイブリッドと3着ヤマカツエース共に拾ってないんですけど、データ的に拾えるとすると「内枠」って点だけなんですよね…

という事で、調べてみました。

2015年6月20日~2015年7月19日の函館芝の成績

連対率
1位 2番 25%
2位 9番 23%
3位 3番 21%
3位 5番 21%
5位 6番 19%

ほぼ内枠だらけなんですね。
なお、ダートは逆に外

ワタクシが函館でハズレまくってる中、他の覆面馬主の面々はまぁ結構的中を出している訳ですよ。先週も1号師匠がSTV杯でドカンと勝負したマジックシャトルの複勝や馬連・3連複の総取り。2号さんも日曜日の函館6Rで単勝350円。6号さんも土曜日の函館7Rで的中など。
負け知らず!覆面馬主達の7月18・19日の予想的中結果まとめ!

私も負けてられません。
函館に関しては今週で終了ですが、データ項目の比重を変え、的中に結びつけたいと思います。


では明日のレースの最終結論へ

■福島11R 白河特別
芝1200m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【福島芝1200m】

※11年を除いた近10年の成績

1・人気と配当
1人気の成績は(2.1.2.4)と勝率22.2%で連対率33.3%。複勝率は55.6%と1人気の信頼度はまずまず。しかし、それ以上の信頼度なのが2人気。勝率と複勝率は1人気と変わらないが、連対率は55.6%と非常に高い。また狙い目は5人気と8人気。5人気の複勝率は1.2人気と同じ55.6%。8人気に関しては勝率が33.3%と最も高い。
馬連平均配当は3141円。馬単の平均が6921円と馬連平均の倍以上=つまり人気薄の方が1着になっている回数が多いということ。この白河特別は過去9回の内定量戦が6回。その内1.2着で人気薄の方が1着になっているのは4回。配当だけで言うならば、馬連よりも馬単裏表が良いというデータ。

2・ステップ
前走1000万クラス(平場)を使ってきた馬が(3.1.2.14)という成績。連対率20%はまずまずと言える。しかし、同じ1000万クラスの特別戦であるさくらんぼS組は(2.1.2.14)と若干成績が落ちる。
前走クラスを見ると、昇級戦組が(2.1.2.12)、降級戦組が(0.2.0.5)、そして同クラスが(7.5.7.75)。狙い目はやはりここでも昇級馬。

3・枠順
内枠が鬼門で、1番枠は勝利どころか馬券圏内に一度も絡んでいない。全体的に真ん中の枠の成績が良く、また外枠もあまり良い数値ではないのだが、大外枠に関しては別。(1.1.4.3)と良い成績。詳細を見ると8人気で勝利を飾ったフレデフォートも12人気で3着となった09年のシベリアンヒートも大外枠。過去9年で人気より着順が下回ったのは3頭しかいない。

4・騎手
よっぽどこのレースを得意としているのか、柴田善臣騎手が(3.0.0.4)と勝率42.9%。勝利を上げた馬の人気は3人気・2人気・8人気と人気薄もいる。横山典弘騎手も過去2回のみだが複勝率100%。1人気と5人気とはいえ、注意は必要だろう。(今回は2名共に騎乗なし)

5・種牡馬
2勝を挙げている種牡馬の産駒はいないが、傾向を見ると勝利を上げた9頭の種牡馬の産駒の中にミスプロ系の馬が4頭。でSS系が3頭いる。2着馬に目を向けると2着2回となっているのがキングカメハメハ産駒。(連対率100%)。ミスプロ系の馬の活躍が目立つ。

以上を踏まえ同競走の本命は…

◎マンハッタンヘンジ
前走彦星賞を勝ちここに出走してきたマンハッタンヘンジ。中1週と間隔は詰まっているが、追い切りの動きは元気一杯。父はザールでゴーンウエスト系つまりミスプロの血を持つ馬。枠もデータで見る限り成績の良い6番。ステップの項目でも触れたように、昇級戦組の成績が良く、同馬は今回の出走馬の中で唯一昇級戦組。まだ体が緩かった2走前と比べ前走で一変し勝利。その勢いのままここも突破の可能性も十分ある。

◎⑥マンハッタンヘンジ
○⑩テーオートマホーク
▲⑤ゴールドペガサス
☆③ファンデルワールス
△⑧ボブキャット
△⑪スーパーアース

≪買い方≫
馬単裏表
⑥⇔⑩⑤③⑧⑪
10点

3連単1頭軸マルチ
⑥⇒⑩⑤③⑧⑪
60点


■中京11R 桶狭間S
ダート1400m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【中京ダ1400m】

コース分析でも触れられているように、2週前のプロキオンSと同舞台となるレース。
2013年よりハンデ戦で施行されており、今年もハンデ戦。近2年のデータから紐解いていく。

1・人気と配当
1人気は3着と10着。共に連に絡めておらず。2年のみのデータではあるが、連に絡んだのは4.5.6.11人気。それだけに、馬連平均配当は高く15875円。3連単も271495円と非常に荒れ気味。

2・ステップ
三宮S組が最も多く11頭だが、連に絡んだのは13年のヤマノサファイア(12番人気2着)昨年の1人気エアカーネリアンもこの三宮S組だったが10着に敗退している。※今年三宮Sと同条件のレースは花のみちS。注目が安芸Sで(1.0.1.1)3頭しかいないとはいえ、14年モエレジュンキン(11人気3着)、ヤマノサファイア(7人気6着)、13年ナリタスプリング(6人気1着)といずれも人気以上の好走。馬券に絡んだ2頭は、その安芸Sで掲示板の確保も出来ずという結果からの巻き返し。

上記傾向と、コース分析を加味した本命は

◎フミノファルコン
昇級は形だけのフミノファルコン。どのクラスでも安定した走りを見せており、悪く言えば決め手がないが、良く言えば相手なりに走る馬。前走は阪神のリボン賞(1000万クラス)で勝利を飾って、この桶狭間Sに。ここ最近大分ズブさを見せてきており、位置取りを取りにいっても掛からない。好位で流れに乗れればこのクラスでも十分通用する。

◎⑮フミノファルコン
○⑥メイショウオセアン
▲⑧サクセスフェイト
☆⑯コリンブレッセ
△⑪ダンシングミッシー
△⑫メイショウゾンビ

≪買い方≫
馬連
⑮-⑥⑧⑯⑪⑫
5点

3連複
⑮-⑥⑧⑯⑪⑫
10点


■函館11R 函館日刊スポーツ杯
芝1200m
コース分析ができれば馬券は当たる!【函館芝1200m】

※09年を除いた近10年9レースのデータ

1・人気と配当
1人気成績は(4.3.0.2)と勝率44.4%、連対率77.8%と信頼度は高い。1人気がこれだけ連対していると馬連配当も安くなっているように思えるが、馬連平均配当3849円と中々の好配当。これは11年のエンシャントアーツが勝利し馬連19270円の万馬券が飛び出した事で底上げしている形。1.2人気の決着は9回中2回。なお2人気が勝利した13年と06年は共に1人気が2着となっている。

2・ステップ
平場の1000万クラスからの出走が最多で20頭ですが(1.0.1.18)と全く振るっていない。続くのが同じ函館のTVh杯組で12頭だが(1.1.1.9)とコチラもいまいち。2頭が出走し2頭共に勝利を飾っている基坂特別組だが、1人気と2人気。

3・脚質
逃げ⇒連対率44.4%、先行⇒連対率26.5%と逃げ先行勢が圧倒的。後方からレースを進んだ馬は38頭いるが馬券に絡んだのは1頭のみ。

4・枠順
2勝を挙げているのが6番枠。その他はいずれも1勝のみだが、満遍ない枠順から勝ち馬が出ている。ただし、最内からは馬券圏内0。大外枠も馬券に絡んだのは2頭いるが、いずれも3着。

以上の傾向とコース分析を加味して最終結論

◎オメガヴェンデッタ
コース分析でも触れられている通り、この短距離路線における近年の主役の厩舎は安田隆行厩舎。今年算出したデータで安田隆行厩舎の管理馬は複勝率68.8%と驚異的な数値。更に、鞍上は岩田騎手に続く2位の勝ち星を上げている横山典弘騎手。勝ち星こそ岩田騎手に遅れを取っているが、勝率は28.9%で1位。単勝回収率も144と100オーバー。岩田騎手もそうだが、横山騎手の場合鞍上人気でオッズが下がる傾向があるのはご存じの通り。その中で単回値が100越えは非常に優秀な数値。
そしてデータ的視点でも同馬が注目だが、ご存じの通り、同馬は前走京王杯スプリングC(GⅡ)で3着。後の安田記念2着馬であるヴァンセンヌとコンマ1秒差の競馬をしています。ここは頭から狙います。

◎②オメガヴェンデッタ
○⑥ラヴァーズポイント
▲⑦ブルーストーン
☆⑪エポワス
△⑯ベストルーラー
△⑤アブマーシュ
△⑬ワールンガ

≪買い方≫
単複

2点

馬単
1着 ②
2着 ⑥⑦⑪⑯⑤⑬
6点

3連複1頭軸
②-⑥⑦⑪⑯⑤⑬
15点

以上
8号でした。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line