TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】7月26日(日)函館9R・中京12R予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】7月26日(日)函館9R・中京12R予想

馬キュレ
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

本日の予想レース、おまけの福島9R『三陸特別』は『◎→△→△』の順で決まり『馬単6,070円、三連単50,610円を的中』となりました。 断トツの1番人気レレマーマが、前走のプラス22kgから更に増加のプラス6kgでの出走。
さすがにこれでは思うようには動けないはずで、早めに先団に取り付くも6着に終わりました。
◎に指名したラテラスは、1番枠を巧く利用し脚を溜めて見事1着に。鞍上の北村宏騎手も落ち着いた好騎乗をしてくれたと思います。

いっぽう、函館12R『駒場特別 』のほうは◎ベルフィオーレが11着に沈み、不的中という結果に。。
マイペースで逃げたキャンバスを射程圏に入れて巧くレースを運んでいるように見えたのですが、4角を回ると早々に手応えが怪しくなりました。
キャンバスを追いかけるレースをして敗れたということは、結果的に逃げ切った相手の方が能力的に一枚上だったということでしょう。
データから選び出した軸馬候補3頭のうち、選ばなかった2頭で決まるという、なんとも皮肉な結果に終わってしまいました。
完全に軸馬選びの失敗です。こちらの予想を参考にして下さった皆さま、申し訳ありませんでした。。

さて、明日の予想に先立ちまして、注目の話題を1つ。
南関・大井所属の若きエース笹川翼騎手が、明日の福島で中央初参戦を果たします。
笹川騎手は、デビュー3年目(1994年生まれ21歳)にして南関リーディングトップ10に入る、南関きっての若手ホープ。
今回が中央初参戦にもかかわらず、大井関係者サイドのプッシュもあり、何と7鞍もの騎乗馬が集まりました。
それほど人気を集める馬はいないかもしれませんが、是非とも臆することなく存在感を存分にアピールして欲しいですね。
私6号もささやかながら応援馬券を買って、応援したいと思います。

あと、もうひとつ触れておきたい話題があります。。
予想は公開しませんでしたが、中京のメイン桶狭間ステークスでフミノファルコンが快勝しました!
フミノファルコンは過去最多の3回にわたってこのコラムで◎に指名した馬。その3回すべてで的中をくれた、大変な功労馬でもありますw
このコラムでお世話になった馬としては、先週のロワジャルダンに続いて、2週連続での嬉しい“OP昇格おめでとう!”となりました。
今後はOP、重賞での出走となるので、このコラムで取り上げる機会はなかなかありませんが、今後も引き続き応援していきたいと思います。


さて、それでは明日の予想のほうに参りましょう。
明日日曜日のターゲットは、ダート1700mで行われる函館9R『3歳上500万円以下』。
いつもと違って、特別レースの予想ではないので、過去のレース分析はありませんが、決して手を抜いている訳ではありませんw

まずは、恒例の簡単なコース説明から。

スタート地点は、スタンド前の直線入り口付近。最初のコーナーまでは329mあり、スタートしてすぐに下り坂になる。
1コーナーを過ぎて2コーナーの中間まで下り坂が続くため、惰性がついて序盤はペースが早くなる傾向にある。
2コーナー過ぎからは緩やかな上り坂に変わり、ペースはここでいったん落ち着く。
上り坂は4コーナー入り口まで続き、ここからゴール手前200m付近までは下り坂。そして最後は平坦となっている。
基本的には逃げ、先行が圧倒的に有利。差し馬は4角で捲れる脚がないと連対することは難しい。

このコースの種牡馬データも載せておくので、ご活用ください。

★函館ダート1700m 種牡馬データ(2010~14年、勝ち数トップ10以内の種牡馬が対象)
・最多勝:サンデー系ゴールドアリュール(23勝)
・勝率 :サンデー系ハーツクライ   (約21%)※勝ち数は8位
・連対率:サンデー系ハーツクライ   (約29%)
    :サンデー系スペシャルウィーク(約29%)※勝ち数は6位
・単回収:サンデー系フジキセキ    (回収値357)※勝ち数は9位
・複回収:サンデー系ハーツクライ   (回収値137)

勝ち数ベスト10のうちサンデー系は6頭。中でも2位に4勝差をつけているゴールドアリュールは単回収値(131)でも優秀。
回収値が100を越えているのは上記の4頭と10位のロージズインメイの5頭。配当込みで狙える種牡馬といえそうだ。


★☆日曜函館9R・『3歳以上500万円以下』の予想☆★

今回もローカル特有の距離1700mのレースを積極的に狙います。

それではさっそく本題へ。
今回のメンバーでは降級4歳馬パッシングブリーズと、近走で500万下2着があるセルメール、デモニオの3頭が有力。

この中で本命に推したいのは◎セルメール。
前走は2着に惜敗したが、まだダート3戦目で底を見せていない魅力がある。
鞍上の横山典騎手はこのコース(6-10-5-30/21、連対率31%)という成績で、2着が多いのが気にはなるが連対率はトップの岩田騎手と比べても遜色ない。

○は、休み明けが不安だが、2走目にヨヨギマック(1000万下勝ち馬)と接戦をしている実績は一枚上の評価ができるデモニオ。

▲は、降級馬の実績は認めつつも、小回り1700mに不安が残るパッシングブリーズ。

△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。


☆函館9R・結論☆
 ◎⑦セルメール
 ○⑫デモニオ
 ▲②パッシングブリーズ
 △⑤ヒルノマレット
 △⑥リーゼントロック
 △⑧メイショウトキムネ
 △⑪ミキノノボリリュウ
 △⑬コスモラヴモア

馬券の本線は馬単
 ⑦ ⇔ ⑫②⑤⑥⑧⑪⑬へ

少額で3連単フォーメーション(36点)
 1着⑦⑫②
 2着⑦⑫②
 3着⑦⑫②⑤⑥⑧⑪⑬

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の函館ダート1700mが対象


-----------------------
★☆おまけ、の日曜中京12R『3歳以上500万円以下』の予想☆★

おまけは、中京ダート1400mで行われる3歳上500万下をピックアップ。
夏の中京開催を締めくくる最終レースですね。
中京記念が残念な結果に終わった人も、しっかりとここで回収しておきましょうw

今回のメンバーでは、近2走の古馬混合戦で3着→2着と昇級のメドを立てたフォンタネットポーが中心。
唯一の不安は初の左回りコースだが、特にクセのある馬ではないので、無難にこなしてくれそうだ。
デムーロ騎手も今回で3度目の騎乗なだけに、そろそろ結果を出したいところだろう。
ただネックは、通算成績(1-3-2-0/6)が示す詰めの甘さ。馬単ならシッカリとウラまで押えたほうが無難だ。

○は、前走このコース2着のチーフアセスメント。
勝ったトータルヒートは1000万でも2着のある実力馬で、この2着を悲観する必要はない。
ただし、鞍上の武豊騎手は、このコース(1-1-1-22/25、連対率8%)と得意ではなく、同距離で行われる当日10Rの結果には要注目だ。

▲は、チーフアセスメントと同レースで、逃げて3着に粘ったヨウライフク。
ただし、そのレースでは直線半ばまでトータルヒートにかわいがってもらいながらの3着なので、この着順を過剰に評価するのは危険。

なお、チーフアセスメントとヨウライフクは正反対の脚質なので、当日の馬場傾向次第で前残りが多ければヨウライフクを、差しが決まっているならチーフアセスメントをそれぞれ上位に扱うと良いだろう。


☆中京12R・結論☆
 ◎⑤フォンタネットポー
 ○①チーフアセスメント
 ▲④ヨウライフク
 △②キタサンコンサート
 △③グルーヴァー
 △⑨サトノユニコーン
 △⑫クレイジージョー

△は、成績やこのコースと相性の良い騎手・種牡馬データを中心にピックアップ。
特にこのコースで複勝率40%を越える、浜中騎手と福永騎手には注意が必要だ。

馬券の本線は馬単
 ⑤ ⇔ ①④②③⑨⑫へ

少額で1頭軸の3連単マルチ
 ⑤ → ①④②③⑨⑫へ

※実績データは2010/01/01~2015/01/01の中京ダート1400mが対象

以上、学生の夏休みが羨ましくて仕方のない6号でした。 ☆今回は6号もちょこっと参戦!?いよいよ佳境を向かえる注目の2歳馬プロジェクトはこちらから。
夏競りまでに資金10倍を目指せ! 2歳単勝勝負プロジェクト! 【7月26日版】

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line