TOP > 競走馬 > 遅咲きの桜!サクラチトセオー伝説まとめ
競走馬

遅咲きの桜!サクラチトセオー伝説まとめ

自慢の末脚を爆発させ天皇賞馬となったサクラチトセオーの名レースや記事、エピソードをまとめてみた。
1032_127021772

大外一気で天皇賞馬へ

inyofu サクラチトセオーは、日本の元競走馬、種牡馬である。1995年のJRA賞最優秀5歳以上牡馬(部門名は当時)。妹にサクラキャンドル(エリザベス女王杯優勝馬)がいる。

切れ味ある差し脚を武器に活躍し、1995年の天皇賞(秋)を制した。そのほかにも1994年中山記念、1995年アメリカジョッキークラブカップなど中央競馬の重賞を4勝。とくに1994年の京王杯オータムハンデキャップ勝利時は当時の芝1600メートルの日本レコード(1分32秒1)を樹立した。

GIでは凡走が続く

inyofu サクラチトセオーはここまでに中山記念、京王杯オータムH、アメリカジョッキーCCと3つの重賞を勝っていたものの、他の馬を引き離すほどの実績ではなかった。日本ダービー11着、宝塚記念が6着と7着、有馬記念は6着と、GIでは惨敗を続けていた。

GIで初の1番人気に支持されるも2着

inyofu そんな状況を打破したのは5歳の安田記念だった。例のごとくワンパターンな最後方待機からの勝負に出たチトセオーは、ドバイからの刺客ハートレイクを追い詰めハナ差の2着。これで次こそはG1に手が届くかと期待を抱かせたが、続く宝塚記念で指定席隣の7着に戻り、マイル以下もしくは府中で限定の末脚爆発では・・と思わせてしまうのだった。

負けられない一戦となった天皇賞、その理由とは?

inyofu 天皇賞(秋)を前にして主戦騎手の小島太が調教師転向を表明。翌年2月限りでの引退がほぼ濃厚となった。これで陣営としてもGI奪取へ後がない状況となる。

勝利への手段は一つだけ

“勝つためにはこの乗り方しかない”
と決めていた小島騎手は、向正面でサクラチトセオーの位置取りを思い切って16番手の位置まで下げて折り合いに専念します。
直線で15頭をごぼう抜き!ハナ差で掴み取った金メダル!
inyofu 一方のサクラチトセオーは直線入口でもまだ最後方に近い位置取りでしたが、小島騎手のゴーサインが出ると自慢の末脚をフル回転。見る見る間に外から先行グループをとらえると、勢いを緩めず一気に先頭のジェニュインに襲い掛かりました。内のジェニュインも懸命に末脚を伸ばしますが、力を振り絞って追いまくる小島騎手の叱咤激励にこたえたサクラチトセオーは、わずかにジェニュインをハナ差とらえて先頭ゴール。届きそうでなかなか届かなかった悲願のGIタイトルを、ついにその手に収めたのでした。
「こんなに追ったのは何年振りだろう」
レース後、責任を果たしほっとした表情でこうつぶやいた小島騎手。ベテラン騎手の勝利への執念、気迫の凄さを多くのファンに印象付けたレースでした。
動画を見る
1995年の有馬記念(3着)を最後に現役生活を引退し、トニービンの後継として種牡馬となった。通算成績は21戦9勝。父としてはラガーレグルスなどの重賞勝ち馬を送り出した。2011年に種牡馬を引退。北海道新ひだか町の新和牧場で余生を過ごしていたが、2014年1月30日に老衰のためこの世を去った。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line